2010年06月30日

サイパン3日目




7時起床。

昨日購入したシナモンロールとサンドイッチで朝食。

8時にピックアップ(車)でピックアップ(出発)。


昨日からコンディションの悪かったオブジャンを諦めラウラウビーチへ。

その他のオプションとしてグロットもあったけどやはり海況不良でクローズ。
いやはやついてない。

気を取り直してエントリー。
向かって右側のトンネルを抜けつつ沖へ向かう。

P6260002_S.JPG



今日も白砂のボトムでまったり。

P6260021_S.JPG


なにげにヨスジフエダイの群れ。

P6250106_S.JPG


特に写真を撮る様なモノもなくマッタリとエントリー口へ。


P6260005_S.JPG

ウミヘビ君が頭を穴に突っ込んでなにやらやっていた。

P6260035_S.JPG


昨日と違い天気は良かった。


1時間ほど休憩の後、2本目。

今回はビーチの左側からエントリー。

潮の引いたインリーフをしばらく歩いて穴に飛び込む感じで潜水開始。
途中、クマノミ城を何カ所か見つつ所在なげに中性浮力を楽しむ。


P6260044_S.JPG


恐らくエントリー口の方向に行っているのだろうがみるべきモノは他のダイビング客だったりする。

それこそモウモウと砂煙を上げつつ水底を這うように2次元を楽しんでいる人たちも居て、一緒のグループにならなくて良かった。

水底をよく見るとアカバ君もいました。

P6260096_S.JPG

ボケッとしていると釣っちゃうぞ。

P6260031_S.JPG

なんやかんやで50分の潜水。

名残惜しくて水面写真など撮ってみました。

P6260064_S.JPG


機材を片付けつつMOCのあるマリアナリゾート経由で帰ります。
ランチはココのバフェを利用できて$10。

デザートは少なかったけど味もまあまあで食べられるご飯です。
写真は割愛。


帰路はピックアップの荷台の載って日差しと風とスピード感の恐怖を感じつつホテルに帰着。

P6260070_S.JPG



この段階で13時。

機材をベランダに干してビールを持ってプールに繰り出します。

ココのホテルはビーチベットとチェアーの数が少なすぎるようでお客の取り合いは熾烈を極めます。

とりあえず空いているチェアに腰掛け、ビールなぞ飲みながら周囲状況の確認を怠らないように、
ベットが空いたところを狙って空きベット確保。

夕方、日が暮れそうになった頃ガラパンまで出ることに。

グランドの軒先に止まっているタクシーにDFSまで無料で行けるかと確認して乗車。

以前と変わらずタクシー利用でもDFSまでなら無料。
もちろん無料と言ってもDFSがタクシー会社へ支払うわけですが。

機内で貰ったゴディバのチョコレート引き替え券を提示して一応、一回り店内を散策。
やっぱり寂れていますね。


IMGP3356_S.JPG



んでなにも購入せず店外へ。

そのあとはガラパンを散策したわけですがどこも閑散としています。

唯一ハファダイショッピングセンターとかABCマートくらいはヒトも「いる」程度。

IMGP3359_S.JPG

夕焼けの写真を撮って夕食場所のボビーキャデラックへ。

IMGP3363_S.JPG

今日までガイドしてくれた西村氏と彼女4人でディナーです。

Lサイズのピザを頼むとMサイズのピザが無料で付いてきます。
意味がわかりません。

IMGP3384_S.JPG


各々ビールやら何やらを頼みつつ最後はアイスクリームを食べて・・まあリーズナブルな値段でしょ。

IMGP3385_S.JPG

9時過ぎ宴を解散して空を見てみると月が欠けていました。
そうだ今夜は月食でした。

しかし僕は魚眼レンズしか持ってきて無くてなんだかぼんやりと月が映っただけ。
まあいいや。


さてDFSのバスに乗ってホテルまで帰ろうかと思ったら、すでに行ったあと。
次のバスは1時間後とか。

ならばと言うことで次なるオプションはマッサージ屋に送迎を頼もうかと。

ハファダイショッピングセンターで客引きしているダイナミック指圧のおねーちゃんに値段と送迎可能か聞いてみたらOKと。

すぐに送迎車が来てお店に運ばれました。
僕としては中国人を信用できるわけがなかったので入店する前に再度値段と送迎可かを聞いて入店。
1時間$30で指圧を受けることに。

キレイめの一室に詰め込まれパンツ一枚でベットに横になったらしっかり1時間指圧と足裏マッサージ。
手を抜くとかそういうことは一切無くお安いな-。
帰国後ネットを見てみたら昔は1時間$45とか。

客が少ないなりに良い思いが出来るわけですね。

さて時間は10時半。
店の送迎車でホテルに送ってもらい荷造りです。


このあと、3時過ぎにはチェックアウトしなくてはならないので寝る時間はありませんが、それでも何とか時間を作ろうとマッハで機材を片付けたりシャワーを浴びたりして12時ちょっと前に就寝。



posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月29日

サイパン2日目



8時半起床。


カーテンを開けたらなんだか雲行きが怪しい。
しかも雨まで降ったあとが・・・。

IMGP3345_S.JPG

雨期なだけに仕方ないか。

IMGP3346_S.JPG

日本から持ち込んだお取り寄せカステラ0.6号とブルックスのコーヒーが朝食。
部屋にはポットや冷蔵庫、歯ブラシ、カミソリなど何でもそろっていた・・・・当たり前か。
もちろん電気も水も通っている・・・って当たり前か。


水は怪しい感じがするけど煮沸すれば大丈夫という結論に。

11時にダイビングサービスがピックアップ。

事前に4オブジャンをオーダーしていたので趣向を聞くこともなくスムースにオブジャンまで到着。
今回のガイド氏は西村氏。

MOCを使っているんだけど今回は他店ヘルプの彼がガイドをしてくれることに。




ひとまずオブジャンに到着。
慰霊の日には間に合わなかったけど一人日本から持参した御神酒をビーチに注いで独り慰霊祭。



機材をセッティングして潮の引いたオブジャンにエントリー。

P6250052_S.JPG

しかも波の辺りが強い。

意を決してフィンを履かずにエントリーしたモノのあちこちをぶつけつつやっと外海へ。

しばらくは濁っていて透視度5mくらい。
5分ほど進むと視界が開けてくる。

お目当てのガーデンイールが生息する砂場に到着。

P6250072_S.JPG


白砂が綺麗だけど曇っているのでダイバーの陰は薄め。

P6250057_S.JPG


帰りがけの水深3m位の場所でお目当てのモンツキカエルウオを発見。

P6250077.jpg

すかさず激写。


50分のダイビングが終了したけどエントリー口は酷い荒れ様。
2本目をオブジャンにするかラウラウにするかしばしミーティングしてラウラウに満場一致で行くことにした。

車で走ること30分。

オブジャンよりは海況が良い。

早速エントリー。


やはりエントリー口から数分はニゴニゴ。


P6250120_S.JPG


スイジガイ発見。

P6250096_S.JPG



このスイジガイ、サイパンにはいっぱい居ます。何でだろう。


沖へ向かっていくとなにやらゴロタ石が。
この穴の中に半透明の海老さんが隠れていて、差し出した手の上に乗って某の細胞を食べてくれるとのこと。
所謂ドクターフィッシュのエビ版か?


P6250098_S.JPG

数分粘って試したけどいまいちノリが悪い。

飽きたので別な場所へ移動。

水面を見ると青さが際だつ・・・と思ったら雨が降っていた。


さてエクジットの時間も近づいてきました。

P6250114_S.JPG


と・・・カメさん発見。
約60cm10kg未満の小さい若い個体でした。

小笠原辺りから来たカメだったらうれしいな−と思って甲羅を見たけどマーキングの跡は見られませんでした。

約50分のダイビングが終了して車に乗り込みホテル帰着。

帰路、路側にはフレームツリーが盛期を過ぎたにもかかわらず咲き誇っていました。

IMGP3338_S.JPG

ホテル帰着後、シャワーを浴びてランチ。
この段階で3時を過ぎていたのでランチには遅いわけですが、お腹が空きまくっていた。

ホテルから道路を挟んだ向かいにジョーテンと言うスーパーがあるのでココで当面の水とビール6缶($1.3)、朝食のパンやフルーツを購入。
帰りがけにエビスヤへ立ち寄って眺めてみたら美味しそうなポテトサラダとかサンドイッチがあってコレを購入。

IMGP3340_S.JPG

ビールを空けつつランチを楽しむ。


なんだか眠いんだけどココで寝たら勿体ないと言いつつ撮影に出発。


IMGP3353_S.JPG

と思っていたけどやっぱり眠くて集中力が持たずお隣のワールドリゾートから再度ジョーテンに行って足りなくなったビールの補給。

IMGP3339_S.JPG

またもや同じ道を歩んでエビスヤに行ってみたら、さっき$3.99で売っていたカツ丼が$2。
すかさず購入して夕食用に。


部屋に帰ってきてまたまたビールを飲みつつしていたらいつの間にか10時を回っていて泥のように就寝。


IMGP3355_S.JPG















posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

サイパン1日目

6年ぶりのサイパン。

リサーチをしていたときネットの情報では相当に寂れているとの情報が錯綜。
まあ、ダイビング目的だから寂れていようが繁栄していようが陸のことは関係ないとばかりに決行。


午後3時過ぎに自宅を自家用車で出て、一路京葉道路の市川インターまで首都高利用。
その先はコスト削減で一般道にて成田までひた走る。


3時間かけて経由地のシャトルパーキング到着。

手際よく手続きが進められてハイエースで空港まで送ってくれた。


嫁は仕事なのでプロテックス2台をカートに乗せてとりあえずチェックインカウンターへ。
まだチェックインは始まっていないけど事情を話して荷物の預けに成功。

カメラケースとウエストバックだけになったので身軽。

その足で2タミのIASSラウンジに直行。

タダ酒のビールを頂きPDAをWIFIに繋いだりしていると嫁到着。



二人のチェックインを完了したら出国審査を経てボーディングゲート近くのデルタラウンジへ。

ココは元ノースのラウンジだったけど何となくリノベーションをしたような・・・?

でもビールサーバーはサッポロとアサヒのスーパードライ。
しかも2009年に利用したときからサッポロのビールサーバーが調子悪いのまで引き継いでいた。

CA380013.JPG

ビールを2杯にワインを1杯で結構できあがってきた感じだけどカウンターで飲んでいる白人カップルは僕ら以上に飲んでいた。

P6240062_S.JPG


定刻を20分ほどオーバーした頃、オンボーディング。
機材はB757−200で座席は5のCとD。

P6240091_S.JPG


さっきの白人カップルは目の前だった。
ラウンジで結構飲んでいたでしょ?とか言いつつ挨拶。

Cクラスの座席としてはショボショボ。
シートバックはリクライニングしかしないしオットマンはあるモノの、レッグレストは設定無し。

P6240071_S.JPG

程なくしてスパークリングを貰ってメニューに目を通し、エサのオーダーを聞きに来てくれた。

P6240082_S.JPG


僕はシーフード、嫁はチキン。


P6240084_S.JPG

ノースからデルタに変わってエサの質が落ちたと聞いていたけど見ただけでがっかりな感じ。
エコノミーのエサを皿に盛っただけの様子。



エサの時間が終わると2時間ほどで着陸態勢。


イミグレは問題なく通過。
荷物をピックアップして送迎バスに乗り込み、ホテル着。
この段階で午前3時。

コンタクトレンズを外してシャワーも浴びずに就寝。









posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

帰ってきました。

こんばんはくろはげです。

とりあえず旅行の詳細は後日アップするとして6年ぶりのサイパンは色々変わっていました。
予想はしていましたが全体として閑散と。

それでも若干混雑気味とは言うモノの以前の賑やかさは見られません。
特にダウンタウンであるガラパンはその陰が色濃く見えてメインストリートを始めDFSギャラリアも同様です。

ブランドモノを買うにしても国内で並行輸入品の方が安い現在、海外で購入する意味というのも財布のヒモが緩んだ衝動買い程度なのかもしれません。

海は変わることなくそこにそのままあるような気がしました。



ホテルに滞在した時間は実質48時間。
到着日の午前3時にチェックインして翌々日午前3時にチェックアウト。

かなりしんどいですが沖縄に行ったと思えばそれほど遠い感じもしないし、飛行時間3時間半の移動はほかの海外に比べると圧倒的な近さです。





また天候にはあまり恵まれませんでした。

ほぼ毎日シャワーが降り、カンカンに照ったのは2日目の昼だけで初日のダイビング中には何度か強い雨が降っていたようです。
雨期ですから仕方ありませんが。


今回初挑戦でマッサージも試しました。

1時間$30といううたい文句で全身指圧を受けましたが確かに1時間$30です。
嘘偽りはありません。

なんだか色々難癖を付けて結果的にえらく高く付いたと言うこともなく、ホテルまでの送迎を含めた額なのでお得感はあります。


さて明日、カメラを取り出して写真整理をしてみようと思いますがそんなモノも面倒だったりします。

飛行機で冷房が強すぎたから・・・もしかしたら風邪引いたかな?



posted by くろはげ at 17:28| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

夕焼けについて大いに語る

こんばんはくろはげです。

先日、嫁と焼酎を飲みながらツマミを食べていると。。。

やたらにコショウがかかっていました。
食事を作ってくれたことに感謝しつつ、しかし尋常ではない量の黒コショウがかかっていて口元がヒリヒリ痛くなるくらいです。
感謝はしているモノの耐えられなくなり一言・・・



「コショウかけすぎじゃない?」



「そう?」



・・・だそうです。


そうですか・・・。

やはり僕の味覚がおかしいようです。


しかしね、口元がヒリヒリするのはやはり異常だと思う僕は一応、話の切り口を変えて再度話しかけてみると・・・


「電動ミルだとね、、、つい・・・ね」


やはり。


我が家ではコショウを電動ミルで挽いています。
黒コショウ然り、白コショウ然り。

白コショウはさほど刺激的ではありませんが、黒コショウは本場ケニヤから買ってきた物なので刺激的です。

ビジュアル的にも真っ黒で「辛いぞ〜!」な雰囲気満々です。


嫁は電動ミルで気にせずそれこそ湯水の如くかけまくります。
サラダにもシチューにも、、、、パエリアにも。

嫁曰く



「電動ミルだとね・・・つい・・・やり過ぎちゃう」
だそうで。


その後、黒コショウと白コショウの風味の違いや色味、香りまで懇懇と語ってました。





そして話は変わって先日の夕方、空が焼けました。


どういう仕組みで空が焼けるのか未だにメカニズムはわかりませんが焼ける日も焼けない日もあります。



同じように夜景の綺麗な日もあるし霞んでしまう日もあるわけです。

それは空気中の水分量つまり湿気に左右されるばかりではなく上空の雲の有無や気温も関係しているような気もします。

なのでこの時期や夏にかけては夕焼けが綺麗に見える日もあるし、秋から冬にかけては夜景が綺麗に見える日が続きます。

P1030264_S.JPG


ほぼ毎日夕焼けの観測に行っていた母島の鮫が崎でも同様の事象が起きていたし、父島も然り。

P1030269_S.JPG

未だにそのメカニズムがわかりません。
嫁のコショウLOVEと一緒です。





posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

オプティカルアウトプット

こんばんはくろはげです。


我が家に来て早1ヶ月目を迎えたブルーレイレコーダー。

ブルーレイのソフトを持ち合わせていないし、レンタル店などで借りても来ていないのでほとんど意味のないインフラとなっております。

先行投資と思って購入したモノの7.1chサラウンドも聞いてみたいし、フルスペックハイビジョンも堪能してみたいです。

まあ、サラウンドシステムが5.1chなので7.1chは聞けるわけもないんですが。。。。


今日はブルーレイレコーダーに接続されたサラウンドアンプのエントリーです。

これらの機材は光ケーブル接続しているわけですが意味のないフルスペックハイビジョン+5.1chサラウンドでニュースを見ていたわけです。


そしたら右スピーカーからは英語放送、左からは日本語が聞こえてきたわけです。
さてレコーダー側の設定をいじってしまったかな?なんて。


とりあえず何とかしないと聞こえづらい訳なので設定を開いて色々いじってみました。



ぜんぜん前と同じです。

とりあえずチャンネルを変えて事なきを得たというか先延ばししたわけですが、その後も聞きづらい状況は変わりなく。
そして時間が出来たときに本腰を入れて再設定。

どの項目も日本語に変えましたがスピーカーから流れてくる音声はやはり右、英語、左、日本語のまま。

いやはや万事休すと言うやつですな。



ふと、サラウンドアンプのリモコンを見てみると「音声」というボタンが。

ポチッとしてみたら・・・・あら・・・日本語になった。


オプティカル接続って音声をデジタル化して出力しているだけでなかったのね?


気になるのでちょっとググってみたのですがその手の機能に関して記述が少なくてよくわかりません。
DTSという某の機能やドルビーサラウンドの制御信号、そしてバイリンガルの信号なども流れているようですがよくわかりません。

自分の知らないところでオーディオ機器って進化していたんですね。

・・・・って時代に乗れていないだけかも。








posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

成田デルタラウンジ

CA380013.JPG
もうすぐでオンボーディングです。



それまでアルコール燃料を補給。
posted by くろはげ at 19:48| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯からUP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

出発

こんばんはくろはげです。


恐らく今頃は成田へ向かっているところかと。




今回、久しぶりに自家用車での成田移動です。
プロテックス2台だとさすがにヒト一人では電車へ乗るわけにも行かずやむなく2年ぶりくらいの自家用車移動。

そして今回初めて使うシャトルパーキングさん。

もともと成田の民間駐車場はほかのパーキングを使ってましたが廃業してしまったので最近出来たというココを使ってみることにしました。

値段も比較的安いのですがココの売りは鍵を持って行ってしまっても良いそうです。
つまり駐車した段階でそのまま帰国まで場所を移動されない。

ネットで見ていると大手の格安民間駐車場は車両の移動もそうですが扱いが悪いみたいで、以前使ったUSAという駐車場も洗車をしておいてくれるモノの辺鄙なところに放置されていた上、鍵も付けっぱなしでした。
それでシャトルさんとそう変わらないような値段だとちょっと怖いなと。





海外へ行く前に昨日は献血もしてきました。

前回、ハワイ渡航前に献血した検査値のうち、γ−GTPの値に異常値が見られたので帰国後4週間を待っての献血です。


ちょっと気になっていたので献血前3日間は禁酒。
これで異常値が出たら肝臓の機能障害確定。

数値が以前と同じ様であれば大手を振って飲む・・・浴びること・・・が出来るわけです。


それ以外の場合。。。。



自費で検査に行ってきます。


お仕事も忙しくないし、何より自分のカラダが心配。


いやはやイヤなお年頃になったモノです。




posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

パッキング終了

こんばんはくろはげです。

明日からサイパンです。

各所の手配も済んであとは機材とパスポートとクレジットカード、T/C、キャッシュを少々持って車に乗り込むだけとなりました。

あっ・・今夜オンラインでチェックインもしなきゃ。



ナイトランとはいえCクラスでの移動なので寝る時間は無いにしても多少は楽な移動のはずです。
しかも現在の段階でYクラスはほぼ満席。
何でこんなに混んでいるんだ?



プロテックス2台に夫婦二人分の機材とちょっとの着替え。
これにハンドキャリーで「もしも」の下着とか洗面用具、カメラなどを入れたハードケースが一つ。

P1030262_S.JPG


すでに潜るポイントのリクエストも済んでいるので持って行く機材に関してはだいぶ絞れたんですがフィンに関してはずっと悩んでいました。
なにせポイントへエントリーするときとエクジットの時は5分とかそれ以上インリーフを歩かなくてはならないのでギョサンをBCのポケットに入れてOMMERのミレニアムアイスを履くつもりでした。


で、実際にプロテックスへ入れようとしたら・・・





入らん(笑




あふれた分を切るわけにも行かず断念。
フィンだけハンドキャリーという事も考えましたがスマートでないので、諦めてスタンダードなワープ。

実際にワープのXLを入れてからミレニアムアイスを入れようとした感じを写真に撮りましたがこんなに出っ張ります。

一応、ワイフのワープMサイズ(白)も比較で映ってます。

P1030259_S.JPG

さ、オブジャン4ビーチ行ってきます。
狙いはチンアナゴとモンツキハナゲウオ(嘘。。。モンツキカエルウオ)です。



posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

汚水処理システム

こんばんはくろはげです。




 ふと思ったのですが昔は電車で長距離を移動するとトイレが付いていて、そのトイレの便器から線路が見えたような記憶があるのですが今は見えませんね。





 そこで発生するブツが線路上に貯まっていたり、それこそ踏切や駅の構内でブツが置かれていたりしたらテロ行為にあたりそうな予感がします。




 現在ではサニタリータンクが付いていて然るべき場所で処理されるのでしょうが大型客船も同じ様なシステムではないかと思います。





 小型の舟などはトイレすら付いていないモノもありますが精神修行で生理現象を止めているとも思えず、それこそ「ボットン」ならぬ「ポッチャン」トイレが舷側に備わっています。

 この「ポッチャン」トイレ、壁が備わっているモノもありますが備わっていない場合もあり、他人の視線を感じない大海原なら問題もありませんが、そうでない場合などしゅう恥プレーを余儀なくされます。


 話が脱線しましたが最近の長距離バスにもトイレ付きが多くなってきました。
この場合、後続車がいたりするわけでやはりサニタリータンクなど装備されていると思います。


 そのほか、航空機にももちろんサニタリータンクは備わっていると思いますが飛行中にトイレを使用すると真空吸引システムが作動して然るべき場所に貯められるわけです。




 僕はこの真空吸引システムが上空を飛行している機外に排出されるモノだと思っていた時期がありました。

 さらに前のシステムでは循環水が流れていたりしたわけですがバキュームに移行した直後は画期的なシステムだななんて。



 なにせ10000m上空ですから機内よりも機外の大気圧が低いわけですからトイレのフラッシュボタンを押せば弁が開いて機外に吸引されるモノだと思っていました。


 離着陸時にトイレが使えなくなったりするのも陸上に近づいたりしているから便宜上(地上の人に対して)使わないでくださいと。


 機外に放出されたブツは空中散布さながらの落とし物となるわけですが上空10000mの高空であれば液状のモノは氷となって雲を作るのかなーなんて。


 固形物に関しては何らかの処理・・・たとえば破砕とか・・・されてブツが地上へすぐ落ちない事になっているのかと。


なわけないんですけどね。




 ちなみに東京の竹芝桟橋と小笠原諸島父島を結ぶ「おがさわら丸」ではサニタリータンクと真空吸引システムが備わっています。
 ただ、常識的なブツ以外のモノを流したりしてしまうとすべてのトイレが使えなくなってしまうと言う緊急事態になってしまうようです。


 たまにそういうモノを流す輩がいて、船員が船内放送で周知徹底を呼びかけていたりします。



真空吸引システムに楊枝とか紙おむつは流してはいけません。



posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月21日

ネクシーズBBに代えて

こんばんはくろはげです。


プロバイダーを変更して時間が経ちました。
現状としてはイーアクセスの時のように回線が切れることも無くなったようですし、常時5Mbps程度の下り速度を保っているようです。

ただ、グーグルクロームを使用しているといまいちページの表示速度が上がっているように感じることもなく、時として表示がでなくなる不都合も発生しています。


もしかすると回線のトラブルと言うよりも無線LANルーターの故障のような気もするのですが確かめるすべもなく現状維持のまま。

というのも、なぜか自動的にリセットがかかってしまうことがあってそのたびに断線が起きています。

無線LANを介さず有線LANで直接モデムに接続すれば常時安定して使えるのでしょうが、一度無線LANの線無し生活に慣れてしまうとLANケーブルの付いたノートpcは使えません。

というわけで新たに無線ルータを購入しようかと思ってますがコレまで使ってきたルーターはかれこれ5年目に突入するので本当に寿命が来ているのかもしれません。

よく見ると天板の辺りは熱で黄色く変色していたりするので熱による暴走なんかもあるんだろうか?



posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月20日

キューピーのCM

こんばんはくろはげです。

現在オンエアしているキューピーマヨネーズのCMですが・・・


期待している皆様「福山雅治」ネタではございません。


何かと言いますと、パリのビストロでアペタイザーとしてゆで卵+マヨネーズがけが出てくると「雅治」様が仰っています。


ほんとか?







そんな安易なことで良いのか?ビストロ!


では検証してみたいと思いますがスケジュール的(金銭的)にパリまで行ってくることが出来ません。


なんて馬鹿なことを言ってないでリサーチしたいと思いますが


んでググってみたら同じような事を思っている人がいました。



「定番ではありませんがポピュラーではあります。」とのご回答。


ちなみに「ウフ・マヨネーズ」と言うそうです。

こちらにも記事がありました。


フレンチに行ったら頼めるか?


「ウフ・マヨネーズ」




posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

メニエル病と日本戦

こんばんはくろはげです。


今夜はオランダ対日本のサッカーですね。

 22時40分までの中継ですが、うまいことに週末と重なり大規模な暴動並の騒ぎにならないように懸念しています。
 特に渋谷駅付近には機動隊も展開されるようですが騒ぎを起こす群衆も、サッカー中継をあおるマスゴミも神経を疑います。







読売オンラインの記事(抜粋)


道頓堀川ダイブ厳戒、渋谷に機動隊…オランダ戦
 サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で19日に行われる日本―オランダ戦。カメルーン戦で1勝を挙げた日本代表の決勝トーナメント進出に期待がかかる。

 日本各地では、試合を生中継する「パブリックビューイング」の予約が殺到する一方、東京や大阪の繁華街では、過剰な盛り上がりでトラブル発生の恐れもあるとして、警察が警戒を強めている。いざ、決戦の行方は――。

 ◆PVはキャンセル待ちも◆

 三つのスクリーンでオランダ戦を放映する大阪・キタの映画館「梅田ブルク7」(550席)は、予約がほぼ満席に達した。カメルーン戦は約100席が埋まっただけだったが、日本が同国に競り勝った14日以降に申し込みが殺到した。神戸市中央区のスポーツバー「スポルテリア」(130席)も満席で50人以上がキャンセル待ちをしている。

 初戦でゴールを決めた本田圭佑選手の地元・大阪府摂津市では、本田選手の母校・同市立第四中学校体育館で、地元市民らが応援タオル500枚を用意して観戦予定。府警は「初戦の活躍で他地域からファンが殺到するかもしれない」として、警察官を同校に配置して警戒する。

 ◆飛び込みやめて◆

 一方、大阪・ミナミの道頓堀川にかかる戎橋。これまで阪神タイガースの優勝などで盛り上がるたびに数千人が飛び込み、2002年のW杯日韓大会でも2000人がダイブした。

 07年の改修で川幅が狭くなり、飛び込みにくくなったが、カメルーン戦の直後、サッカーファンの1人が飛び込もうとして騒ぎ、呼応した100人以上が集まり缶ビールを投げるなどして混乱した。このため、府警は「オランダ戦ではもっと混乱する」として警備体制を拡充して対応する。

 道頓堀商店会の吉留勇・事務局長は「川に飛び込む行為は選手を勇気づけることにならない。節度ある行動を」と呼びかけている。

 カメルーン戦終了後、若者約300人が爆竹を鳴らすなどして混乱が起きた東京・渋谷でも、警視庁が100人以上の機動隊員を待機させ、不測の事態に備える構えだ。

(2010年6月19日16時10分 読売新聞)








なんか最近群集心理みたいなモノが特に働きやすい環境になっているような気がします。


一部のファンだけでなく視聴率を稼げるマスゴミのせいで騒ぎに乗じたにわかファンまでも騒ぎ出せばある意味、なにかのマインドコントロールに曝されているのかなとか余計なことまで考えてしまいます。


なんて、僕はマスゴミが報道するようなスポーツ・・・・サッカーとか野球やゴルフに全然興味がないのでこの騒ぎは正直迷惑なんですよね。

今夜は窓を閉めてエアコンをかけないと眠れない夜になりそうな予感です。





さて午前中にちょっとした用事があって自動車を運転していました。



用事も済んで某所から自宅へ帰るとき一般道が混んでいそうだったので首都高を使ったのですがその時寄ったパーキングエリアでのこと。


所謂、生理的な欲求を満たすが為の施設へ入り液状のモノが放物線を描きつつ然るべき場所へ落ちているかを目視確認していたときのこと・・・


なにやら視覚には感じない揺れのようなモノを感じました。
なんとなく目眩のようなイヤな感覚です。

もしかしたらメニエル病にでもなってしまったか?なんて思ったのですがそこは高架になったパーキングエリア。

しかも料金所に併設された場所だったので高架全体が自動車の揺れに反応して揺れているようです。

まるで窓のない船の中で揺られているような感覚とでも言いましょうか?

自身の揺れを目視確認しようにも全体が揺れていては自分がマトモなのか異常なのか判断が付きません。

しかし間違いなく物理的に揺れている。


メニエル病じゃなくて良かったと思った瞬間でした。




全然関係ないしつまんない雑学ですがマトモとは・・・


日本の古い時代に帆船を動かすときにもっとも効率の良い風向きが真後ろからの風でした。
つまりマトモとは漢字で書けば真艫(舟の後部=スタン=トモは舟偏に尾と書く)。

つまり順風のこと。

かといってマトモの逆はマオモテ(船首=バウ=舟偏に首)とは言いません。


20年前、水産高校時代のデンジと呼ばれた海技の先生に教わりました。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月18日

こんな日もあったなと。

こんばんはくろはげです。


冒頭の挨拶で「こんばんは」と言うにはあまりにも明るすぎやしないかと思い始めました。




 あと何日かで夏至になるので17時では明るすぎるわけです。
ちなみに今日の日没・・都心では18:59
薄命時=空が明るくなり始める時間は19:29です。

 ご挨拶を「こんばんは」とするのもなんだかしっくりこないわけですが、そもそもそこまで拘って書き込んでいるわけでもなく「どうでもいいかー」と言いつつ放置プレーです。

 欧米にならってサマータイム導入にて更新時間を17時から18時頃に変更する事も考えましたがそもそも17時きっかりに更新することもサーバーの遅延などで出来ているわけでもないようだし意味がないかと。

といって結果的に現状維持です。




 先日デスクトップPCのHDD容量を増やしたので小笠原で撮り貯めたデータの移行をDVDからHDDに行っておりました。
もちろんデータの移行を進める上で写真を閲覧していたわけですが良い時間が流れていたなと。

 すでに思い出の地と化してしまった父島ですが不便な部分もありましたが都会に戻ってみるとかけがえのない時間だったのかな。



もちろん宅配ピザや24時間営業のスーパーなど便利な都会生活ですが自然の中で生きている感じは少なくてそのために海外へ旅行してお茶を濁したり。

 父島での生活は自然と密着とは行かないまでも徒歩数分の所には海岸があってその道中には缶酎ハイの自販機があったり



・・・コレは関係ないか・・・

亀が産卵しに来る所を見られたり。

夕焼けを見ながらビール飲んだり。

酒とはかけ離れられない生活をしていたんだなと。


って・・・・・ちがうちがう。



 すっごい不便だなって思ったこともありました。
思い通りのモノがすぐに手に入らないとか物価が高いなどなど。


 永住するって事も考えたけどあの島にとって僕の存在はビジターだったのかななんて。
 少なくとも毎年仕事で訪れるけどその延長の滞在だったから安定した仕事が無ければ帰ってこなけりゃならないし。




 現地で起業するにしたって新業種でなければちょっとやっかいな事になりそうな雰囲気もあったし。
島の友人との関係もこじらせたくないし。

うーん

いろんな事がありました。



 僕の中で結論付いたのは定住はせず年間のうち何日か・・・何ヶ月か行って仕事が出来ればそれで良いかななんて。

その中で島でお世話になった人たちに恩返しが出来ればそれで良いのかも。



IMGP1688_S.JPG
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

エアマルチプライヤー

こんばんはくろはげです。

暑い日になりました東京です。



6月と言えば梅雨ですが晴れていれば太陽高度が高いのでこれくらいの気温になってしまうんですね。
5月はちょっと肌寒い日が続いたこともあって屋外で仕事をしていたら熱中症になってしまいそうです。




部屋の中にいてもエアコンをかけていないとPCやモニターからの熱気で室内温度計は34度を指しています。


まだ直射日光を浴びていないのでマシなのかもしれませんが風がない分余計に暑く感じます。

そんなときに役立つのが扇風機。


以前使っていた扇風機は父島の友人宅に置いてきたので新たに購入しなくてはなりません。
そこで新宿のヤマダ電機やビックに行ってモノを物色してきたわけですがやはり最近の目玉はダイソンのエアマルチプライヤーでしょうか?


fanLargeFaceOn.jpg



従来型の扇風機に比べおおよそ10倍というプライスは手を出すには躊躇してしまいます。
しかしその話題性、先進性、デザインは物欲の心をがっちりとつかんでしまってます。




僕も実物を見てみたのですが意外に音が大きい。
従来型の扇風機と同じような風量(体感)を出力すると吹き出し口からの音が馬鹿に出来ないと思います。
とくにエアコンを使うには憚れる夜間のベットルームなどこの音量は許せません。



羽根がないだけならそれこそ大枚4枚を払わなくても冷風扇やスクロール式サーキュレーターを買えば音も静かでイニシャルコストも安くすみます。



羽根無し扇風機にあの値段は出せないよな〜。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

ETC利用明細

こんばんはくろはげです。

都内は雨が続いているのでドライスーツの修理をしようと思っても乾燥しづらそうで出来ずじまいです。
明日は天気が回復しそうなのでゴム糊を大いに使って脳がラリったりしないようにしなければ。

そんな天気かと思っていたら午後から晴れ間が覗いたので「じゃあ修理でもすっかな?」なんて思ったけど湿気がすごいのでやっぱり断念。

さてそんな日には請求書を書いたりとそれなりにデスクワークがあるわけで領収書のまとめなどをしていました。

そこで元請けさんに「ETC利用分を利用明細で出力して添付して」と。

なんだそれ?

ETCの利用明細ってクレジットカードの明細書から抜粋するのかと思っていたらそういうサイトがあるのね。

んで利用した自動車のナンバーと使ったカードの番号を入力し必要な日付を入れるとPDFで出てくるからそれをプリントアウトなり添付すればいいわけ。

しかしこれってpdfだからいくらでも発行できちゃう。
まあ、同じモノが何枚あったとしても使っている自動車が一台だしカードだって一枚だからどうすることも出来ないわけど、元請けさんに一枚渡してもう一枚発行して確定申告の時に領収書としたら二重取りになるな・・・なんて。

僕の場合、確定申告はE−taxだから領収書の添付は基本的に必要ないから意味ないわけだけど。

余分にはプリントアウトしなかったけど一応、pdfファイルは財務関連フォルダに保存しておきました。。。。




もちろん、不正な利用じゃなくて覚え書きとしてね。




posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月15日

母島のパッションとM1000

こんばんはくろはげです。

昨日、母島の友人から山のようにパッションが送られてきました。
どうやら6月10日に行われた小笠原パッションフルーツ品評会銀賞を取った比企農場のパッションのようです。



IMGP3334_S.JPG



小笠原で毎年パッションフルーツ品評会が行われていたのもびっくりですがその受賞理由というのも「色・艶の良さ、大きさ・色・形の揃い、出荷箱への収まりの良さ」などが評価されるようです。

ちなみに小笠原ブログにもその模様が出ていました。
6月11日のエントリーです。



さて、母島で思い出しましたが死蔵のモトローラM1000というPDAのような携帯を所有しています。
死蔵というのは母島で使おうと思って中古で手に入れたけどFOMAプラスエリアに対応していなくてその存在自体を葬り去られた携帯です。



P1030257_S.JPG


この携帯、PDAの様なと書きましたがiphoneの様な多彩な機能は持ち合わせていなくても最低限の機能はsimを刺さなくても使えます。

それはブラウジングだったりメールだったり、音楽プレーヤーとしての機能だったり。



去年、ケニヤへ旅行したときにはコレにブルートゥースのキーボードをセットして旅行記を書いたり、ラウンジでブラウジングをする予定でしたがキーボードがいまいち使いづらかったり、ラウンジのwifiが使えなかったりで全く役に立ちませんでした。


そんな思いをするのならいっそのこと1kgのPCを持ち出せば良かったとか思ったわけですが、結果的にホテルでネットが使えるわけでもなく現地でリサーチする必要も無かったわけでガジェット類すべて必要も無いのでは?なんて思ったり。


しかしあと10日に迫ったサイパン旅行で復活させてみようかなんて思ったりしたわけです。


空港のセキュリティーチェックでいちいちカバンからPCを出して検査されたりするのも面倒だし、現地のホテルではwifiがロビー周辺でしか使えないという事でpcをもってフロント周辺をウロウロするのはスマートではないと。


ならばいっそのこと今の段階でwifiの設定やその他デバックなどをしておいて現地ですぐに活用できる体制を取っておけば良いのではないか?なんて思って早速充電したわけですよ。


しかし時間がかかる。


死蔵というわけで電源すら入らない状態まで放電したリチウムイオン電池を充電器にかけること5時間。

電源入りっぱなしになっているんじゃ無かろうかと思ったくらいに遅い充電ですが裏蓋を開けて電池容量をみてみたら1600mA。

P1030255_S.JPG


そりゃ時間がかかるわな。

もちろん以前設定したデータなども残っているわけですが消えているデータなんかもあって再設定に2時間。


やっと使えるようになって家の無線LANに接続してデバッグを行った訳ですがこれで現地で使えなかったら・・・・・・



怒るでしかし!(横山やすし風)



posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月14日

工場夜景と飛行機

こんばんはくろはげです。

昨日の夕方より羽田と川崎に写真を撮りに行ってました。

まずは羽田の整備工場。

大きな建て屋のなかに767が格納されてエンジンナセルを解放してライン整備?かな。

IMGP3323_S.JPG

場所はずばりココ。



大きな地図で見る

そして多摩川を渡り川崎臨海工業地帯へ。

ちなみに空港中央から首都高に乗って浮島で降りれば高速料金100円なり。

煙突から炎をあげています。


IMGP3327_S.JPG


プラントの光も綺麗です。

IMGP3333_S.JPG


もうちょっと綺麗に取れたらな・・・。

やっぱ手持ちじゃきついか。

自動車などがないと行きづらいですが・・・。



大きな地図で見る
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | ペンタックスK200D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

楽器と音痴と僕

こんばんはくろはげです。

ハワイや小笠原に行ったりしているとウクレレを習ったり演奏している人によく会います。
もちろん上手な方もいればそれなりの方もいるわけですが、上手な方の演奏を聴いていると何かインスピレーションを刺激されたりします。

そこで新宿の楽器屋へ出向きウクレレを購入しようかと見て回るわけですが最低でも3000円くらいから。

微妙な値付けであります。

ちなみに同じモノをアマゾンで検索すると2000円程度で売られていて送料もかからないのならアマゾンで購入した方が幸せになれそうです。


ウクレレを習っている友人に聞いたところ、そんな安物を買っても「すぐに飽きるだけだよ」とうれしいことを言ってくれるわけですが、要は高いモノを買えば上達したときに買い換える必要もないしイニシャルコストがかかっているんだからディスプレーになることもないだろうと。

一理あるなと思った次第。



もちろんげーじゅつを奏でるモノですからそのお値段は青天井。
そりゃ買えないこともないですが・・・。

悩むところです。



しかし僕の音楽センスは正直なところアバンギャルドなセンスと言っても良いでしょう。
言い方を変えればセンスがないのかもしれません。
いやいや時代が付いてこないだけかも・・・。

たしか中学校の音楽の先生は僕の事を過小評価していて通知表には他人に決して見せられない数字が毎回並んでいたような記憶もあります。

・・・なので


嫁から勘当される日が早くなるだけという噂も。


そんなウクレレを物色している横で嫁は冷たい視線を僕に投げかけるのでした。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

洗車をすると雨

こんばんはくろはげです。

土曜日な今日は洗車をしてみました。
かれこれ1週間以上海辺に止めてあった車には塩がこびりついていて早く洗ってあげないと錆びそうな予感です。

んで昨日無事に終わった川崎のオペレーションで使った機材などを持ち帰ってきたわけでコレも倉庫へ収納したりメンテナンスをしなけりゃならないので自宅駐車場へ入庫して荷下ろし。

そのついでに水道で洗車をしてしまおうと言う魂胆なんですが朝の予報を見ていたら月曜日から雨と。

まあ、塩だけでも落としたいからと自分に言い聞かせたりするわけですが洗車をすると一両日中に降雨にあう確率というのは結構高そうです。

天気予報を毎日チェックしているわけですから近々雨が降ることも予想できるわけで・・・ならば洗車をする日程を別日で設定しても良いような物ですがこの日は忙しいとか。。。この日は車に乗らないとか・・・。

結果的に塩がこびり付いているから早めに落としたいが、そのうち雨が降るだろうなんて予想をしてみたモノの、実際には雨が降らなかったり。

そんなときには洗車機に入れてしまいたいのですが近所にある洗車専門店に持って行くと機械洗車1000円とか・・・。

この辺の物価が高いのは認識していますがちょっと郊外に行けば水洗い洗車100円キャンペーンとかやっていることもあるし、普通に水洗い洗車をしても300円程度で出来ることを考えればおいそれと1000円を出して洗車する気にもなれません。


さていつぞや「マーフィーの法則」なんて本が流行りましたがこの本の中にもあったような項目・・・



21世紀版 マーフィーの法則



「洗車をすると雨が降る」



じゃなくて



「雨が降るから洗車をする」と。


わざわざ雨の日を選んでいるわけでもないのにね。


といいつつ東京は月曜日からしばらく雨模様のようです。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。