2011年08月09日

ベトナムその後・・・

こんばんはくろはげです。


ベトナムの出張。

あれほど苦労して機械を設置したにもかかわらず単純な理由からその後の仕事が繋がりません。

不可抗力というかなんというか・・・ベトナムらしいというか
守秘義務があるのでそれ以上は書けませんがいずれにせよ今後の仕事は無くなる方向で動いているようです。



こう言う時に限って次回渡航したらアレをしようコレも楽しみなんて考えていて、ヤフオクで購入した初歩のベトナム語講座とかベトナムガイドブックなるモノも遠い未来の肥やしとなって静に本棚を飾ることとなるでしょう。


現地においてきた機材なんかもあるわけですが、さほど高価ではないし使い古したモノですがやはり気になるモノ。
そう言った物は日本に送り届けられる算段となっているようですが実際に届くまで自分のモノが入っているのかさえ怪しいモノです。



とりあえず
ベトナム用にエクスペリアのSIMロック解除をやろうと思っていた矢先だったので、コレに限っては損失は回避できました。



posted by くろはげ at 20:01| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月09日

バイヨン遺跡

こんばんはくろはげです。


昨日、久しぶりにテレビを点けていたらカンボジア、アンコール遺跡の一つバイヨンが出ていました。
数年前に観光で行ったっきりですが壮観な石像たちを見て感銘を受けたモノです。

そしてさらなる石像を求めてスリランカまで行ったわけですがこちらはそれほど感銘を受けることもなく、一つの通過点に過ぎませんでした。

さてこのアンコール王朝。
12世紀かそこらで繁栄したのですがなにしろ石像やら石に刻まれたレリーフがとにかく秀作。
その彫りの深さもさることながら石材の違いによる技巧などなんともすごいなと感動した次第です。


それこそアンコールワットだけで一つのガイドブックが出来てしまうと言うのも頷けます。


さてベトナムシリーズであちらの方へ行く機会が増えると思うのでホーチミンでストップオーバーしてそこからカンボジアにでも入国しつつ、観光でもしながら帰って来れたらな。なんて。

仕事で行く身ですからカンボジアは不味いかな。
せいぜいストップオーバーでホーチミンなりハノイ観光に留めておくべきか。

でも、


ベトナム料理から早く解放されたくなったら速攻で帰国する可能性も否めません。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

アジアじゃ使えないアメックス

こんばんはくろはげです。


今回、アメックスのカードを発行してもらってベトナムへと飛びました。
所有するカードはこれでVISA、マスター、アメックスと海外ブランドは網羅した形です。

VISAもマスターも年会費無料で発行してもらいアメックスも同じように3万円近い年会費が初年度は無料なのでついでに発行してもらいました。
なんと言っても成田まで手荷物配送が往復無料で回数制限無しというのが決め手です。

んで勇んでベトナムへ飛んでみてアメックスを使おうと様々な場面で提出してみましたが様々な場所で断られました。
もちろんホテルもペケ。

なので利用実績無し。


そのかわり従来通りVISAにしろマスターの利用頻度はソコソコ。
決済金額が低いのでカード払いよりキャッシュ決済がほとんどだったのですが、意外なのがJCB。

ATMでもVISA、マスターの他JCBが利用できますとの表示が多い。



日系もなかなかやるわいと思いつつ、アメックスは年会費がかかる前に解約しJCBを契約しようと思ったわけです。

いまでもワイキキトロリーはJCBのカードを見せれば乗車無料なのだろうか?


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月01日

ベトナム最終日

こんばんはくろはげです。

最終日と書いた割にはその前日に打ち上げをファンランの町にある中華料理屋さんで行いました。

ツバメの巣が入ったといわれる(真贋不明な)スープやカエルの姿揚げなど奇妙なモノを頂きました。


大部分は割愛しますがとりあえずカエル

画像 003_m.jpg

一般的に言われているように鶏肉のようなクセのない味でスズメを食べているような食感です。
ただ、脇腹のあたりはちょっと泥臭いかも。



翌明けて昼前からホテルを出発。


途中の食堂でランチ。

厨房の奥にある生け簀から食べる魚貝を選べます。

画像 006_m.jpg

モエビみたいな海水の海老さん。

画像 007_m.jpg


まず出てきたのは貝類

画像 009_m.jpg
恐らく赤貝やらニシやら


つまみで出てきた(恐らく)ゴカイの巣らしきモノ

画像 010_m.jpg
イカみたいな食感



ホンビノスガイの焼いた奴

画像 011_m.jpg
泥臭くはなかったです。



焼きガキに卵を流した奴
画像 012_m.jpg
普通に美味しい




食べちゃったけどゴーヤのスープ

画像 013_m.jpg
ご飯にかけてスープご飯にしました。


最後は砂糖をまぶしたショウガとコチャ(お茶)
画像 015_m.jpg


レストランからの眺めはシュリンプポンド
画像 017_m.jpg






食堂から走ること30分でカムラン空港(ニャチャン空港)
画像 018_m.jpg

ホテルのあったニンチュウと比較するとこのあたりは雨が多いらしくこのときも通り雨が降ってました。



空港でチェックインしようとしたら当該便がフライトキャンセル。
即座に他便へ振り替えを申し込んだら、うまいこと振り替えられ予定通りにホーチミンへ行くことが出来ると。


んでビールなんぞ呑んで待ってたらトイレに行くわけですよ。
もようおすので・・・。

そしたら設備はINAX。
画像 019_m.jpg
この空港は日本のODAかなんかで建てられたのかな?


予定の時間にカムランを出発。
僕たちが乗ったエアバス320は文字通りV字飛行の40分でホーチミンへ。



ドメスのターミナルから国際線ターミナルへ徒歩で移動しチェックインを2時間ほど待ちやっと空港内へ。

早速アプリコットラウンジへノコノコと出かけてみた。


プライオリティパスを示しシャワーへ直行。

DSCN3162_m.JPG


アメニティーはバスタオル一枚とシャンプー、ボディシャンプー、あとシャワーキャップ。
DSCN3163_m.JPG

シャワーカーテンが寸足らずなので床はビショビショ。

なのでカラダを拭いたタオルを床にひいてバスマットとする。

DSCN3164_m.JPG


さっぱりしたらボーディングまでビールとサンドイッチで軽食。
他にもスナック菓子やらフルーツ、フォーなども揃っていた。



予定の時間となったのでボーディングゲートへ行ってみたが、沖止めされた機体へ行くためにバス乗車。


定刻通り出発したエアバス330は一路成田へ。

搭乗率は6割くらいかな?
4人掛けのシートで横になるヒトも居るし僕も座席を窓際の2席独占して熟睡。

起きたらミールだった。
DSCN3167_m.JPG
さすがに起きたばかりでは肉は食べられないのでパンだけ食べました。



空は青く翼よアレが日本列島だよな?
DSCN3169_m.JPG
なんつって。



んで30分ほどディレイしながらも成田に到着しABCの空港宅配にザックを預けNE’Xで新宿へ。



自宅へ帰ってみたら愛犬アウラの熱烈歓迎と睡魔が。

それ以前に食欲とベトナムと変わらない日差し。


日本の方がファンランの町よりカラダが辛いのは寝不足なのかと思いつつランチを食べたら寝落ちしてしまいました。


posted by くろはげ at 19:11| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

帰国です。

こんばんはくろはげです。


二週間ぶりに帰国しました。

成田から帰ってきて幡ヶ谷の町を歩いているとベトナムと変わらない気温と湿度。
ナイトランであまり寝ていなかったのでランチはスーパーで買ってきた唐揚げ弁当とビア。

マヨネーズをブリブリかけて美味しく頂きました。



久しぶりの和食はやっぱり良いね。
ベトナム料理も嫌いじゃないけど日本人に生まれると毎日香草や油のキトキト感やハエが飛び回る環境での食事は毎日続くと厳しいモノがありました。

最終日に食べた中華料理ではカエルさんの姿揚げまで食べてしまって、自分では気がつかないけど体臭もいままでとは違った不思議な臭いがしていることと思います。



さてこのベトナムシリーズは来月末に再度渡航する予定となっています。
いつまで続くか解りませんが年内は毎月渡航することになりそうです。



posted by くろはげ at 18:02| ハノイ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

ベトナム12日目

こんばんはくろはげです。


ネットワークの接続がうまくいきません。
WI−FIは確認できるのですがその先がインターネットに繋がってないのかipアドレスさえ取得できません。

なので急場しのぎですが今夜のエントリーはこのへんにさせて頂きます。

なお、帰国が伸びて明日ベトナムを発ち明後日の朝、成田に到着するナイトランでの帰国となります。

明日、ホーチミンの空港ラウンジからエントリーが出来たら書き込みますが確約できません。


というわけで間違いなく更新できるのは帰国後と言うことになりますのであしからずご了承ください。



posted by くろはげ at 20:18| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

ベトナム11日目

こんばんはくろはげです。


早くも出張の終焉が覗いてきました。
本日の作業がうまくいっていれば明日の飛行機で帰国の予定です。
ただ、帰路の発時刻をまだ確認していないのでもしかするとナイトランで翌日の到着になってしまうのかな?
それにトランジットもハノイになるかホーチミンになるかまだ未定です。


さてここ連日早朝から船をだし、仕事をしておりますが今朝も同じように日の出前に出港です。

CA3I0030_m.JPG

凛とした張り詰めた空気が闇を支配し太陽が出てきてもまだまだ空気は冷たいままです。


海上を走り回り機材を投入して帰ってきたらもう昼です。

ランチを食べたいのだけど明日の準備をしてホテルに帰ったらやっとランチ。

そのあと、ビールを飲みつつ機材の塩抜きなどしてホテルのマッサージへ。

サウナとかジェットバス、マッサージが45分で約400円。

まずはスチームバスに入って、ドライサウナで火照らせて,ジェットバスでクーリングダウンしてからいざマッサージタイム。


リラックスな指圧マッサージだと思っていたら天井のバーに掴まりながら足で踏みほぐすタイ式でやんの。

ヒーヒー言いながら悶絶すること45分。
僕のカラダ大丈夫か?


気持ち良いのかそれとも体に害があるのか解らないけどとりあえず400円は安い。


明日も受けることができそうだけど、それは体との相談と言うことで・・・。



posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

ベトナム10日目

こんばんはくろはげです。


久しぶりに海上へ出ました。

早朝、天気予報を眺め電話で船長と相談し6時半にホテルを出発。
現地に着いてから積み込みを大慌てで行って8時前出港。

現場海域には90分ほどの距離で既に波も風も厳しい状況。
そんな条件の下、海底に残置してくる機器のマウントを設置できる場所を選定するくらいしかできないだろうと思っていたら、アレよアレよと仕事が捗りいつの間にか明日のノルマまで完了。

しかし風はさらに強くなってきて早々に帰港。

日差しがきついと思っていたら12時だった。


そのままヨタヨタとランチを食べて明日の仕込みをしてからホテルへ帰着。


昨日、エクスペリアにインストールしたRAZIKOを起動し、日本時間17時からのTFM「Avanti」を聞いてみた。

radikoだと聞けない海外からでもサイマルラジオはコレなら聴けるわけで、なによりその時間に帰ってこられたのがラッキー。
そんなAvantiを聴きながらウエットとかレギを洗いつつビールタイムです。




そういえば部屋からビーチを見てみたらいままでに見たことがないくらい時化てんだな。


DSCN3139_m.JPG


明日は3時起床で4時頃出港です。

posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

ベトナム9日目

こんばんはくろはげです。


今日も時化てます。

午前5時前の夜明けの段階では風も弱く「今日こそは!」みたいな感じで勇みましたがやはり駄目でした。

というわけでホテルに燻っていても仕方ないので観光です。

ホテルを車で出発し、まずファンランの町へ。

中心部に建つ買いもの会館みたいなトコロへ。

DSCN3089_m.JPG

魚屋さんの他にブラジャーとか草履、生活必需品の数々が売られてる。

DSCN3090_m.JPG

DSCN3091_m.JPG


鴨さえも。

DSCN3092_m.JPG


2階から

DSCN3093_m.JPG



ここで嫁リクエストのスキンケア用品を42000ドン(約160円)で購入。


ついでにマンゴスチン

DSCN3094_m.JPG

1kgで3万ドン(120円)


付近を検索中に

DSCN3095_m.JPG

好きな人はここにもいるのね。



1時間ほどで買いものも終了し、1号線をホーチミンの方角へ30分ほど走ると

DSCN3098_m.JPG

カーナビーチ。


で、ビール

DSCN3103_m.JPG

結局ビールを一本飲んだだけで帰路へ。

DSCN3104_m.JPG

国道沿いにはニョクマムの販売店が数多くある。


途中、鉄道の踏切を越えて向かった先は

DSCN3108_m.JPG



DSCN3118_m.JPG

ポクロン・ガライ(Poklong Garai)と呼ばれる古いヒンドゥの寺院。

敷地内にはフレームツリーが咲いていたり

DSCN3110_m.JPG


雨の少ない地域なのでサボテンも

DSCN3114_m.JPG
ちなみに赤い実は食べられるそうです。


モモタマナまで

DSCN3116_m.JPG


小高い丘に作られた煉瓦造りの建物は風化も激しく保存状態はあまり良くない。

DSCN3119_m.JPG
DSCN3121_m.JPG
DSCN3126_m.JPG
DSCN3128_m.JPG
DSCN3136_m.JPG
DSCN3137_m.JPG

なぜかペンギン。


DSCN3138_m.JPG

こっちの子は口を開けてゴミ箱のジョブをこなしているようですが・・・


なんのために置いてあるのか解らない口を開けてないペンギン。



センスが問われるところです。



昼にはドライブから帰ってきてホテルのランチを食べましたが、今日は食傷気味なのでフレンチフライと卵スープでビールを流し込みました。
あれ?
逆か・・・。



posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

ベトナム8日目 台風だかストームだか

こんばんはくろはげです。


ハワイのオアフにノードストームとか言う衣料品店がありました。
でも全く関係有りません。

今日から海上へ出て作業の予定でしたが6時に食堂へ全員集合して食事をしたあと即出発の予定を取っておりました。
その段階で港にいる船長から今日の海況に関してアナウンスがあり、出港するか否かを決定する算段です。

と、その時間帯に船長からコーディネーターへ電話があり

「いまは出られる」

と。


まあそうでしょう。

ホテルの窓から見る海も風は強いモノの穏やかで一抹の不安もありません。

ただ、ベトナムの北東側にある台風とその先にある低気圧の影響が懸念され出港は取りやめ。

5時過ぎに起床した甲斐もなくゆっくりと朝食を食べて午前中からビール投入です。


雨が降ったりすることはありませんが基本的に曇りなので表に出る気力もわかず部屋で読書をしていたらいつの間にかお昼です。

なので

ランチのついでにティガーです。

L7040084_m.JPG

そしてエビチャーハン

L7040085_m.JPG


付け合わせに空心菜のガーリック炒め

L7040086_m.JPG

ゆっくりホテルのランチを食べたあとは部屋に上がりボンヤリと海を見て・・・

DSCN3081_m.JPG


海況が良くなるとはとうてい思えず・・・


お部屋の管理人の一人「ロジャー」に向かって話しかけたりします。

DSCN3086_m.JPG



明日もこんな天気の予報です。

posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

ベトナム7日目

こんばんはくろはげです。


こっちに来て一週間ですかぁ。
早いですね。


DSC_0001_m.jpg



しかしどうも天気が安定しません。
毎日曇りベース。

快晴の時はまだ見てませんし昨日も一日曇りでした。
しかし全身真っ黒になりつつ皮も剥けてきました。


台湾海峡に台風が発生してこちらに向かってきているようです。
その影響からなのかここの所強かった風が昨日からいっそう強くなり始めました。

目の前のビーチでは白波がたち、カイトボーディングをしているヒトも居ます。


こんな風なのでおもてに出てビールを飲むにはあまり快適とは言えません。

特にこのビーチはハエが多く皮膚に止まると不快なのは国内外も同じ事で、自分の中ではそんな環境に慣れているような気もしますがここは別格。
少々風が強かろうが何しようがハエが飛んできてあちこちにたかります。


気分が悪いのが皮膚の傷が付いた部分にハエがたかり血の固まった部分を舐めていることです。
帰国前に何かしらの病気を媒介されたらイヤだなと思いつつ放置してしまったり。

少々のコトでは愕かないつもりでもコレには閉口です。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

ベトナム6日目

こんばんはくろはげです。


そろそろベトナムの生活にも飽きてきました。





ネットが繋がることによって国と国とのボーダーラインが見えづらくなりつつもあり、国外にいようとも新聞はipodで読めるし、スカイプやグーグルトークでテレビ電話も可能です。

遊びで来ている分にはそんなことどうでも良いのですが仕事となると、そう言ったツールの存在が便利で必須アイテムになったりします。



突然、ネットに繋がらなくなる事態に。

原因は輻輳によるパンク状態かと思いますが真意の程は解りません。
日本国内に比べてインフラの安定度など数段遅れていると思いますが、海外では良くあることとは言え正直焦ります。

大したデータを送受するわけでもないのですが、無いと有るのでは大きな差があります。
全く無いのだったらそれなりの方法を試みたりするわけですが、少なからずさっきまで繋がっていた回線が切れてしまうと言うのは厳しい状況。

数時間後には復旧しましたが精神的には安泰とは言い難いです。


さて冒頭にも呟いてしまいましたがちょっとだけこの生活にも飽きてきました。
毎日仕事しているのでついついルーチンワークになりがちです。

陸上での仕事もそれほど密なスケジュールで動いているわけでもなく、かといって何もやることがないわけでもない状態でなんだかダラダラ仕事をしています。


帰ってからもシャワーを浴びてビール飲んで時間があればビーチへ行って等楽しみが無いわけではありませんが買い物に行こうと思っても徒歩では行ける距離にはないし、何しろ英語も日本語も通じないので買い物さえもできません。


食事にも若干倦怠感を帯びてきて油や香草の類に囲まれながら「あ〜唐揚げ食べたい」とか「普通のチャーハンが食べたい」とか思っています。


過去、台湾へ出張へ行った時も食事に関して言えばこの1週間目から2週間目あたりが最も辛い期間でコレを過ぎるとその国の料理に異常な愛情というか執着を見せるモノなので一過性のモノと諦めております。


飽きたとは言っても作業場の近所にいる素朴な人々とのふれあいも面白いし、国内では経験の出来ない仕事なので帰国の日までこの生活を堪能したいと思います。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

ベトナム5日目

こんばんはくろはげです。


今日も海上作業は無く、前段取りで機材の最終チェックやらロープの制作をしておりました。

その合間を縫って携帯電話のプリペイドSIMが欲しいとコーディネーターに相談したらviettelというベトナム軍が運営する携帯電話のSIMを代理で購入してくれました。

DSCN3078_m.JPG

代理というのは現在ベトナムの携帯電話各社はプリペイドSIMを購入するとその都度電話番号が付加されてきた従来の販売方法だと将来電話番号が枯渇してしまう事態になってしまうため、販売時にIDを見せるなどしてそういう事態が起こらないように予防線を張っているとか。
実際にどういった方法なのかは解りませんがプリペイドSIM毎に番号を付けていったらそりゃ当たり前だろうと。
しかもユーザーにしても番号が変わっても気にしないなんてどうなんだろうか?
いちいち番号が変わりましたよメールとか通話してたら大変だろうに。



まあいいやそれは・・・


システムがどうなっているのか、どういう料金体系かはよくわかりませんが支払額16.5万ドンにて10万ドンの通話料が含まれます。

なにやらデポジットとか言っていたような気もしますが10万ドンで国際通話が40〜50分出来ると言うことなので日本の携帯電話から通話する場合と比べて大幅に安くなります。

ちなみに先日着信があった時は1分間で240円の料金でしたがviettelなら10円/分という計算でしょうか?

しかしながら関係各所に電話をかけたところ回線が3Gであるにも関わらず品質は相当悪く、利用者輻輳による混信状態が見られました。



携帯電話の設定方法はアメリカのベリゾンなんかとほぼ同一。
指定された番号+プリペイドカードのスクラッチ部分に記載されている番号を打ち込み音声通話ボタンを押せばアクチベーションが完了です。

残高照会は同じように指定の番号へ発信すれば画面に表示されるようですが、試しに打ち込んだところ残高0となっているようです。
ただ、ベトナム語表記なので0が何を示しているのかよくわかりません。


コレによりゴールデンウイーク明けに購入したauの携帯電話とSIMフリーの母島用携帯電話が稼働して2台体制となって仕事の通話もプライベートの通話もストレス無く利用可能なことに・・・・


なりませんでした。


と言うのも母島用SIMフリーDoCoMo(ってなんかおかしいぞ?)の充電器を忘れてきてしまったのでバッテリが枯渇状態に。
仕事仲間の充電器が壊れたというのを耳にしているので捨ててなければパーツをスワップして手製充電器でも作ろうかな。



さて飽きもせず夜の帳が降りてくるさまをまたまた微速度撮影してみました。

夜というのに意外と通行船舶が多いのが気になるところです。

posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

ベトナム4日目

こんばんはくろはげです。

今日は海上作業がありません。
なので朝から近くの繁華街へ出て資材などの買い出しに行きました。

日曜日の朝という感じはありません。



こんな感じでお店が並んでいて

DSC_0002_m.jpg


ライチやらランブータン、ジャックフルーツなどが並んでいます。



カラフルな色味は台湾やタイランドなんかに共通しますね。

DSC_0007_m.jpg


んで・・・クーラーボックスやらメッシュバック(かご)なども購入。

DSC_0010_m.jpg






仕事の段取りをするために機材などを置いている港まで走ります。



道中、シュリンプ・ポンドや写真の様な塩田などが広がります。

DSC_0013_m.jpg


途中からハードな道になって

DSC_0016_m.jpg



川なんかも渡ったりします。




普通に峠道です。

DSC_0016_m.jpg


そして到着後、作業をしますが何しろ暑い。


なので



子供をからかったり

DSC_0019_m.jpg



お父さん達に絡んだり

DSC_0025_m.jpg



お茶をご馳走になったりしてます。

DSC_0026_m.jpg



ついでに倉庫の前は老人ホーム状態だったりします。
DSC_0023_m.jpg

言葉はわかんないけど話しかけたり遊んでいると「ケタケタ」笑ってました。



お昼になったのでランチを食べに近くの食堂へ行きましたが・・・
トイレを借りたら手動水栓でした。

DSC_0021_m.jpg

つまり便器の横にある水瓶から手桶ですくって水洗する要領です。



近くにはフレームツリーが咲き乱れていました。

DSC_0022_m.jpg



一日炎天下での作業は日焼けを促進します。

ほんと死ぬほど焼けた上に急激な日焼けですから恐らく後日、被爆状態の皮膚になること必至です。

こうやって記事を書いている途中でも肩と頭部には濡れタオルを置いてアイシングしている状態。

寝る時までに粗熱が取れると良いんですがあまりに酷いと眠れなくなってしまいますね。



明日は自重しなくては。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

ベトナム3日目

こんばんはくろはげです。


仕事も本格始動して海上へと出てみました。
カメラを持ち込まなかったので別日に写真はアップしたいと思います。


早朝ホテルを出て港まで向かいますが道路が荒れたりしてるので1時間ほどかかりました。

そのあと、機材のセットを行い出港しましたが港から現場海域までは2時間。
これで既に昼。

昼を過ぎると風が強くなってきたり仕事がしづらいですね。


作業としては順調に進んで消化してますがやはりこの午後からの風を攻略するのが大変かも。
決して高い波が出たりするわけではないんだけど何となくそう思います。



夕方作業を終えて港に帰る時、スコールに当たりました。
雨が降ることは事前に見て取れたのでウエットスーツに着替えて構えてましたが1時間あまり雨に曝されているとさすがに寒くなります。

送迎の車で帰る時や部屋のたどり着いてからも震えが止まりません。

仕方なくバスタブにお湯を貯めてゆっくり浸かろうかと思ったら湯温が上がらず寒いまま。
エアコンなんか冷房しかないので暖房を付けるわけにも行かずとりあえずウインドブレーカーなんぞ羽織って凌いでいます。


南国だからと言って常に暑いわけではないと言うことを思い知った一日でした。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

ベトナム2日目

こんばんはくろはげです。


帰るのが意外に遅くなってしまいました。

昨日はなにげに午後からお休みだったので近くの町に出てランチを食べてきました。

その前に・・・

ホテルの周りを探って見ました。

DSCN3036_m.JPG
敷地の内外にはランタナが咲いてます。


仕事で来ているのにリゾートホテル。
DSCN3037_m.JPG

DSCN3038_m.JPG



ビーーーーーチーーーーー
DSCN3039_m.JPG

DSCN3042_m.JPG



DSCN3040_m.JPG

よく見ると後ろの方にはモクマオウが防風林として機能しています。

DSCN3041_m.JPG

グアムとかサイパンのホテルみたい。

DSCN3044_m.JPG

ビーチベッドに横になって本なんか読んでみた。

DSCN3045_m.JPG


敷地内にはフレームツリーが咲いてます。

DSCN3049_m.JPG

定番のプルメリアも。
DSCN3050_m.JPG


芝生も綺麗です。
DSCN3051_m.JPG



部屋からの眺め
DSCN3055_m.JPG




ヤモリは何処にでも居るんですね。
DSCN3056_m.JPG



それではランチへ繰り出します。



町中はアジア然とした感じ
DSCN3058_m.JPG




愕然としたレストランの床
DSCN3059_m.JPG

食べ終わった骨など散らかし放題。


とりあえずビール
DSCN3061_m.JPG


メインは鶏肉でした。
それにザオザオという香草と一緒に食べます。
DSCN3062_m.JPG


帰りがけにビールも調達。
24缶ケースで19万VND。
一本あたり30円から40円なのかな・・激安です。
DSCN3065_m.JPG


ちょっと町を散策してみた。
DSCN3066_m.JPG


トリンプの看板を見た。
DSCN3068_m.JPG
やはり人気なのだろうか?



ホテルに帰ってきて疲れもあってか昼寝をしたりノンビリした一日を過ごしてしまいました。

明日から本格始動です。



ちなみにこの日のホテルから見た夕景です。








posted by くろはげ at 20:47| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

ベトナム出張初日

こんばんはくろはげです。


今回の出張を日記にカテゴリに書くか海外旅行カテゴリに書き込むか悩みましたが、内容に備忘録的なコトも書いていこうと思うのでこちらのカテゴリにしてみました。


さて出張です。

新宿より6時半くらい発の成田エクスプレスで空港まで行ってみました。
今回の乗車が初めてです。

なにぶん高額なのでこう言うところには私的旅行だとお金をかけたくありません。


予定通りに成田へ着いて空港宅配のABCから荷物をピックアップ。


チェックインを行い荷物を預け一安心です。
荷物に関しては一人あたり20kgまでと公式アナウンスがありますがカウンターの裁量で5kg程度の超過はお目こぼしがあると明言していました。

ちなみに今回行動を共にするメンバー3名のバゲージを合算しその超過分をエキセスチャージとして払うように便宜もして貰いました。
んでそのエキセスは10kg程度で金額にして2万円弱。
キロ2000円程度の計算です。


今回は仲間がいるので一人抜け駆けしてラウンジの利用は控え、早々にイミグレを抜けてボーディングゲートまで来てしまいました。
待合椅子の付近は人も少なく搭乗率5割程度でしょうか。
定刻にVN951ホーチミン行きはオン・ボーディングとなり4人掛けの席を確保。


ドアクローズと共に移動開始し20番付近の2人掛け席を占領。
と・・・僕の前一席空けたトコロに子供連れのお母さんが着席。

やな予感。

なにかトラブルがあったのか定刻よりちょっと遅れてボーディングブリッジを離れ一路ベトナムへ。


とりあえずビール。


DSCN3014_m.JPG


パーソナルモニター付き

DSCN3013_m.JPG


座席ピッチはこんなもん

DSCN3012_m.JPG


エサ。

DSCN3015_m.JPG



食後はミーツ・ザ・ペアレンツの続編の3作品目Little Fockersを見た。


とりあえず昼寝。


隣の4人掛け席でフルフラットで寝ているヒトもいるほどガラ空き。


・・・1時間後
前の座席に乗った子供が泣き始める。
それも尋常じゃないほど。

よく体力が持つなって言うくらい泣きっぱなしで結局その後3時間にわたり泣き続け着陸まで寝られなかった。
ナイトランなら出てって貰うお願いをしたいくらいだ。


出発はディレイしたモノの定刻にホーチミンへと到着。

なぜかザックのワキに縛り付けておいたワープフィンが脱落しバゲージクレイムの搬機に片方だけ流れてきた。
もう片方はザックに留まっていたので問題なし。

DSCN3028_m.JPG



無事にピックアップも終わりひとまずドメスに乗り換えるため入国。

DSCN3016_m.JPG


入国したところにある両替所。
DSCN3017_m.JPG

何処でもレートは変わらない・・・と思う。


仲間が日本円10万円を換金。

DSCN3026_m.JPG

ジンバブエよりはマシか。


国際線ターミナルから200mほど離れた国内線ターミナルへ移動。
なぜかカートを交換させられた。
おそらく国際線と国内線のターミナルでカートの種類が違うから変えられたんだと思うけど意味わかんね。

DSCN3018_m.JPG



ドメスの発着状況を見たら該当便の状況が把握できずカウンターで聞いたらディレイするとのこと。

DSCN3019_m.JPG

とりあえずチェックインと荷物を預けたいので手続きをして貰うが国内線でのエキセスチャージは別途に取られ10kg超過で20ドル。

DSCN3020_m.JPG


コレくらいなら許す。




DSCN3021_m.JPG


んで気持ちも楽になったところで売店でビール購入。

DSCN3022_m.JPG

ハイネケン350缶が25000VND(100円位)と発泡酒並み


お腹が空いたしまだまだボーディングまで時間があるのでレストランへ。


とりあえずビール。

DSCN3023_m.JPG

生春巻きやらフライドライス。

DSCN3024_m.JPG

フライドヌードルとかサンドイッチ

DSCN3025_m.JPG

まあ、僕の定番ですわ。

その後良い感じで酔っぱらいつつオンボーディング。

DSCN3027_m.JPG


VN951からは想像できない満席のエアバスA321です。
機内サービスはウエットティッシュくらい。

飛行時間は1時間弱で雷雨の中、ニャチャンに到着。

DSCN3029_m.JPG


また荷物をピックアップし迎えのドライバー氏ともミーティングできてあとはホテルまで空港から2時間のドライブ。

真っ暗な中を疾走しやっと現地宿泊ホテルに到着しました。


来てビックリなのが広い部屋のシングルユース。

まるでリゾートホテルに泊まっているみたい・・・ってリゾートホテルだわ。


間取りは1brオーシャンビュー。

DSCN3031_m.JPG


建物は古いけどシャワーブースとバスタブも付いている。

DSCN3034_m.JPG



なお、テレビはブラウン管だけどどうせ見ないし、wifiも繋がることを確認。


シャワーと荷物の整理だけしてハイネケン2本を飲み干したら深夜、泥のように眠る。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

アメニティー各キャリア比較

こんばんはくろはげです。

去年の秋にオアフへ旅行した時、珍しく往復でキャリアが違う飛行機だったのでアメニティも各社貰ってきました。
ビジネスクラスとファーストクラスの違いはあれどブツを開封して比較したいと思います。

DSCN2915_m.JPG
左の赤いのがデルタで右のベージュがUA。

まず赤いデルタ
DSCN2916_m.JPG

中身全容
DSCN2917_m.JPG

DSCN2918_m.JPG
イヤープラグとスキンケアセット、赤いのはミント系タブレット・キャンディ。アサイ-入りと書いてあった。


DSCN2919_m.JPG
ボールペンに歯ブラシセット、アイシェードと靴下、一番左はティッシュ。



次にUA
DSCN2920_m.JPG
バックもDLに比べちょっとだけ上等な感じ。

DSCN2921_m.JPG
全樣

DSCN2923_m.JPG
靴下とスキンケアセットにティッシュ。


DSCN2924_m.JPG
アイシェードに歯磨き粉、歯ブラシとボールペン、イヤープラグ。
左上の透明容器は手洗い石けん。

内容物にほとんど違いはないモノのボールペンはDLの方が使いやすそう。
イヤープラグはUAの方がしっかりとした作りだけどDLは樹脂を切っただけみたいな。
スキンケアセットもUAはFだから上等そうだ。


ちなみに僕の自作アメニティ(笑)
DSCN2925_m.JPG
むだにでかい。


DSCN2926_m.JPG
内容物全樣


DSCN2927_m.JPG
ipodとヘッドフォン、抱き枕にレンズクリーナー、眼鏡にスキンケアの軟膏とS環。



DSCN2928_m.JPG
ウエットティッシュと歯ブラシセット、ipodの接続コードにヘッドフォンアダプタ各種、コンタクトの格納容器、綿棒と目薬。


DSCN2929_m.JPG
定番のアイシェードは後頭部側のヒモが細いと頭皮に食い込む。このアイシェードはイマイチだった。


DSCN2930_m.JPG
エアーの抱き枕。

DSCN2931_m.JPG
こうやって使用。首枕も良いけど僕はこちらの方がリラックスできる。



DSCN2932_m.JPG
ヘッドフォンアダプタの一つ。
座席に付いてる2穴タイプのヘッドフォン端子が減ったモノのまだコレじゃないと使えないヘッドフォンもあるので持参。


DSCN2934_m.JPG
S環。狭いY(エコノミー)の座席ポケットにアメニティーキットを吊り下げるのに使用。



これに読書セットとかPCセットとかが加われば10時間越えのフライトでも快適。
ついでにファミリー路線ではアクティブ・ノイズキャンセリング・ヘッドフォンも加わることになります。

DSCN2935_m.JPG

重いけどイン・イヤーヘッドフォンを着用したうえにこのヘッドフォンを被るとパーソナルスペースを侵害されずに熟睡できます。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月05日

ハワイ総括

また行ってしまったワイキキ。

もうしばらく行かなくても・・・・・なんて思ったのもつかの間、半年ぶりでした。

今度こそしばらく海外渡航は控えないと愛犬アウラのお世話もあるし、なにより遊んでばかり居られない。
と思いつつ総括。

やっぱりハワイは楽しい。
この一言。

たぶんワイキキだけで買い物したり食事だけだったらしばらく行かなくても良いかと思うんだろうけど、サーフィンを絡め友人が出来たりすると都会の中にある利便性と適度な自然が織りなす絶妙なバランスが観光地としての価値を高めていてリピート率を上げているんだろうなと結論。


とくに波は自然次第なんだけど手頃な波が押し寄せ海水温が高いこともあって優しく感じる。

程よい都会が近くにあって必要なモノが揃いやすかったりスーパーもあるしエンゲル係数も安く済む。

しかしファーストクラスとかビジネスクラスに乗ってなぜファストフードばかり食べているのだろうと疑問に思われそうだけど・・・。
そりゃ行きたいですよ。
アランウォンとかミッシェルズなんかね。

でもそんなモノ食べるんだったら東京でも青山辺りやオーベルジュで充分満足だし、それよりも移動にかける代金を大きくした方が現地での疲れとか帰国時の疲労感が少なくなるし、なによりファーストクラスなんて乗ったこと無かったから。



◆フライト

往路のフライトキャンセルには参りました。
まさかのダイバードでデルタに振り替えられたは良いけど、往復でキャリアが変わるとかこういったトラブルは初めてだったので何かと勉強になりました。



そうそう


それにしても機内食のクオリティーが落ちましたね。

以前はファーストクラスくらいのクオリティーがビジネスクラスのご飯だったけど、デルタのミールが不味いのか全くもって不満。
ユナイテッドのファーストクラスだってミールはもうちょっと期待していたんだけど・・・それほど絶品という訳でもなく。




◆レンタカー


今回の滞在中レンタカーを借りたんだけどジープラングラーのオープントップ。
所謂、オープンカーだけどキャンバストップの脱着が非常に面倒。

取り外すのも様々なシーケンスを取らなくてはならないし、オープントップを復旧するときは更に腕力と同乗者の協力も必要なのでお勧めできない。

複数のリンクを使った開閉機構とジッパーの取り外し説明書とかレクチャーがないと開閉できない。
僕はレンタカー屋のお兄ちゃんに教わった。


さらにレンタカー返却時にはオープントップ全開では返せないらしいから、外したら絶対に復旧しないといけないのかも。

なお、施錠できるトランクスペースもほぼ無いので荷物は盗難に注意。
僕たちは細かいモノはグラブボックスに施錠して車を離れたけど、あんなカギマイナスドライバーでこじれ葉簡単に開いてしまうモノ。

なので貴重品は常に肌身離さず車を離れるときにはすべてモノを持って離れていたくらい。

そういったことを考えるとラングラーよりもコンバージブルの乗用車の方がトランクもあるし、オープントップも素早く電動なんかで開閉が出来るのかも。

まあ、地上高のアドバンテージがあるからSUVの方が眺めは良いけど高速の直進安定性があんなに悪いと思わなかった。
いつも乗っている自家用車はドイツ車だからそれに比べるとまっすぐ走らなくてホイルベースの短さはこんなにも影響するんだなと思った次第。

なにしろまっすぐ走ってくれない。

あと、オープントップで一日ドライブしてから部屋で顔をタオルでふいたら排気ガスで真っ黒になりました。
それに日焼けもサーフィンしているときよりも焼けた感じ。

IMGP3863_m.JPG

最高の開放感と引き替えるダークな部分です(色も・・・)。




◆食事

ほぼ毎日ファストフード。

なにしろ安くて美味しいから仕方がない。
アメリカ人の貧困層にデブが多いのもうなずける。

なにしろお腹いっぱい食ったって$5位で済んでしまうのだから。
とにかくニクニク肉。

チャイナタウンに行ったとき食べたフォーが何とも優しい感じ。

でもハワイに行くとついつい食べてしまうんだよな。


IMGP3821_m.JPG




◆パシフィックモナーク(ホテル)

ワンベットルームということで比較的広いお部屋だったしトイレにウォシュレットが付いているのもビックリ。
日本人以外が使うところを見てみたいモノだ。
ラナイが無駄に広くて気温さえ高ければココで食べるご飯は公園で食べるベントより美味しく感じる。
なによりプライベート・スペースなので海を見ながらビールが飲める幸せ。

まあ、オーシャンビューだけど目の前がハイアットなので全面「海」という感じではなかったにもかかわらず運良くグリーンフラッシュが見られたのには、ただただラッキー。


駐車場代一泊24hで$15は高い。
最近ワイキキのホテル駐車場は何処も高すぎる。





とかなんとか言いつつまた行ってしまいたくなる魅力のある場所ですね。

DSCN2790_m.JPG
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月04日

帰国日

6日目

ついに最終日。
チェックアウトとレンタカーの返却、空港までのドライブがあるので早めに起床。
もちろん朝からビールなどのアルコールも飲まない。


ホテルのフロントでセフティーボックスの代金を払いチェックアウト。
さらに昨日買い忘れたエアゾルのホイップクリームを買いにカヘカのドンキホーテへ立ち寄る。


アラモアナの山側からH1に乗って空港までまっしぐら。

所要時間は25分から30分。
土曜日だからこんなもんなのか。

空港の駐車場近くにあるレンタカーの返却所にてチェックアウトをお願いして無事に返却。

ここからレンタカー屋さんのバスでチェックインカウンターまで運ばれる。

IMGP4032_m.JPG



ユナイテッドのチェックインカウンターでチェックインを行い、ファーストクラス専用のゴールドレーンを通りレッドカーペットクラブへ。

DSCN2795_m.JPG

PB210837_m.JPG



相も変わらずビールなどのアルコールは有料のラウンジ。
コーヒーを飲んでネットに繋げるだけまだ良いか。

IMGP4034_m.JPG

しばしボーディングまでの時間をラウンジで潰し定刻通りオンボーディング。

DSCN2800_m.JPG


早速シャンパンのサービス。

DSCN2802_m.JPG

銘柄はわからん。

でも喉ごしが良い。


さすがだなと思ったのが通称おもちゃ箱。

IMGP4042_m.JPG


大きな荷物もこのサイドポケットにすべて飲み込む。

シャンパンを飲みつつ時間を持てあましていたらコックピットのドアが開いていたのでパーサーに写真撮って良い?と聞いて撮らせて貰った。

IMGP4037_m.JPG

座席は非常に広大。
身長180センチ越えの僕が足を伸ばしても全然ぶつからない。

IMGP4039_m.JPG


前後横方向にたっぷり取られたシートは快楽そのものでフルフラットにもなる。

IMGP4035_m.JPG


ちなみにブランケットもFirstの文字が入る。

DSCN2806_m.JPG


アメニティもビジネスクラスより金がかかっていた。


飛行機は滑走路を飛び立ち水平飛行になると再びドリンクサービス。
ワイキキのホテルでさんざんビールは飲んだのでまたシャンパン。

IMGP4050_m.JPG


そんな飲んだくれが出来つつある頃、ミールのサービス。

美味しい料理のあれこれ。

IMGP4057_m.JPG
IMGP4060_m.JPG

IMGP4061_m.JPG
IMGP4062_m.JPG

僕はお魚料理。嫁は和食。

PB210868_m.JPG

PB210871_m.JPG




シャンパンは飲み飽きてきたので赤ワインを開けて貰う。
もちろん目の前で抜栓してくれるのでテイスティングを奨められるがそんなモノどうでもよかった。


食後のアイスクリームもソースが選べたりフルーツの盛り合わせも選べた。

IMGP4068_m.JPG



シートバックを倒してフルフラットモードに。

寝心地は良いけどなんだか漫画喫茶のベットみたいな錯覚に陥る。


爆睡して着陸2時間前に起床。
ファーストクラスの座席数12席(内クルーレスト1席含む)にアテンダント3名だから水くれと言えばすぐにサーブしてくれるし、何かと気を遣ってくれる。


朝食はちょっと貧相。

IMGP4070_m.JPG

まあそれほどお腹も空いてないから良いか。

フラットのシートで寝込んでいたらやっぱり気持ちが良いなあ。
疲れがすっかり吹き飛んだ感じ。


飛行機は定刻通り成田に到着。

駐車場への送迎車を待っているときはやっぱり寒いなあ。


IMGP4073_m.JPG


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。