2012年11月14日

酷いぞOCN

こんばんはくろはげです。


我が家のネット回線は数年ごとに低価格な回線を契約して使っています。
その時々でキャンペーンが行われているので上手くすると月額料金が無料になったりそれに近い金額で利用できます。
もちろん月々はクレジットカードやら引き落としで利用料金が課金され払うわけですが、キャッシュバックやポイント充当によって「実質」無料を唄うプロバイダがあるわけです。


過去にはAOLやネクシーズさんなど契約満了時にキャッシュバックを行ってくれたり、商品券で充当してくれたりと恩恵を受けてきました。





現在のプロバイダはOCN。
NTTが経営母体となるこの会社とんでもない曲者。
いや食わせ物か。


2年契約で1年目は定額を払い二年目からはポイントにより月額料金を充当するので無料になるはずが、、、ならない。

どうやらOCNからメールを送信してそのメールに期日内返信すればこの契約が履行されるというモノだけど、メールが来ない。
なので恩恵を受けられずなぜか無料になるはずの利用料金が課金されてる。


というわけで早速サポセンに電話。
すると

「メールは送信しました」の一点張り。
こちらがどこのアドレスに送ったか訪ねても「しばらくお待ちください。かけ直します」。

で、翌日「OCNのメールアドレスに送りました」と。
そんなの見てもいないし来てない。
まして来たなら返信するはずなのにそういう事も行っていないとはどういうこと?と聞いたら
「こちらではメールを送信したことしか分かりません」との返答。


子供じゃ無いんだから何時、どのメールアドレスに送って既読か未読の調べくらい付きそうなモノだけどそんなこともしない。


はぁ〜  担当 田代 盗撮してシャブ食ってるクズばかりじゃ無いんだな。


上席の人に変わってもらって事のいきさつは田代氏から聞いてるらしいけど最初のうちは同情します〜的な対応。
まあ、マニュアル的にはそう来るわな。
しかしその裏に隠された本性が見え隠れしつつこちらの言い分を聞いてもらうと、子供をあしらうかのような上から目線で「こちらとしても最大限譲歩してポイントで月額料金に充当しますので〜」の一点張り。


言葉だとこのいきさつと口約束が履行されるのも怪しいので文書による回答を求めました。


もうちょっと気分良くお互い実のある話に出来れば好かったのになんだかな〜という結末。

結末になってくれれば良いんだけど・・・・



もうOCNとは一切取引したくなくなる出来事でした。


でもこういう風にできず泣き寝入りするひともいるはずだよね?


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月30日

いい月

こんばんはくろはげです。

最寄りでもないけど徒歩圏に位置するメトロの駅から帰宅するとき、夕闇が迫る反対の空に月が出ていました。


写真に撮るにはちょっと景色がアレなもので割愛させていただきましたが、まん丸お月様。


そういえばジュウゴヤ?だっけなんつってね。
目の前にあるインターネッツで今年ジュウゴヤを調べたら9月30日。
旧暦8月15日のことを言うらしく来年2013年は9月19日だそうです。


ということは今日見た月は十五夜では無く偽ジュウゴヤといいますかジュウゴヤ騙しというかジュウゴヤもどきだったわけですが、主観的に秋だな〜なんて空を見上げつつ「おお!今日の月はいい月だ〜」なんて思うことが良いのかななんて。

結局ジュウゴヤとかそういう風情のあることがよくわからなかったりするものです。

posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

尖閣などの国土防衛

こんばんはくろはげです。

かなり保守的というか右よりな意見なので気分が悪い方は読まないでください。
論争をこのブログ上でするつもりはありません。

日本人として戦争責任はあると思います。
それがたとえ戦後数十年経ったとしてもです。


しかし韓国の竹島を実質的に占有してることも許せませんし、中国が尖閣諸島を領有すると言うことも許せません。
中国国内で略奪まがいのテロを起こしてるデモ隊も許せません。
もともと、中国人自身が尖閣諸島は日本固有の領土と認めていたにもかかわらず、地下資源に目がくらみ東シナ海ガス田と同じようにいきなり中国の領土だと主張するには無理があるって言うモノです。


韓国にしろ同じ。

竹島が日本の領土と認めていたにもかかわらず、戦後のどさくさに紛れて実効支配するなどと言うのは許せません。
もしも自分の庭に隣人がテントを張って、ここは我が家の敷地ですと言ったら正常な判断能力がある人なら「こいつ気でも狂ったか」と思うはずです。

冗談ならいず知らず、正気で言ってるなら「やばい隣人」のレッテルを貼ることになるでしょう。


もともと、従軍慰安婦問題にしろ北朝鮮の恫喝外交にしろ朝鮮半島や中国大陸の人間とまともにつきあう、メンタリティーを純粋な日本人は持ち合わせていません。


朝鮮半島出身の人間にお金をもらった政治家や経済界の重鎮と呼ばれる人が音頭をとってすり寄ってるだけのお話。

そのお尻ぬぐいは物言わない日本人。


ここまで朝鮮半島の人々や大陸の人々に笑いものにされて政府はまともな姿勢を取らないのであれば、もはや朝鮮バッシングも辞さない態度毅然とした態度を取りたいモノです。

まずは中国、韓国、北朝鮮との国交断絶。
もちろん韓流ブームなどと浮かれてる人も日本国内を出て行ってもらって大好きな韓国にでも亡命してもらいましょう。


あー
ほんといやだいやだ三国人ども。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月22日

愚痴らせて・・・

こんばんはくろはげです。


今夜はちょっと愚痴らせてください。

仕事の事なら給料とバーターでグチものど元までで留めておけますが家族のこととなるとそうは行きません。
まして嫁のどうでも良いような我が儘にはほとほとあきれる始末で、考えないとわかんない年でも無かろうに。

僕のお仕事は朝が早いです。
今は電車で通勤の毎日ですが基本始発出勤。

起きるのは3時半とか4時とか。
それからお弁当を作ってアウラをお散歩に連れて行って、身支度を調え駅へ。

出勤してしまえばいつもの仕事なのでストレスを感じることもなく日常を過ごすので仕事中が意外と心休まる時間かもしれません。

帰宅は大体18時。
そこから妻が入院している病院へ直行。
30分ほどケアしてあげてとんぼ返り。


自宅に帰ればアウラ嬢が熱烈歓迎。

すぐにお散歩へ連れだし、遊んであげて20時。
その後、明日の仕事の準備やらデスクワーク。普通ならこのデスクワーク中にご飯。

ご飯を作ってくれる人は僕しか居ないのでデスクワーク終わってから自分のご飯を作り出来たらお風呂。

ご飯を食べ始めるのが22時。
食べ終わってホッとしたらお酒を飲みながらアウラをいじる。

眠くなってベットに入るのが0時。



爆睡して翌朝またルーチン。




何がいけないって、「ちょっと早く帰れるなら病院に寄って」など考えもせず息を吸うようにスムースに言葉が出てくるのが気にくわない。
こっちは自分の睡眠時間を削って家事と仕事をこなし、犬のアウラをお世話しなくちゃならない。
犬って言ったって僕たち人間のように自由に外出できる訳じゃ無いし、テレビも見ない。
音楽だって聴けないし読書も出来ない。

唯一遊べるのは飼い主さんとの戯れ。
一緒に過ごす時間が長ければ遊んであげる時間も少なくて済むんだろうけど、朝5時前から19時半頃まで14時間以上も独りで過ごさなきゃならない身にとってはさぞかし不憫でならない。

犬を飼うってコトはすごく大変という認識があったけど家内には子供が生まれたことによって犬の序列が下がってしまったようです。



ごめんね。グチ言って。。。。






posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月13日

竜宮城

こんばんはくろはげです。


浦島太郎のお話に出てくる竜宮城について思うことがあります。
もしかしたら海の底にあるかもしれない竜宮城。

そんなところに連れて行ってくれるカメさんを捜すことからはじめなくてはなりませんがそこまでヒマではないので自分で行く方法を模索しましょう。

陸上にあれば徒歩なり自転車なりでいけそうですが設定上、水の中と言うことになっているのでハードルは高いです。
それこそ水の中に入ることなく竜宮城を味わうにはヤバそうな脱法ドラッグなどに手を染めなくてはならないかもしれません。
なので素人の僕たちができることと言えば自らが海に入ってしまって捜すことから始まると思います。


アクアリウムを楽しむ方の中には「水槽に竜宮城を造っちまえ!」なんて強引なヒトも居るでしょうが、話がそこで止まってしまうのでこの際無視します。


基本的には竜宮城の近所とおぼしき珊瑚やウミガメさんが生息するような地域を選ばなくてはなりません。
ということは自ずと南の方に地域が限定されそうですが、造礁珊瑚に代表される以外にもモモイロサンゴに代表される深海珊瑚などは海底深く冷たい海に生息するので一概に南方とも言い切れないかもしれませんが、お話が進まないので僕の一存で南方方面とします。


場所は決まりました。

今度はどうやって海に入っていくかです。

シュノーケリングや海水浴だとそのまま帰って来れなくなる可能性があるので空気ボンベなどを背負ったスキューバダイビング方式がもっとも安易だと思います。


ライセンス云々の問題はあるかと思いますが僕の庭でお話をする上なので少々強引ですがこの方法で語ります。


竜宮城が人目に付きやすそうな所にあるとそれこそダイビングポイントとして世界に広まりそうなので人知れずひっそりと存在できる海底と言えばやはり深い海。

それも人が来そうにない深海か潮流が早いとかいつも時化ている海など。


いつも時化てる海と言っても年に数日は凪ぐ日が現れるのでそんなところに竜宮城は隠せません。
なのでコレは×。

潮流が早い海域だって潮の干満によって潮の流れが止まる「潮止まり」は必ず存在するので人知れず竜宮城を隠すことは非現実的。


となると最終的には深海。

スキューバダイビング、とりわけポピュラーな空気を使って潜る方法ですと常識的な範囲で潜るとすれば水深40m程度が限度。
気合いを入れたりお金が絡んだり、チャレンジャーな人だと100mも空気で潜りますがそれでも人目には付きそうです。


なのでもっと深い海というと水深200m以上の海域でしょうか?

そうなるとスキューバダイビングでは発見できない事になってしまうので設定としてあり得ない。


結局水深100m以浅でと言うことになりますが人目に触れない海底ってすごく多そうな気がします。
それを全地球上で捜索するって言っても不可能なのでサイド・スキャンソナー等をつかって船上からしらみつぶしに捜したりすれば見つかるのかな?


夢は尽きませんがそれらしき建屋?が見つかったとして「さあ潜ろう!」と言っても水深が40mを超えていたら?

窒素酔いによってある意味別な・・・ある意味本当の竜宮城が見えてしまって二度と現世には帰って来れなくなってしまうかもしれません。


ということは竜宮城はあるんだけどみんな竜宮城に行ったっきり帰って来れないだけなのかもしれません。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ | Comment(2) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月02日

自転車の車道走行

こんばんはくろはげです。


自宅のある近所に甲州街道が通っています。
この道路沿いにスーパーがあってよく通うのですが家内が買いもので店内を彷徨いている時にアウラと僕は道路沿いのガードレールに腰掛けて待っています。

その時間、歩道を歩くヒトをボンヤリ眺めたり独り言のようにアウラと会話していたりしますが、そんなことに飽きてくると車道に目を移します。

最近、自転車ブームなのか歩車道問わず自転車の走行が目立ちますがマナーが悪いですね。

車道を逆走する輩、歩道を爆走する主婦、携帯電話をいじりながらの男女、ヘッドフォンを両耳に入れたまま走り去る学生。

どれを取っても違反行為に違いありませんが違反しているという認識と事故を起こしたときのリスクという観点ではなにも考えていないに違いないでしょう。

それと車道を走行する自転車に共通して言えることですが、後方確認せず歩道から車道を走る自転車や駐車車両を追い越す際後方の確認を怠っているヒトがほとんど。

後方から来る自動車に轢かれてしまうとか接触する可能性を考えないのでしょうか?

危険な運転をして自動車と接触するくらいなら歩道を走って歩行者をはねた方が自分がけがするリスクが低いと考えるヒトも居るかもしれません。

どちらにしろ自転車を走らせる上でのリスクやマナーを徹底させるためのトレーニングなど法整備が必要かもしれません。


posted by くろはげ at 19:04| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

十数年

こんばんはくろはげです。


地下鉄サリン事件から17年以上の年月が過ぎたことを先日のテレビ番組で知りました。
あの当時のことを思い出すと、僕は潜水士になったばかりでスキルはないけど体力だけは余っていて力仕事を任せてもらっていました。

思い出すと力仕事を行うにはドライスーツではかなり暑くてスーツの中は汗まみれだった記憶があります。
昼の休憩でラジオを付けてみると都内がえらい騒ぎだと気がつくのにそれほど時間はかかりませんでした。


夕方仕事が終わって帰ろうと思い車に乗り込んだけど首都高はほとんど動かないほどの渋滞。
その時川崎の扇島にいましたが帰る先は埼玉の草加。

首都高の湾岸線がまだ開通していなくて東海ジャンクションまでだったかな?動かない1号羽田線から東海ジャンクションに乗って中央環状線で安行まで乗り継ぐといういつものコースを走りましたがそれでも歩みはのろい。

いい加減動かない首都高に嫌気がさして下道に下りたけどさらに渋滞。

結局京橋から再度首都高に乗って1号上野線の終点まで乗って日光街道を北上し、千住新橋から再度首都高に乗って安行を通過。
会社に帰ったのは扇島を出発してから6時間後の21時。


当時携帯電話を持っていなかった僕は事態を飲み込めない社長にこっぴどく怒られました。




そんなことを仕事中思い出していると同じ職場にいる諸先輩方は当時一緒に働いていた仲間。
仕事の内容や立場は違えどずっと一緒に十数年同じ釜の飯を喰って苦楽を共にしてきた仲間なんだな〜なんてセンチメンタルな気持ちになってしまいました。


これから先、事故や病気などみんなで注意しながら笑って仕事が出来たらと思いました。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

つよいおとこ

こんばんはくろはげです。



恐らくですよ・・
僕って男らしい力の強い男だと思われてるかもしれません。


でもね実は弱い男なんです。
ネガティブでいつも周りのことを気にして人見知りで引っ込み思案。

体力だってある訳じゃ無い。
もちろん頭だって良いわけでは無い。

自信のある男になってみたいです。



表向き、このブログや実生活においてそんなこと微塵も感じさせないようにしています。
対外的にそういう風になってしまうと何処までも暗黒面に落ちて行ってしまいそうで、そのまま鬱になりそうです。

なのでいかにも自信があるように虚勢を張ったり、ネガティブな発言や思考を持たないように努めアクティブな人間になりきっているわけです。


それがお酒などチョットいつもの自分じゃ無くなったときに頭角を現すのが暗黒面の自分。
ほんとお酒を飲んでマイナスに傾くと自己嫌悪に陥ります。


そんな時は自分の殻に閉じこもってただ堪え忍ぶのみ。
YOUTUBEの悲しい動画を観たり、落ち込み系の音楽を聴いたり。


それでも自分を慰め自分と対峙して答えのないループをきりもみして落ちていくだけです。


人間、誰でも全知全能であるわけが無いのです。
落ちる局面ではきりもみしたって良いと思います。

明日、みんなにいい顔ができればそれで周りも明るくなってくれるのです。


それまで自分の殻に閉じこもるのも悪くありません。


posted by くろはげ at 19:13| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月03日

お風呂

こんばんはくろはげです。



温泉などに行くと「足が伸ばせる湯船は良いね〜」なんて言葉を聞きます。
家のお風呂はよほど裕福な家庭でも無い限り基本的には狭く感じるのが世の常のようです。

我が家にもユニットバスではないにせよ1416の湯船が備わっていて、もちろん足を伸ばすにはほど遠いです。

ビジネスホテルのユニットバスなど入る気も起きずシャワーだけで済ますこともあったり。
高級なシティ・ホテルなどであれば足を伸ばせるバスタブがあったりしますが、毎日入るわけにはコスト面で銭湯には敵いません。

現在父島で生活の拠点として使っている民宿は小笠原で最も大きい湯船を持つと言われています。

それでも縦横1.5m×2.5m程。

足はしっかりと伸ばせますが温泉ホテルの大浴場や健康ランドの大風呂には敵いません。



案の定この民宿でも他のお客さんが「足が伸ばせる湯船は良いね〜」って言葉を吐きますが、僕としては足が伸ばせるお風呂ってそれほど魅力を感じません。

それはお仕事で潜っているとしっかり足を伸ばせる大きな浴槽・・・太平洋だったりインド洋だったり。はたまた漁港だったり。

風呂と海は違うよって言われそうですがどちらかというと足が壁に届くくらいの狭いお風呂の方が魅力を感じます。



だれ?

足が短いからだよ!なんて言ってる奴は!



posted by くろはげ at 17:43| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

妊婦

こんばんはくろはげです。



最近、何気なく思うことですが妊婦さんとかおめでたなんですなんてコトをよく聞くような気がします。

我が家も同じように妊娠した家内がいるわけですが、3月11日の震災と関係あるんでしょうか?
あの日を境にそう思うことが多く感じるのはこじつけ?

しかし出生率を数字で表した資料など手元にないんですがあくまで見かけというか感覚的なモノであることは否めません。



人間って面白いモノで震災や津波、大きな天災等があると出生率が上がるそうです。
過去の戦争でもそうでした。
ぼくは団塊ベビーと呼ばれ中学ではクラス分けが8組まであったのかな?


その後、日本の出生率は下がり続けここに来て急にまた増えたような気がします。


あくまでも増えた「ような」気がするだけですが。。。。


posted by くろはげ at 16:57| ハノイ ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

お話

こんばんはくろはげです。


昨夜、クライアントの社長がお部屋に来ました。
その滞在時間は3時間。


お仕事の話、それ以外のお話。
出るわ出るわ。

面白い話もありそうでない話もあり。


色々なお話をしてくれるのはありがたいですが長時間のお話は結構辛いモノがあります。


なので島の友人から飲み会のお誘いがあったときは渡りに船と思いました。

そのあと即部屋を出て飲みに行ったのは言うまでもありません。



posted by くろはげ at 17:35| ハノイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

縦坑事故に思う

こんばんはくろはげです。


一昨日起きた尾道のシールド落盤事故。

濁っているから捜索中止とか重油が浮いてるから捜索が困難とか。

わかります。
警察の潜水隊にしたって消防の潜水隊にしたってベストを尽くしているでしょう。
僕らからみるとあまりにも素人加減があからさまで笑ってしまいます。


見えない?
そりゃ見えないでしょ。
土砂などが噴出した水が澄んでいるなんてコトはありません。

油が浮いてる海面。。。

まあ、色々不都合があるでしょ。
マスクが曇って見えなくなるとかカラダがべたべたするとか。



ぼくらからしてみるとソレは普通です。

言い方を変えれば当たり前の事。



酷い話だと思いますがコンクリートの中にだって潜ったことがあります。
それも結構な水深の元。

サルベージで重油が浮いてる燃料タンクの中に潜り込んだこともあります。



こういうスキルがあるからこそそんな風に思えるのですが、役所さんの潜水隊はそんな経験あるわけもなく水中が見えないから捜索中止とか言えるわけです。


お役所ですから。


プロフェッショナルは見えないからとか深いからとか重油が浮いてるからとか言い訳して居られないんです。
そんなこと当たり前すぎですから。



今日、残念なコトに行方不明だったヒト一人が見つかったようです。
それもマスゴミさんの文体ではどっかお役所の潜水隊が見つけたような記事になっていますが、別な記事だと瓦礫撤去をしていた潜水士が見つけたと。


この潜水士。

お役所のダイバーではありません。
民間の僕と同じダイバーです。

結局、民間のダイバーじゃないとこういう作業と捜索は出来るわけが無いんです。
海上保安庁然り。

ただ潜れると言うだけの潜水士は僕らの世界には居ません。

ソレが当たり前の世界なのですから。



posted by くろはげ at 17:28| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

雌雄判定

こんばんはくろはげです。


内地に残る妻が今日、母体に宿る子供の性別判定と検診に行ってきたようです。


以前から雌雄判定(って言うのか?)が今日というのは知っていましたが、いざ今日と思うとドキドキ感が高まります。
休憩中、何気なしにそんなのろけ話をしたら同僚から「おれは出産まで聞かなかった」との意見がありました。
同じように雌雄判定をしていたので彼の奥さんはどっちかわかっていて、子供を迎え入れる準備をしていたそうです。


我が家もそういうふうに出産まで雄雌を隠しておいてサプライズにするかそれとも、いま聞いて色々未来を考えるのも良し。

さて一体どっちだったんだろうか・・・。



posted by くろはげ at 17:21| ハノイ 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月02日

うちのおかん

こんばんはくろはげです。


新春番組でお笑い芸人さん達が自虐的に自分のお母さんをネタに笑っていたのでつい便乗。



ぼくのママもちょっぴり天然です。


以下羅列してみました。





上京直後、ランチを食べに入った喫茶店でスパゲティー・ナポリタンを注文。
タバスコをケチャップと勘違いして盛大にトッピングして耐えがたきを耐えつつ完食。


パパとつきあい始めた頃、すき焼きやさんですき焼きを食べるためのたまごに醤油をかけてそのままご飯にトッピング。パパ唖然。


新婚早々、ハマチ一本買ってきてオロオロ。当然出刃など無くて返品。


ファミレスで注文するさい、注文ボタンを押しつつインターフォンのように注文ボタンに話しかける。


よく晴れた青空に「飛行線」って・・・・あなたそれは飛行機雲です。





細かいことはいろいろありますが、こんなもんです。

よく僕に遺伝しなかったモンだ。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

未来に向けて

こんばんはくろはげです。


暗澹たるカオスな2011年でしたが僕の仕事は順調と言うにはほど遠いのは毎年のことで先行き見えない未来を見つつ現状維持のまま2012年を過ごす行く末など考えておりました。


今年は震災に喘ぐ日本を離れちょっとの期間でしたがベトナムへ久しぶりの海外出張などしておりました。


自分の未来へのロードマップなど描いていた訳ではありませんが、海外の仕事もオファがくれば飛びつくような気持ちもありスキルと実績に残すことができればまたとないチャンス。


右も左もわからない若輩者ではなく、ある程度のポジションに居ると自分の中ではこういったチャンスは見聞を広げるイイチャンス。

しかしそんなチャンスって待っていても来ないし、実績がなければ誘われないのもこの業界の常。


この出張をバネに海外への足がかりとしたかったところですが、そうも言ってられない状況になりつつあります。

個人的には嬉しい事象がこのことをスポイルしてるわけですが来年は出張へも中々行けない状態になりそうです。


詳しい理由は後日発表するコトといたします。



posted by くろはげ at 17:00| ハノイ | Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

文章量

こんばんはくろはげです。



毎日ブログに書き込む事って結構ネタに尽きます。

毎日のことなのである程度その日のことを書けばいいのですが、そうそう毎日起承転結のある事ばかりじゃないのでネタに尽きるわけです。

仕事の事を書こうにも守秘義務やらコンプライアンスの事もあるので中々書けません。


そこで書き込む文章を少なくしてもイイかななんて思ったりしますが、だったらツイッターにでも呟いてろよと。
思ってしまうわけです。




もともと、このブログをはじめた頃なんて数行の記事なんてモノも普通だったのでそこを鑑みれば毎日よく文章を書き込むなとか自分でも思ったりするわけです。


なので原点回帰で文章量を減らしてみるかなと。


その分、面白い記事が書けるように努力はしますが。。。確約はできないわけで。。。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

原発の存在に思う(愚痴注意)

こんばんはくろはげです。



すまん
今日は愚痴を聞いてくれ!


原発無き日本の社会ってあり得るのか?
原発。。。
もちろん好きじゃありません。


でもね、
現在の生活で必要な電気を作るのに原発ありきで社会のインフラを作ってきたのは僕たちじゃないんだろうか?
この震災で福島第1原発が破綻してみんなの目が覚めたけど、それ以前から原発をそういう目で見ていたかい?


どこか必要悪のように目をつぶって暗黙のうちに推進していたのではないかい?


じゃあ聞こう
原発に変わるエネルギーを生み出す方法は火力?

あれだって二酸化炭素を出す。


じゃあ電気を使わないようにする?

いやいや

高度化した社会には電気に変わる利便性の高いエネルギーは無いはず。


そういう事を踏まえて原発が駄目とか言ってないかい?


もちろん、当事者の東京電力は全力を尽くして補償なり代替えエネルギーの研究に勤しんで欲しい。
原発誘致にお金を落とされた周辺自治体にだって責任はあると思う。

それこそ目先の欲に目がくらんで交付金をせしめたわけだから、東京電力と同罪と言い切ってもいい。


だったら原発を東京湾に作れとか言われそうだけど、代替えエネルギーがない現在、東京のお台場に作っても致し方ないと思うし、僕の家に隣に作っても文句は言わないよ。

僕が被爆しようが、子孫に某のDNA的なエラーが出たって文句は言いません。


でも多勢に無勢。
ぼくが誘致に賛成だとしてもその他大勢は反対の意見をあげることでしょう。


代替えエネルギーのことなどなにも考えず・・・でも現在の生活水準は維持したまま。

そんな夢のような生活なんて無いのにね。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ | Comment(4) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月06日

喫煙率

こんばんはくろはげです。


僕自身禁煙してからかれこれ10年ほど。

現在では夢に出ることも希ですが禁煙から一年くらいは、そういう夢に悩まされました。

不意に吸ってしまっていままでの苦労が無駄に終わる夢だったり、精神が不安定になったときについ手を出してしまうとかそういう類の夢です。
いまでも希ですがそういう夢を見たりすると禁煙1年目くらいに見たあとの罪悪感よりもさらに強い罪悪感に嫌悪感を抱きます。

時事ドットコムのサイトで報道された現在の喫煙率は成人男女で21.7%と決して多くない数字かと思います。
しかし町でたばこを吸っているヒトの数は2割越えと言うよりもうちょっとポイントが高い気もします。
飲食店然り、路上喫煙然り、喫煙所然り。


僕個人としてはこのうち、飲食店>路上喫煙の順で喫煙を控えて貰いたいのですが全く知らない相手もそうだけど知り合いだったとしても「たばこ吸うなよ」と言いづらいです。
過去には僕も同じように煙害を吐き出していたという認識もあるし、なにより関係を拗らせたくないから黙っているというのが理由です。


特に飲食店での喫煙は分煙のお店であっても匂いが気になるところ。
もちろんガラスなどで仕切ってあったり、コンパーメントごとに強力な空気清浄機が稼働していたとしても気になるヒトには気がついてしまうモノ。



仕事先でも愛煙家さん達が多く締め切った車内などで吸われてももちろん服に付く煙の匂いは取れません。
これは気を使って窓を少し開けてくれたとしても残るモノで、自宅に帰ってきてからその匂いを思い出してしまうモノです。




路上喫煙に関してはそれ相応の条例が整備され禁止されている場所も多いにもかかわらず無神経に吸っておられるヒトもいて、これは弁解のしようもないはず。
それから自動車で吸っているヒトの吸い殻のポイ捨て。
明らかにヒトとしての品位を疑ってしまいます。

僕の周りにはそういうヒトは居ないと思いますが愛煙家の皆さんには自分のフィールドが狭くなることがないようにもうちょっと配慮して貰いたいと思います。


posted by くろはげ at 17:00| ハノイ | Comment(2) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

酒〜

こんばんはくろはげです。


酒です。

好きです。

皆さんも解ってると思うし皆さんも好きでしょ?


ワインに始まり焼酎、ビールにウオトカ、ジン。
日本酒は過去に悪酔いしたので数十年封印したままです。

と、

母島に出張しているときや父島に居るときなど、常軌を凌ぐ量を飲んでいたわけですが最近は都内の自宅住まいと言うことと、通勤時の危険性を鑑みてあまり飲みません。

飲みませんと言いつつ毎日欠かさず飲んではいるのですが、その量はやっぱり少なくなっています。
さすがに翌日自家用車で運転することがあれば体内に残存するアルコール量は無視できないわけで、それこそ飲酒運転での取り締まり対象にでもなってしまったら今後の通勤にも影響するだろうし、ゴールド免許も返上になってしまいます。



なので飲み過ぎないように注意しているのですが、やはりというか必然的に休前日は飲み過ぎ街道まっしぐらになってしまうわけで。

とかいいつつ自身の体・・・肝臓を始めとする各臓器の稼働状態も鑑みればあまり飲み過ぎるのもいけないと思いつつ、吐かない程度の飲酒は止められません。



もういい加減いいお年なんだから節操すれば良いのにとも思いますがやはりアルコールの魅力には勝てない意志の弱いくろはげが居るわけです。




posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月06日

節電が終わったので明るくしてよ首都高

こんばんはくろはげです。


震災の影響で軒並み原子力発電所が停止しています。
この影響で夏場の電力需要が逼迫していたのは皆さんもご承知の通り。


しかし寒いです。
もう夏場の電力需給状況も変わったのでそろそろ節電から防犯、交通安全にシフトしませんかね?

暗い夜道で今年は犯罪発生率がやや増加傾向だそうです。

と以下の記事

まずはひったくり急増のニュース

街灯消えひったくり急増 節電で広がった闇に紛れ…
2011.5.18 23:55
 東日本大震災直後、東京都内で空き巣が減少する一方、ひったくり事件が急増し2カ月で約330件に上っていることが18日、警視庁捜査3課の調べで分かった。計画停電や節電の影響で、街灯が消えて暗がりが増えていることを悪用したとみられるケースもある。被災者支援の募金箱を盗むなど震災に乗じた悪質な犯罪は後を絶たず、同課で取り締まりを強化している。

 同課によると、ひったくりの発生件数は震災が発生した3月11日〜4月10日の1カ月で約180件。震災前の2月12日〜3月10日の約130件と比べると約50件増えた。その後の1カ月(4月11日〜5月10日)は取り締まりの強化などで約150件と前月比2割減となったが、依然として震災前を上回ったままだった。

 夜間の犯行が多く、バイクや自転車で路上を歩く高齢者から追い抜きざまにバッグなどを奪う手口が目立つ。主に足立、世田谷、江戸川区で多発し、連続ひったくり事件も発生。足立区では3月17日午後9時20分ごろと約10分後の2回、通行人が2人乗りバイクにバッグをひったくられた。

 食料や水の買いだめなどで現金を多く持ち歩くケースが増えていたことから、10万円以上の高額被害が際立っている。

 コンビニやレストランに被災者支援のため置かれた募金箱が盗まれる事件も各地で後を絶たない。都内だけでも4月20日までに約20件(被害総額約18万円)が確認されている。

 ただ、阪神大震災の際には東京でひったくり事件の増加は確認されておらず、立正大学の小宮信夫教授(犯罪社会学)は「不景気などの社会不安に震災という要素が加わり犯罪が増えていると考えられる」と分析している。

 一方、同じ窃盗事件でも空き巣などの侵入盗は減少傾向。震災後の外出自粛ムードなどで留守宅が減った上、地震や東京電力福島第1原発事故で外国人窃盗グループなどが相次いで帰国している影響もあるとみられる。

 同課によると、千葉県などで空き巣を繰り返していたとして4月に窃盗容疑で逮捕された中国籍の男は「帰国しようとしたが、出国する外国人らで混雑し、航空運賃も高騰していたため帰れなかった」と供述したという。


MSNより引用



続いて街灯消しても犯罪増えなかった記事

 枝野官房長官は11日の記者会見で、東京電力福島第一原子力発電所の事故を受け、各地で節電のため行われている夜間の街路灯消灯により、犯罪が増加した事実はないとの調査結果を明らかにした。


 犯罪件数は、全国と東京都内、東電、東北電力管内についてそれぞれ集計した。枝野氏は夏場の節電が始まって以降、「一時期の例外を除き、ひったくりを含む犯罪件数は昨年と比べて減少している」と説明。理由については「国や自治体は、防犯や交通安全の配慮が必要な個所は消灯対象から外している」と指摘した。

 街路灯の電力使用量は、東電、東北電管内で昨年と比べ4〜5%が減少しており、街路灯の消灯が進んでいると見られている。

(2011年7月11日19時17分 読売新聞)

どっちが正しいのでしょう?



しかし防犯云々より自動車を運転したり犬を散歩させていると交通事故は増えてるでしょ?と言わざるおえないように感じます。

だって暗いんだもん。



同じ事は首都高にも言えて、こちらはさらに暗く感じるです。はい。

首都高速としてみれば電気代分コストをカットできるので収益は上がるでしょう。
それに伴って照明器具の交換作業とかそういうコストも省けるわけですから節電は嬉しい事でしょう。


でも暗いんですよ。


自家用車のヘッドライトがHIDだろうがハゲロン(・・・ハロゲンです)だったとしても暗いモノは暗い。


いい加減照度アップでおねげえします首都高速さん。





posted by くろはげ at 17:00| ハノイ ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。