2009年06月30日

長野2往復

日曜日、上信越道の長野インター近所に住む農家を営む年の離れた友人の家に行ってきました。

目当ては最盛期のアンズつみ取り。
IMGP6760.JPG

東京では生のアンズはあまり馴染みが無いけどジャムだとか杏仁豆腐、アンズ棒などの加工品なら容易にお目にかかれます。

IMGP6762.JPG
生のアンズは淡泊な味わいで種と身離れも良くソルダムとかプラムに近いので食べやすいです。
収穫してから大体一週間ぐらいで痛み始めるので、そうしたらジャムに加工したりアンズ酒として漬けてしまうのもアリです。


今回は段ボールに2箱ほど収穫して全部もらってきましたが生食はこのうち半分。
残りは近所に配るのと加工用と化ける予定です。

また、ジャムにする分の種も保管しておいて、暇なときにコレを割って中にいる白い核のような部分を杏仁豆腐の風味付けに使います。

そして翌日月曜日、日帰り出張です。

しかも友人宅から500m程のトコロです。
昨日来た道をまた走り、帰りも同じような道中を見つつ帰ってきたわけですが毎日往復500kmの通勤?は結構堪えますね。

今日からまた都内某河川に潜伏です。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

ちょこっとサイパンダイブ

7月4日からちょこっとサイパンに行こうかと検討中。

現在オペレーションをしているエージェントからの回答待ちですが成田夜発NWで機内泊。
到着日の朝から2ビーチ&翌日2ビーチで翌朝というか午前2時頃ホテルピックアップ。
機内泊して同日朝成田着の3泊4日(実質2泊3日ぐらいの感覚か?)。

まあ所謂強行軍ですが値段に引かれるのとスリランカから帰ってきて何か物足りない印象があるからサイパンのビーチにでも潜りに行きたいなと思っている所存です。

ちょっと昔、NWで成田発名古屋経由のサイパン行きという安いツアーもあった。
これもナイトランでサイパン着が3時とか4時くらいだったような。

この航空券が安くてM.O.Cがまだガラパンにあった頃、現地で知り合ったヒトがMOCの上に寝泊まりして通っていたな。

あのころのMOCってスタッフのみんながアグレッシブで体育会系のノリ。
ゲストも安く潜らしてもらっている代わりにタンク運びからツアーのケツ持ち(殿)とかなにやらやって、みんな元気だったしひとり旅のヒトも多かったから僕がひとりで行っても一緒にご飯食べたりして楽しい思い出です。

今で言うなら父島あたりに遊び行く感覚に似ているのかな。

そんなノリのダイビングサービスって最近巡り会わないけどそんな潜り方をまたしたいな。




追記・・・


エージェントから遅くに連絡があって満席と・・・。

トホホな結果となり結果として別日を提案されたわけですが、その日程だと仕事が重なってしまいどうにもなりませんでした。

さてこの鬱憤をどこで晴らせばいいか?
お盆までは仕事でストレス発散→お盆明けのまとまった休みで更に発散か・・・。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

緑のJAL尾

先日、何気なく羽田アプローチ34の下で船に乗っていたときの事ふと飛行機を見上げるといつもは尾翼が赤いはずのJAL機が緑に変わっていました。

何かの見間違いかと思っていましたが城南島の近所で船から再度見かけたらやっぱり緑。
帰ってきてからJALのページを検索してみるとこんなのがありました。

JAL「空のエコ」宣言!strong>

第08008号

JALはこれまで公共交通機関の使命を果たしつつ、地球環境を守る取組みを実施してまいりましたが、昨今の地球環境を取り巻く状況の変化に鑑みて、今般、地球環境に対する企業の社会的責任を再認識しこの取組みを強化していくことといたしました。

地球と共生し、次世代に豊かな環境を残すことを目指してJALの地球環境プロジェクト「空のエコ」を今後さらに推進していまいります。




JAL「空のエコ」プロジェクト



【環境社会活動の推進】

JALのネットワークを活用し、JALだからできる環境社会活動をさらに進めてまいります。

・高度1万メートルの大気を採取し、気候変動のメカニズム解明をサポート。

(1993年より開始。 大気観測器を共同開発し、現在5機の航空機で実施中)

・シベリア、アラスカ、インドネシアの世界最大級のCO2吸収源である森林を上空から観測、森林火災の情報提供。(2007年度発見件数 172件)。

・次世代を担う子供たちへ環境意識の向上を目的とした運航乗務員による出前講座「そらいく」を開催。(2007年度 13回実施)。

・中国内蒙古の沙漠化防止のための緑化技術を研究しグリーンベルトを設定する活動団体への支援。




【航空機から排出される二酸化炭素量の削減】

JALの航空機が排出する二酸化炭素量を、2010年度までに1990年対比で有効トンキロ輸送量あたり20%削減いたします。

・機材更新による燃費効率の向上。

・適正高度の選択や新着陸方式(テイラード アライバル)など、地球環境に配慮した運航の実施。

・航空機エンジン水洗いによる燃料効率の改善。

・軽量機内食器や軽量貨物コンテナーなど、航空機軽量化による燃料使用量の削減。




【JALエコジェットの運航】 2008年6月より就航予定!

JALの地球環境へむけた取組みの象徴として尾翼を緑に塗装した「JALエコジェット(JAL Eco Jet)」 を1機運航し、JALエコジェットを通じて社会の皆さまへ地球環境の大切さを呼びかけてまいります。

JALエコジェット概要:

ボーイング社製 777-200型機 (375人乗り) 1機

尾翼大きさ 高さ10m 幅 8.5m

「空のエコ」紙飛行機 大きさ :長さ(幅)7m、高さ2m  


そういう事です。
今時、エコをアピールしないと二酸化炭素などをまき散らすちっともエコでない飛行機も人気が無くなってしまうわけです。

青い尾っぽの会社と赤い尾っぽの会社のどちらを使うと聞かれたら「やっぱエコのJALだろ」とか言い切れるわけです。

保有機材云々を別にして同じだと思うんすけどねぇ〜。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

トルコのバス事故、エイチ・アイ・エスに1億円余請求提訴

一昨日こーんなニュースがありました。

海外旅行事故でHISを提訴
2009年6月25日(木)17時8分配信 共同通信

 トルコで2006年、ツアー客の邦人1人が死亡し20人以上の負傷者が出たバス事故で、負傷した20〜70代の男女8人が25日、ツアーを企画した大手旅行会社エイチ・アイ・エス(HIS、東京)に対し、安全確保義務を怠ったとして約1億2200万円の損害賠償を求め東京地裁に提訴した。8人はツアーに参加していた同年10月17日夜、トルコ・コンヤ市内をバスで移動中、横転事故に遭った。



つまり海外旅行中、パックツアーで事故があった場合怪我や死亡に対する補償は一切ありませんからその補填をエージェントで負担してくださいという裁判。

もうアホかと・・・。

そのための旅行保険な訳だし、そういう付帯が付いていないから安いツアーを催行できるわけで、国内最安の大手エージェントとも言えるHISを使いながら怪我や死亡したら自身の保険を使わずに(若しくは保険未加入)補填しろと言うのはあまりにも筋違いだと思う。

そのための海外旅行保険であるし安いツアーにはそういったものが付いていないから安いプライスタグが付けられるわけで。

この裁判で保険までツアーに組み込まれたら燃油サ−チャージのようにプライスタグに転嫁されるのは誰だって本意ではないはず。

それを推し進めようとしているのか?それとも自分たちだけ特別に補填してくれとゴネているだけなのか?
怪我の程度が酷いからというのはわかるけどね。
だったら最初からプライスに保険まで含まれる富裕層向けのツアーに参加された方が得策でしたね・・・と思います。


そして保険に入らないのならHISの申込書に書かれている免責同意書にサインをしなくてはならなかったはず。


ちなみに海外旅行保険と言えば損保ジャパンの「OFF」が安くて有名。
損ジェイがカネ払いの悪い保険屋(体験済み)というのは周知の事実だけど入らないよりは全然良いし、バラ掛けでかければ一回2000円くらいの保険料。

もしもそういうのがイヤならばクレジットカード付帯の海外旅行保険もあります。

僕が持っているクレジットカードは手厚い補償で死亡疾病障害最高5000万円。捜索費用200万円、携行品に関しては一事故20万円年間100万円まで補償だったかな。それも自動付帯。

クレジットカードの海外旅行保険の場合、注意しなくてはならないのが補償の金額より保障内容。
そのクレジットカードで購入したツアーでしか補償が受けられませんとか、海外に渡航する際いちいちデスクに申請しなくてはならないとか自動付帯だと思ったら付帯されていませんでしたなんて事故を起こしてからでは遅いのです。

つまり旅行保険というのは自動車保険のようなもので自分が加害者となってしまう場合もあるし、今回の様な事故の巻き込まれてしまう場合もあるわけです。

年間、何度も行くわけではない海外旅行。
ここでケチるよりは他にケチる所を見つけて安心な海外旅行を楽しみましょう。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

ジーグル レンジャー (Zeagle RANGER)

いままでいくつかのBCを使ってきたけどジーグルのBCを使ったのでレポート。

DSC00149.JPG

サイズがいささか小さいのは嫁が使って大きすぎると言っていたものなのでコレを僕が着るにはUSサイズとしても小さい。

ショルダーや背中のアジャスターを一杯に広げた状態で背負う。
タンクは12リットルのスチール。

背負った感じは悪くない。
いままでSプロのショルダータイプを使ってきたけど背負いやすさと安定感は同じような印象。

ジャイアントストライドでエントリーしてみた。
エアーを張っているので浮く浮く。

浮力が強いプラダーは伊達ではない。
ただバックフロートは浮上時の安定感が悪い。
インフレーターからエアーを抜き潜水開始。

完全に抜けきらないうちに潜行開始。
大体2kg程オーバーウエイトで潜っているので沈没と言った方が良いのかもね。

海底面に到着し浮力を得る為にエアーを入れるがショルダータイプと違って内側に膨らまないからどの程度空気が入っているのか見当が付かない。

やはり入れすぎたようで浮き始める。
今度は抜く。
大体このくらい入れればどの程度の浮力が得られると経験値が少ないから浮いたり沈んだり。
何度か繰り返すと大体安定したけど慣れないBCは使いづらいワイ。

ちょっと泳いだり十数分使ってみたがサイズが小さいのを加味しても水中でうつぶせになっている分には安定感も良い。

ただ、BCに空気を入れればそれ分、前投影面積が増えるからそれなりに抵抗となる。
だったらエアーを抜いてウエイトを減らせば良いが、それなら最初からBC無しでハーネスだけでも良いと思うわけでジーグルを背負う必要は無いなと。
テクニカルダイビング用のBCとしてもレジャーダイビング程度では無用の長物ですね。


それならポッケのいっぱい付いたショルダータイプのBCを買った方が幸せになりそう。

というわけで嫁も着ないし僕も使いやすかったらラージサイズのショルダーを買って着ようかと思っていたけどヤフオク行きとなりました。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

ビックカメラのピアノマン

週末にMSNのニュースを見ていたらこんなニュースがありました。

【都市伝説を追う】ビックカメラの“謎のピアノマン” その正体は…真野和男、77歳

正直な所、町で見かけても視線の隅に追いやってしまいそうな風体で冴えないおじさんだけどこの人がすごい。

http://sankei.jp.msn.com/life/trend/090621/trd0906211801006-n1.htm

んでそのうちビックカメラに行ったらピアノ売り場でも覗いてみようかな〜なんて思っていて・・・・。

さっき新宿までランチを食べに行った帰りにビックに寄ってみたら・・・



いたーーーーーー!



ピアノマン.jpg


残念ながらピアノの音量を小さくしているのかその音までは聞こえないにしろ華麗で優雅な指先に視線が釘付けになりました。

佇んで見ていたいような気もしましたが他のフロアも見たかったので色々見て回ったアト、もう一度寄ってみたら今度は報道の方にインタビューされていました。

ほかにギャラリーさんは居なかったけど日曜日になったら観客(?)も集まるのではないでしょうか?
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

久しぶりの東京港


PAP_0001.JPGここの所、長い休暇に入り仕事で潜る機会も減っていたのですがスポットのお声がかかり潜ってきました。

朝、自分で船を運転し現場海域を訪れ自分で機材をセットし、いざ潜水開始。

今回のお仕事は目視調査と所謂サーチ・アンド・サルベージ。

目視調査の方は当然濁っているし雨も降って光量が落ちているので効率は悪いものの十数分で終了。
次は難題サーチ・アンド・リカバリー。

海底は泥底で見えない上に一度着底してしまうと泥が舞い上がり、煙に巻かれたように視界が遮られる中ブツを探します。

ある程度場所を推測できたのでコンパスを使いながら該当地域へ慎重に進んだら・・・あった♪

ではブツを抱きかかえ水面に浮上しようと埋まったブツをなんとか引き上げようとするけど全然動かない。

ひとまずマーカーを打って浮上しそれ相当のロープを持ってきて固縛。

一旦船上に上がって今かけてきたロープを引こうが何しようが上がらない。
仕方ないので重機の応援を得て上げてきたのですがブツを陸上に上げてから自身の力で持ち上げようとしたら約100kg♪

そりゃあがらんわな。

そんな久しぶりの潜水作業で沖に出ていたのですが塩辛い海に潜ったのは今年の冬に行っていた母島以来。

東京湾の塩辛い海域で潜ったのはそれこそ3年ぶり。

懐かしいような帰巣本能を刺激されたような不思議な感覚でした。

そんな東京港ですが水温23〜24度。
もうすぐスプリングでサーフィンが出来る水温ですな。
posted by くろはげ at 18:46| ホノルル ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

アユールヴェータとハゲの関係

まだ旅行記にはアップしていませんがスリランカ滞在中にアユールヴェータを受けてきました。

このアユールヴェータ、薬草を調合したオイルでマッサージやら皆さんがご存じのような目の上にアブラを垂らしたりとやりたい放題されるがままな状態で浴びてきたわけです。

これがどうもアタマの毛穴に入り込んでいたようで施術後、シャワーを浴びたりとかタオルで拭いたりだとかやるわけですが、あまり拭き取らない方が良いとか、残っていた方が有効成分が浸透しやすいとか言われたわけですよ。

んで帰国して妙な臭いをカラダが包み込んでいるのか、カラダから発しているのか確実に臭うわけです。
その臭いと言ってもあまり日本人には馴染みのない様な香草系の臭いな訳でお世辞にも良い臭いというわけではありません。

帰国して毎日シャワーを浴びて浴槽に浸かり旅行の垢を落とし切れたと思っていましたが、昨夜お風呂上がりに頭部をガシガシと拭いてみた所、白いタオルが赤茶けた色に変色しました。

お風呂上がりに毛穴が開いた所で毛穴に潜んでいたアブラ+臭いの原因菌がタオルに移り込んだのかな?

そういえば帰国してからもカラダはアブラっぽくないのですが頭部に関しては、明らかにヌルヌルしていたりテラテラしているのが現認できました。

その後、今日は臭いもなく爽快な感じです。これでやっと日本人に戻れたようです。

そして毛穴が開いていると毛髪の伸びも良い。
スリランカ滞在中、後半の高原地帯では気温が低かったので毛髪の伸びはいつもの様ですが前半の数日は炎天下、気温も高く毎日伸び放題でした。
やはり毛穴が開けば発毛の侵害となる抵抗値も少ないのでよく伸び、冷えると毛穴が縮み抵抗値が増せば発毛が抑えられるんでしょうか?

そういえばスリランカなどアジアに来ると頭部が寂しくなった人が多いような気がします。
やっぱり生涯における毛髪の発生量というのが有限で毛穴が開いて発毛の抑制がきかないとヒトの寿命よりも先に毛根の寿命が来てしまったりして。
反面、イヌイットなど局地に住むヒトは毛穴が縮んで毛髪の発生が抑制されやすいから死ぬまで毛髪が発生しているのでしょうか?

僕は既に頭部の毛が鬱陶しくなっているのでスキンヘッドですが、暑くなると保温の必要がないわけですから毛髪は必要ないような・・・。

残る理由はファッショナブル、自然な状態、さらさらヘアーとシャンプーの香り・・・・。


う〜んシャンプゥ〜。
コレは好きです。

ただし女性の香り限定で。。。。。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 戯れ言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

オペレーションJALパック

今夏、JL(JO?)のハワイ路線にファミリージェットが8月14日に就航するらしいです。

オペレーションJALパックはその昔、大量の農協観光客を世界に送り込み失笑を買った歴史ある国策。
その後、オペレーションリゾッチャや全日空に飛び火したオペレーションPokemonなども記憶に新しい。
そんなJALが新しく立ち上げたプロジェクトがファミリージェットな訳で人気が出るんだろうな。

僕は子嫌いではないし遊びに子供を連れて行くというのは賛成。

でもね、さすがにナイトランで近くにギャン泣きする幼児がいたら参ってしまう。
幼児くらいだと海外に行った所で覚えてないだろうし、単純に親が海外旅行をしたいだけのエゴなのかな?と。

当然、旅行以外にも実家に帰るとか親戚の家に行くとかそういった理由もあるのかもしれないけれど、出来ればそういう意味でも座席を振り分けて子供は前方、そうでない人は後方席とか。

でも優先搭乗させたりするから子連れは後方席の方が良いかな?
そうするとCクラスにも子連れがいるかもしれないから間に挟まれた子連れでない席のヒトは前と後ろから鳴き声に挟まれる事になるか。

そう考えると全席ファミリー向けならおむつ替えしたり子供が走り回ろうが親も気兼ねなく放し飼い出来そうだし、そもそも機外には出られないんだから安全性に問題はないだろうな。

僕は大賛成のプロジェクトです。
是非とも定期就航してもらいたいモノです。

ちなみに使用機材の747−400はVersion K13と呼ばれるモノに酷似しています。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月21日

抽選結果とスリランカアップ

さてスリランカから帰ってきて昼頃、成田から空港宅配で送った荷物も届き片付けが完了。
写真整理も午前中におおかた終了しましたがブログに全てをアップするのは再度写真をリサイズ、トリミングしなくてはならないのでもうちょっとかかりそうです。

ひとまず何日か分をアップしました→スリランカあっちコチ




先週告知していたhageブログ初のプレゼント企画

ム〜さんのアイデアによる厳正なるあみだくじを使い抽選を行いました。








amida.jpg



ということで、、、、、

ム〜さん残念。

yoshiさんに決定致しました。
ゆうパックの着払いで後日送ります。


こんな企画でしたが応募者は2名(T_T)


次回(あるのか?)はDELL製インクジェット複合機924(インクカートリッジ無し)を放出したいと思います。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

スリランカから帰国

帰りのフライトはほぼ満席でしたが50HとKに陣取り近くに子供もいなかったので快適なフライトとなりました。

テキストベースでは旅行記を仕上げてきたのですぐにアップできますが写真付きだと結構手間なのでぼちぼちアップしていく予定です。

今回の旅、自宅に帰ってきてからシャワーを浴びたけど全身からアブラの様な臭いがしていたようで着ていた服などクサーイです。




久しぶりにジャポニカ種の米を食べて日本の米はうまいなーと。
今夜はゆっくりとベットで寝られそうです。
posted by くろはげ at 20:21| ホノルル ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コロンボ ロータスラウンジ

後日アップしますが今回の旅はいろんな意味でハードでした。
また来たいと思いますがしばらくはスリランカ以外の国を回りたい心境です。

これから現地時間23時過ぎ(JMT0300)にボーディングの予定です。

それまでは貸し切りのロータスラウンジにてPC接続と食べ放題飲み放題の酔いどれ街道まっしぐらでございます。

成田2タミのIASSラウンジとは雲泥の差でビールやワインは飲み放題だし食料も申し分ないラインナップ。
写真は後日アップします。

あとは子供が近くにいない事を祈るばかり・・・。
あまりにも往路の飛行機が酷かった。まるでガムサイ、ハワイ路線のJLみたい。
posted by くろはげ at 01:13| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月19日

水没からの生還

IMGP5950.JPG

以前、自分で電池交換して海に持ち込んだら水深表示も何も出来なくなってしまったシチズン製のアナログ時計(水深計測機能付き)。

父島でツアー中カシオのプロトレックが水没してお亡くなりになったのでその代わりにシチズンを復活させてみようと思った。

シチズンの時計は水没したのかと思って裏蓋を開けてみたら特に水没した様な跡は見られないんだけど電池を交換したばかりにもかかわらず針が動かなくなったのは、いかんともしがたい事態。

もしかすると電池交換する前に超音波洗浄機で本体を洗ってしまったのがいけなかったかとか色々考えるばかりで先に進まない。

そこで困ったときのヨドバシカメラ

新宿の時計修理部門に持ち込みました。

そこで言われたのはメーカーに出すので最低電池交換に4200円かかりますと。
それ以上部品やら調整があればお電話しますと。

そして工期は3週間から1ヶ月と。

結構かかるのね。費用も期間も。

そういえば昔、タグホイヤーのクオーツダイバーを耐圧、電池交換に出したら10000円かかった事を考えれば安いモノか。


そして約20日後、電話がかかってきました。

お代の方は4200円\(^_^)/
機能の方も問題なしと。

だったら原因って電池だけ?

まあ、ケチって100円ショップで購入した電池を入れたのは僕ですがナニか?

一応引き取りに言ってから水深のログを見てみると52mだって。
つまりメーカで耐圧試験もしてくれたようです。
何となく曲がっていた水深計の針も調整してくれた様な形跡もあるし今度から電池交換はヨドバシだ!


これでまたしばらくこの時計とお付き合いできそうです。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

E03CAその後

IMGP5949.JPG

仕事用の携帯E03CA。

カシオ計算機製という事で地元企業の育成にちょっと貢献できているのか?

まあどうでも良い事はさておき、ここの所調子が悪かった。

電源がイマイチ入りづらかったりSIMを認識しなかったりezweb中に突然の電源落ち等々。

再現性が無いだけにauショップへ持ち込んで良いものか考えあぐねていたが思い切って持ち込み修理をお願いしてきた。

事の顛末を話し、店員さんが端末に異常の状況を書き込んでいく。

プリントアウトを受け取り2日経過して引き取りのお電話。

結果、やはり事象の再現性は無くて。。。

ということで、基盤交換でした(^_^)v

外見は変わらないけど以前より電源は普通に入るし今のところ電源落ちもありません。

今考えてみると、バッテリパックの水没シールが全体的ににじんでいる様な感じにも見えるけどこう言った事が原因なのかな?

つまり、僕等の仕事だと常に湿気の多い所に持ち込んでいるわけで水没しなくても湿度100%の場所でSIMを入れ替えたり。

気を付けていたって基盤内部まで湿気は入り込むよな。
いくら耐衝撃とか防水って言ってもバッテリパックを外したらそこは防水区画外だし。

いい加減使いやすい新しい防水携帯が欲しい。
auの中のヒト・・・早くレスポンスの良いE03CAの後継機を出して。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

DVDからMP3を抜き出す

最近音楽DVDを購入する事が多くなった。

特にハワイアンのアーティスト関係に偏っていて音楽を聴くと共にフラをみる事が出来るからCDも良いけどDVDはもっと良い。

ただ、通勤時などDVDプレーヤーを持ち歩いて見るわけにもいかず何らかの方法で音声だけでもMP3などに変換できたらなと思ってすかさずググってみた。

するといくつか方法があって僕が一番簡単だなと思ったのはコレ。

いつもの様にPCのドライブにDVD挿入。

DVD Decryperを起動

IFOモードでinputから必要な音声部分を選びStream Processingから2chとか書いてある部分を選ぶ。

そして起動すればしかるべきフォルダに.VOBファイルが生成される。

これをEcoDecoTooLというプログラムへD&D。

自動的にmp3に変換されるわけ。

EcoDecoTooLのほかにもFree DVD MP3 Ripperなんてツールもあるんですがイマイチうまく起動できない事が多くてあまりお勧めしません。

詳しい事はこの辺に書いてあります。


まあ、普通にMP3プレーヤーで聞けるけど音声レベルが他のファイルと微妙にレベルが合ってなかったり音が割れてしまう事もあるけどこの程度であれば良いんじゃない?

ちなみにコピーガードがかかっていたりするときはこんなのも利用しましょう。
DVD43
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

まさかのランチオーダー

_hea_log.gifピザハットオンラインオーダーにて・・・。

いつもの様にランチにピザをオーダー。

大きさを選んで・・・


生地を選んで・・・


ランチの特典を選んで・・・このときはポテトとコーンでした。


お会計をポチッと。。。


配達時間・・・・うーん


いま食べる訳じゃなくて夕食として食べるからランチオーダーの最終時間16時かなぁーなんて♪


ダイヤルログをクリックするとあれれ?

12時から22時まで配達時間が選べるじゃん♪


では19時半と・・・・。



んでも可笑しくね?

16時までにオーダーかけるとポテトだの特典が付いてくるのにそれ以降だと単品だけって。

今度から夕食にピザを食べるときは16時までにオーダーしよっと。



と。。。思ってたら電話がありました(T_T)

要はネット上からオーダーできてもその値段では無効ですと・・・。
さすがに今回はランチオーダーという事で処理してくれたのですが次回はありませんよと。
トホホでした。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

GSMのSIMロック

我が家には古ーくなったGSM携帯のモトローラV66があります。

何となく使うのが憚れるくらいに化石の携帯ですが通話をする分にはモノクロの液晶であろうが関係ないのでいつも海外では活躍してくれます。

ただ最近見た目が古いだけではなく充電のケーブルがぼろくなってきて接続不良になったりSIMロックのかかったGSM携帯が意味もなくクローゼットの肥やしになっていて、早くSIMロック解除してくれと訴えているようです。

というわけでGSM携帯になりうる可能性があるドコモ製m1000と同じくドコモ製L704iに関してググってみたらなんとSIMロック解除をする事でgsmとして機能する事が判明。

というわけで渡航前にSIM解除して貰おうと思ったのですが間に合わず未だにクローゼットの肥やしです。

いつもの様に帰ってきたら・・・アレが終わったらコレが終わってからと延ばし延ばしになって結局今回と同じような事態にならない事を今から願うばかりです。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

ホンビノスガイのカレー

先日掘ってきたホンビノスガイ。

試しに酒蒸しクラムチャウダーと挑戦してきたけど本命のカレーライスに挑戦。

まあ挑戦って言ったって普通にカレーの具として放り込むだけだからそんな気張る必要は無い。

んでできあがったのがこれ。

CA380001002.JPG

見た目も普通。
味も普通。
ホンビノスガイ独特の雑味と言うか泥臭い様な後味もかき消されていて美味しい。


まあ、あえてホンビノスガイを入れたカレーがどうしても食べたいって言う気持ちにはならないけど、アサリを取りに行ってホンビノスガイしか取れなかったOrやけにホンビノスガイが目立ってしまうと言う様な状況ならカレーに入れてしまえと言う消極的な利用法でしかありません。

ということで次回潮干狩りに行く様な事があってもホンビノスガイはリリース候補。
当然本命のアサリの嵩が少なかったら見かけをよくする為にキープするんでしょうけど・・・。

もうちょっと泥臭い後味を何とかならないのかなぁ?

そういえば品川シーサイドのジャスコでハマグリって書いてコレが売っていたけどどう見てもハマグリではなくホンビノスガイ。
だってハマグリに付いている蝶番が付いてないんですから容易に見分けられます。
焼ハマにして食べるときハマグリの蝶番を潰すけど潰せる蝶番が付いてないと分かったときに「世の中便利になったなぁ〜」なんて言ってしまう香ばしいヒトばかりなら良いんですけどね。
ホンビノスガイをハマグリって書いて売っちゃ不味いだろ〜>ジャスコさん。
posted by くろはげ at 17:00| ホノルル ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

まもなくボーディングコールです。

CA380004.JPG
満席に近いかも
posted by くろはげ at 12:28| ホノルル ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 携帯からUP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IASSラウンジ

CA380003001.JPG
出発前にビール呑むシト
もうちょっとで搭乗開始です。
posted by くろはげ at 11:47| ホノルル ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯からUP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。