2010年04月30日

外部ストロボとPT−045の相性

こんばんはくろはげです。

更に続く連日のオリンパスμ tough-8000ネタだけど許せ。

さて今夜は外部ストロボとμ TOUGH−8000の相性です。

通常仕事で使うリグはこんな感じ。

P1030225-t.JPG

メインのストロボはSEA&SEAのYS−110でサブがエポックワールドのES−230DS
接続はYS−110へは光ファイバーでES−230DSはYSからのスレーブにて対応しています。

これがフルリグなので実際には2灯を1灯にしたりストロボ無しになったりします。

ひとまず一灯炊き。

P4280372_S.JPG

右側の若干右側が暗く感じます。

YS−110からのスレーブ発光でES−230DSをスレーブ発光させて2灯炊きにしてみると

P4280374_S.JPG

ちょっとオーバー気味です。

元々ES−230DSはオートストロボなのですがオートだと発光しすぎるので、現場ではマニュアル発光させています。



ちなみに内蔵ストロボだけ発光させてみました。

P4280375_S.JPG

案の定、ワイコンに邪魔されてぜんぜん発光しているように見えません。

PT−045が秀作だなと思ったのはこの遮光板。

P1030226_S.JPG

いままで外部ストロボを利用するときにはハウジングの部分に遮光シールなど貼った上で光ケーブルを取り付けていましたが純正でこのようなアダプターが付いてくるのはありがたいですね。

P1030227_S.JPG

この写真で差し込んでいる光ケーブルはSEA&SEA製ですがイノンの光ケーブルも刺せるのかな?
いずれにせよ細かい部分だけど変わってきたモンだな・・・と。


そういえばこのYS−110ですが電池の容量が減ってくるとミス発光するようになるようです。
それも全然光らなくなってしまうとか光量不足になるわけじゃなく、常にフル発光(笑)。

まさに失笑モノですがなぜこういう事になるのか訳も分からず水中で困ったと悩みに悩んだ事がありました。


とりあえずμ TOUGH−8000ネタは終了ですが何かあれば追記していきたいと思います。


posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月29日

クローズアップレンズとPT−045の相性

こんばんはくろはげです。

連日のオリンパスμ tough-8000ネタだけど許せ。

昨日に引き続き今回はクローズアップレンズたちとの相性です。

手持ちのクローズアップレンズはイノン製UCL−165とエポックワールド製DML−2が2枚です。

P1030224-t.JPG

早速リサーチです。


まずUCL−165を取り付けてみました。

UCL-165t_S.JPG

普通に使えそうです。

ついでに内蔵ストロボを発光してみました。

UCL-165_S.JPG

レンズにブロックされて左側が暗いです。


次にDML−2ですが・・・

DML-2_S.JPG

えらくケラレました。

んでレンズを望遠側にシフトさせて

DML-2T_S.JPG

コレなら実用出来ますね。

さらにリサーチしてみます。

DML−2+PT−045で最大望遠にしてピントが合う実距離は約7cm

DML-2最大望遠_S.JPG

UCL−165+PT−045で最大望遠にしてみたら撮影距離約11cm

UCL-165最大望遠_S.JPG

UCL−165+DML−2を取り付けケラレが消えるまで望遠にシフトさせピントが合う距離は3cm

UCL-165+DML-2_S.JPG

実際にダイビングでこの距離まで寄れる物体と言えばウミウシとかイソギンチャク位なので僕にはあまり関係ないわけですが・・・。
そしてオートフォーカスもどの程度効くかどうか未知数です。


マクロに関してはあまり僕の興味が沸かないのでこの辺で・・・。

明日はストロボとの相性です。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

PTWC−01とPT−045の相性

こんばんはくろはげです。

昨日に引き続きオリンパスμ tough-8000のインプレのようなモノです。

今回は水中撮影の時に重要なハウジングとワイドコンバージョンレンズ(以下ワイコン)との相性をリサーチしてみました。

ハウジングの外観は純正にしては珍しくブラックボディーで中々精悍なスタイルです。
全面ガラスには光学的なコーティングがしてあると書いてありましたが実際の効果はどうなんでしょう?
PT-045.JPG


さてハウジングを開いてみて気がついたのはOリングの取り付け位置が従来の位置から変更になっていたことです。
従来の位置はバックルで圧着するだけのシンプルなモノでしたが水中に持って行くとアクリル製故に剛性が無くぶつけたりする衝撃で水没する可能性のある危ういモノでした。

従来型のOリング取り付け位置(例PT−022)
PT-022.JPG



それがいつの間にかニコノスなどに代表される水中カメラでは当たり前になっているタイプになっていました。

PT-045-t.JPG

この手法は恐らくコスト高になるモノのハウジングの剛性が無くとも少々の事では水漏れを起こさない確実な構造であることは確かで、ユーザーとしても安心できます。

さてこのハウジングにオリンパス推奨の純正ワイコンPTWC−01を装着します。

P1030216_s.JPG

横にあるワイコンはUN製PWC−01なんですがボリュームは2回りくらい大きく重さもPWC−01(670g)に比べ増えています(PTWC-01は1000g)。

P1030215_s.JPG

実際に潜って比較する機会がないので机の上で試写してみました。

まずPTWC-01とPT-045のセット

PTWC-01 for PT-045_s.JPG

若干ケラレます。

比較対象としてPWC-01+PT-045

PWC-01 for PT-045_s.JPG


ケラレる範囲は大きくなったモノの意外に使えそうな印象です。

さらに比較してみたのはイノン製UWL-100ドームレンズユニットを取り付けたモノ+PT-045

UWL-100+D for PT-045_s.JPG

四隅がばっちりケラレました。さらにドームレンズユニットのフードが写っちゃってますね。
なのでドームレンズユニットを付けなければ使える範囲になるのかと思ってUWL-100だけを付けようと思ったら手持ちのスペア用UWL-100は取り付けネジがタイプ2なので付けられませんでした。

さらに実験。

手持ちのフィッシュアイ製FIX 4040にオリンパスC−4100(広角32mm)をセットして比較してみました。

まずはPTWC−01+Fix

PTWC-01 for FIX_s.JPG


さすがケラレません。

PWC−01+Fix

PWC-01 for FIX_s.JPG

これもケラレません。

真打ちでいつも使っているリグUWL−100+ドームレンズユニット+Fix

UWL-100+D for FIX_s.JPG

上部の左右がケラレています。こんなんだったけな?


そして各ワイコンを並べた写真です。

P1030220_s.JPG
P1030219_s.JPG

左からUWL−100+ドームレンズユニット
UWL−100
PTWC−01
PWC−01となります。

んでこれからどういうロードマップを展開していこうか悩んでいるんですがイノンの28ADシリーズを購入しようかと思っていて・・・。
というのもねじ込み式のワイコンっていちいち空気を抜くために水中で脱着をしなくてはならないのが手間です。
特にイルカを追いかけているときは素早く入水して一々ネジを外して水を入れて・・・なんて。
そのうち手から落失して海の藻屑になってしまうんでないかといつも冷や冷やしているんですね。

それを考えるとバヨネット方式のワイコンは非常に便利だなと思った次第。
ダイビングだったらそんなに急いで水を入れたりしなくても良いし、落失しても拾いに行けばいいし。


明日はクローズアップレンズとの相性をリサーチしてみます。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

オリンパスμTough−8000インプレ?

こんばんはくろはげです。

仕事用のカメラでオリンパスのμtough-8000を手に入れたのはご承知の通りですが使っていて気になることが出てきたので書き記したいと思います。

P1030214_s.JPG

不満な点

1,内蔵ストロボの発光範囲がやたらに狭く感じます。

P4200324_s.JPG

ストロボの取り付け位置が悪いのかレンズの画角に対して狭い範囲しか照射されません。
最近のコンデジってこんな詰めの甘い作りなの?

2,手ぶれ補正が搭載されているのか疑問に思う手ぶれ補正

P4200315_s.JPG

この写真はストロボを発光させない状態で室内撮りした写真ですがあまりにも手ぶれがひどいのでびっくりした写真です。

僕の手がアル中の如く震えているなら致し方ないにせよ、しっかり構えてコレですからひどいです。

3,筐体が小さいので持ち辛い。

小さい割に重く感じるのも気になります。
しかしコレばかりは仕方ないですね。

4,無駄に多い画素数

実際に見てみても1200万画素なの?という感じです。
メモリに対する記録速度との兼ね合いで500万画素が快適だし画質も同程度かと思います。

満足な点

1,広角28mmから始まるレンズはやっぱり便利
2,少々荒っぽく使っても大丈夫だと思う衝撃性能
3,マイクロSDが使えるアダプター付属(結構重要)
4,ハイビジョンでは無いけどソコソコきれいな動画
5,何かと安心なレンズカバー(対抗機種のパナFTシリーズはむき出し)
6,そこそこ高寿命なバッテリ。

オリンパスがXDカードを捨て始めてSDに移行するのか?と思わせるアダプターは革新的です。
流通量が多くビット単価の安いSDひとり勝ちって感じなんですが。

それとちょっと気になるのはハウジング装着時のワイコン。
広角28mmから始まるレンズですがこれが結構くせ者。

今まで持っていたイノンのUWL−100やEPOQUEのDCL−20などは完全にケラレます。

なのでイノンはUWL−100 28ADの使用を推奨してますしオリンパスの純正ハウジングもUWのPWC−01ではなくPTWC−01を推奨しています。

この辺はまた明日・・・。
posted by くろはげ at 17:38| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月26日

小笠原タートロンのニュース映像

こんにちはくろはげです。

昨夜はひどく酔っぱらっていて、どうやって帰宅したのかさえもコンタクトレンズを外し歯を磨いたことも覚えていない状態でした。

そんな言い訳も通用するとは思えませんが昨夜のブログ更新は出来ずじまいでお休みしてしまいました。



昨日行われた小笠原諸島父島のタートロンをNHKニュースで放映していたのでYOUTUBEにアップしました。

著作権云々で削除されてしまうかもしれないのでお早めの閲覧が吉です。


しかしノンビリしていますなあ。
posted by くろはげ at 15:18| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月24日

DoCoMo解約します

私事で申し訳ありませんが母島用としていたDoCoMoの携帯電話を解約します。

つきましてはドコモ宛に送っていただいた電話とメールアドレスは廃止となりますのでご了承ください。

なおauの携帯はそのまま継続しておりますのでご用のある方はこちらへおくってください。

auのアドレスはDoCoMoのアドレスと同じで@ezweb.ne.jpとなります。
posted by くろはげ at 19:37| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

K200Dファームアップ

こんばんはくろはげです。

我が家に2台あるペンタックスのデジ一眼「K200D」ですが最近ファームアップされたと知って早速実行してみました。

ペンタックスのサポートページにファームアップの方法が出ています。

方法はいくつかあってペンタックスのサービスセンターに持ち込むなり郵送してやってもらう方法か自身でダウンロードして実行する方法があります。

とりあえず自分でやってみたいのでファームウエアをダウンロード(7.1MB)。

解凍したファームの「FWDC184B」をSDカードにD&D。

カメラにSDを挿入してメニューボタンを押しながら電源を投入すればアップデートするか聞いてきますので「YES」を押下。

電池の容量が減っていなければ自動的にアップデートしてくれて約2分半待ちます。

アップデート中は絶対に電源を落としてはいけない事を守ればコンプリートの表示が出て完了となります。

実際にファームを最新のモノに変えてみましたが画像などの変更はよくわかりませんでした。

ペンタックスからアナウンスされているファームの変更内容は一部のSDHCカードで不安定になる動作を改善と書いてあったのでそれ以外では特に変更がないのかもしれません。

しかしこのファームの変更は絶大な効果を発揮していて我が家にあるA−DATA製8GBのSDHCはPC側なら読み書きが出来るモノのK200Dだと読み出しも書き込みも出来ない代物でした。

購入してから不都合が見つかったわけですが相性保証などないお店で格安購入したので返品できるはずもなくデスクの肥やしとなっておりました。

しかしファームアップ後に挿入してみると・・・


ちゃんと読み書きできるではありませんか!


さすがと言うべきなのか今更と言うべきなのかはわかりませんが肥やしにしかならなかったSDHCが使えるようになったというのは資源(資産)有効活用には違いありません。


カカクコムなどの掲示板には今までファームアップをしなかったのは完成度が高かったからというコメントもありますがどうなんでしょうか?

この程度かどうかはわかりませんがファームアップを放置していたのはペンタックスの怠慢?だと思うのは僕だけではないはず。

何もないよりは良いですが・・・まあいいか。

でも・・・
おじさん的にはもうちょっとペンタックスさんにK200Dを構って欲しかった・・・(グスン





posted by くろはげ at 19:10| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ペンタックスK200D | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

コンラッド東京

こんばんはくろはげです。

先日、島から帰ってきてそのまま汐留にあるコンラッド東京に宿泊しました。

ヒルトンの上位グレードでもあるこのホテルですがお金さえ払えば僕らのような人間も変にあしらわれることなく宿泊できます。

ひとまず通された部屋は竹芝やレインボーブリッジが望める部屋でした。

P4200317_s.JPG
とはいえ夜の帳が迫っていました。

P4200318_s.JPG
窓側からバスルームを撮ってみたところ。

バスルームからは
P4200313_s.JPG
これではベットルームから丸見えですがベットルームを仕切っている窓に電動のブラインドが備わっています。

コンラッドのアヒルちゃんも標準装備。
P4200309_s.JPG
彼が一番風呂でした。

シャワーブースには蜂の巣のようなモノがぶら下がっています。
P4200320_s.JPG
レインシャワーです。滝に打たれているようです。

夕食に出ている間にターンダウンサービスをお願いしていたら
P4200321_s.JPG
ベットに仲良くコンラッドベアーが鎮座していました。

翌朝はブランチをルームサービス(1人@¥4,500!)でお願いしました。
P4210339_s.JPG
このほかにフルーツプレートも別のテーブルに載っています。すごいボリュームです。


夜景はインターコンチネンタル東京ベイよりもきれいに見えます。
特にお台場の風景はインターコンよりも近く感じるのは何ででしょう?

お部屋に案内してくれたガイジンのベルボーイさんはアルゼンチンの方だそうでヒルトン新宿とは大違いだなとか、翌朝のブランチを運んできてくれたヒトもインド人でなんだか不思議な感じです。

従業員の全員がガイジンと言うこともありませんがその比率はヒルトン新宿や
成田のヒルトンに比べ多いという印象です。

さて総評ですがカジュアルな服装で行ったんですがやっぱり肩肘を張ってしまいますね。
ある程度フォーマルな服装でそれなりの身のこなしが出来ないと疲れてしまいます。
その代わりお部屋ではゆっくりくつろげます。
装備としてはDVDプレーヤーやCS放送を含めた映像も見ることが出来ます。
ただ、このホテルやインターコンに泊まるとついついディスカバリーチャンネルを見入ってしまうのは直さなくてはならない癖なのかもしれません。

またこのホテルに泊まってみたいけど・・・

次回はちゃんとした服を着ていきたいと思います。
posted by くろはげ at 17:59| ホノルル ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

寒いのを実感

こんばんはくろはげです。

さて都内は朝から雨が降り続いております。
このためか今日届くはずの仕事機材が遅れて明日配達されるという連絡を運送会社さんの方から頂きました。

明日はその荷物と格闘しつつ今日行くことの出来なかったパスポート申請に行かなくては。



連休の予定はまだ立たないモノの連休後の予定は着々と立ってきました。

ひとまず連休明けに6日間お休みが取れたのでサーフィンにでも行こうかと思いつつツアー検索なぞしている状況で、その後はガッツリと稼ぎに川崎へ6月上旬まで通う予定です。

その後の予定についてまだ元請けさんからのアナウンスはありませんが恐らく都内某都市河川での作業となるのか?

そんな仕事もお盆前後に終わってしまうけど、その後は年内いっぱい東京港にてウロウロすることになりそうです。

また、来年のことを書くと鬼が笑いそうですが年明けからまた父島へ返り咲きとなる予定です。

posted by くろはげ at 17:50| ホノルル ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月21日

島から帰ってきて。

こんばんはくろはげです。

昨日、東京に戻ってきたのはご承知の通りです。

んで昨夜は汐留のコンラッドに宿泊しルームサービスの朝食を食べてからチェックアウトしてきました。

島から帰ってきたらすぐに都内のシティホテルに宿泊するのが定番化しておりますがやはりココは都会の泥にまみれる前にクッションとなる時間を作っておかないと適応できそうにありません。

といいつつ、午後はお台場へ行ってウインドウショッピングとビール+ハンバーガーの昼食をとり、夕方新宿へ移動。

なぜか新宿のカラオケボックスで2時間半ほど歌いまくってやっと帰宅しました。

まだまだ、島から帰ってきた片付けも済んでいないし、明日の午後からは島から発送した荷物が届く手筈となっております。

その前に明日の午前中は都庁へパスポートの申請に行ったりしなくてはならないのでなかなか暇になる時間は作れそうにありません。

さて寒暖の差に気をつけて風邪を引かないようにしなくては。。。
posted by くろはげ at 21:22| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

クマ

image/2010-04-20T19:48:341うわさのコンラッドベアーがベッドで仲良く鎮座してました。
posted by くろはげ at 19:50| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今夜の旅籠

image/2010-04-20T18:07:531今夜は汐留に泊まります。
posted by くろはげ at 18:09| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

出港です。

こんばんはくろはげです。

2泊3日の楽しかった父島滞在も終わり今日出港のおがさわら丸にて内地へ向けて帰ってます。

午前中に原チャリを借りて島をひとまわりしてきました。

最初は山パンに行って朝食を漁り、ウエザーへ上がって井戸端会議。

昨日の時化が嘘のように凪いでいて気持ちの良い風景が眼前に見えてます。

IMGP2841_s.JPG

そして製氷海岸。
IMGP2848_s.JPG

コペペ海岸

IMGP2857_s.JPG

何一つ変わらないように見える世界が広がってました。


明日は俗世間の都会に到着です。

ジャンクフード喰いまくるぞ!
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

パパヤケータツアー

こんばんはくろはげです。

昨夜の飲み会は終わることを知らず日付が変わる前にお開きとなりました。
その後も、僕ひとり飲みに出てしまって帰ってきたのは午前様。

んで翌朝早くに目が覚めてしまった物だからなんだか寝不足の頭と言い様のない重たい体を引きずるようにしてパパヤさんのケータツアーに参加しました。

8時前に出港したモノの海は時化ていて弟島まで行ったところで引き返すことに。
このまま帰って返金してもらうヒトも居る中、せっかくだからとそのまま父島周りのツアーに参加しました。。


状況というと、、、
決して恵まれた天候でもなく風も強いし時化てます。

それでも一頭のイルカを発見し撮影開始。

P4180292-T_s.jpg


とりあえず何カットかシャッターを切りましたが写真の出来映えはイマイチを通り越してイマ五ぐらいな出来映え。

それほど絡んでくれるイルカでもなかったのでココを後にして天の浦まで行きましたがハシナガを見ながら昼食。

すっかりやる気を無くしふて寝などして午後を過ごし鯨など見つつなんだか収穫のない一日ツアーでした。

とはいえ自然相手ですから仕方ないこと。

また来年来たときにでもとびきりの写真が1カットでも撮れるように精進しときます。
posted by くろはげ at 17:53| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 父島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

母島出港父島入港

IMGP2715_s.jpgこんばんはくろはげです。

雨の母島を出港して午後に父島へ到着しました。

やはり父島は都会だなあと思うことが色々ありまして、まず人が多い。

買い物をしていてもひっきりなしに人は来るしその中には知った顔も何人かいて挨拶をしていると日が暮れてしまいそうです。

さて今夜から本格的な酒宴が始まります。

明日はパパヤさんの船に乗ってケータへ行くつもりでいますが果たして起きられるのか?
それがいま一番の心配事だったりします。
posted by くろはげ at 17:27| ホノルル ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

いよいよ離島

こんばんはくろはげです。

去年から続いた母島赴任も今夜がラストナイトとなりました。

明日出港のははじま丸で父島に渡ります。

来年と翌々年は父島の仕事が決まっているので次に母島へ来るとしたら3年後となる予定です。

それを考えるともうちょい感傷に浸るラストナイトとなりそうですがイマイチ実感がわきません。

どちらかというと内地に帰って早く休暇を取りたいと思ったりするわけですが、内地に帰ったら帰ったでまた小笠原の事を思い出して帰りたくなったり。

正直なところ、どちらが自宅なのかよく分からなくなったりしていますが嫁に言わせれば島に帰ってきた時の合言葉『おかえりなさい』が気に障るようで、『あんたの帰るところは島じゃないんだよ』等と罵られたりします。

しかし此処も心の拠り所だし受け入れてくれる人も居るわけで満更、居場所が無いわけじゃないのが悩みの種だったりします。

さて明日の夜は酒宴が待っています。
父島に居るひとは是非とも呑みましょう。
posted by くろはげ at 18:24| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

ナメクジ?かたつむり?

IMGP2628_s_000.jpgこんばんはくろはげです。

あつい日が続く母島です。

こんな日はビールを飲みながら屋上でくろはげがくろはげである為の体作り…所謂日焼けなどしておりました。

もちろん仕事もしておりましたが昼前には終わってしまったのでこういった事をしていたわけです。

しかしビキニの海パンを履いて屋上でビールを飲んでいる生活というのは何年ぶりなんだろうか?

記憶を辿ると何年か前のオアフ島でヒト月休暇を取っていた時か…。

んで冒頭の写真と本日のお題ですが見ての通りかたつむりです。

しかし普通のかたつむりには殻が備わっていますがこの子達にはありません。

かたつむりを襲う天敵が居ないために身を隠すための殻を捨ててしまった母島のかたつむりです。

もちろん殻を持つかたつむりも母島には居ますが海洋島で独自の進化を遂げた生物という事で不思議な感じです。


町中では見たことはありませんが山に分け入って運が良ければ見られるでしょう。

殻の無いかたつむりはナメクジ?
いえいえかたつむりです。
ちなみに名前はテンスジオカモノアラガイと言うそうです。
posted by くろはげ at 17:43| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月14日

幾重にも飛行機雲

IMGP2692_s.jpgこんばんはくろはげです。

先日、島の中学生が修学旅行へ内地に行きました。

奈良や京都と言った定番コースの他に職業体験も含まれているようです。

それは上野動物園でアカガシラカラスバトの飼育手伝いや台場のマックでスタッフと一緒に働くそうです。

なんか島らしく思ったり、最近の修学旅行っていろんな事をするもんだと感心したりしました。

そして翌日は東京ディズニーランドで遊ぶそうでこれも心に残るんだろうな。

しかし修学旅行の負担金は補助を差し引いても10万円を越えるそうで親御さんにとっても一大イベントですね。

さて今日の母島は相も変わらず蒸し暑くて乳房山も雲がかかっていました。

夕方、鮫が崎に行ってみると空には幾重にも飛行機雲が残っていました。

航路の関係かどの機体も北進していきましたがグアムやサイパン線以外にもオセアニア路線もこの航路を使っているのでしょうか?
posted by くろはげ at 19:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月13日

GoogleIMEからATOKへ

こんばんはくろはげです。

今日から雑用仕事しかなくなったくろはげです。

関東も気温が上がったようですがここ母島も熱中症になるほどの夏日でした。


さてGoogleIMEを使いはじめてしばらく経ちましたがお馬鹿な変換はさほど目立ちませんが使い勝手はイマイチです。

顕著なのは立ち上がりで漢字ボタンを押してから2拍くらい間があってひらがな入力が可能になるタイミングです。

どうもこの動作が気持ち悪く早く元のATOKに戻したくてしょうがありませんでした。


それでもMS-IMEよりはまだマシなのですが。

んでネットを見ていたらATOK2008が格安で出ていたのですかさずゲット。

早速インストールしました。
以前使っていたATOK16よりは重く感じますが入力環境は快適になりました。

まだ長文を書いたりはしていませんがこの使い勝手はやはり日本語入力の老舗という事でしょうか?
posted by くろはげ at 17:07| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

今日は色々ありました

こんばんはくろはげです。


今日の母島は風もなく穏やかな日でしたが殺人的な気温と湿度で熱中症にかからなかったのが不思議な感じです。

さて今日出港のははじま丸で仕事仲間が内地に帰りました。

ついでに島の中学生も修学旅行へ旅立っていきました。

観光客はさほど目立たない様子ですが閑散期なんでしょうか?

そして僕の仕事も今日ですべてがコンプリートしました。

残るは雑用がほんの10分ほど。

なので明日は乳房山にでも登ってこようと思います。


そして17日からの父島滞在ですが早速、宿の予約を終えました。

電話の向こうから聞こえる声は久しぶりに聞く友人の声でその声を聴いただけでテンションが上がりまくりです。



さて 今夜も島の友人主催で送迎会が予定されてます。
明日は乳房山に上がるのでソコソコで引き揚げなくては。
posted by くろはげ at 18:40| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 母島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。