2007年03月31日

静寂

今日おがさわら丸が出港。

一時の賑やかさが消え大村には静寂が訪れた。

訪れたと言うよりは島民がホッとしているような印象を感じた。
店の前で友達と思われる人とビールをのんでいる姿も見られた。

取り合えず今日も暑い一日でした。
6.5mmのウエットでは熱中症になってしまいそう。
posted by くろはげ at 18:00| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月30日

税務署から呼び出し

出張中にも関わらず渋谷税務署から
「お伺いしたい事が」と思わせ振りな
留守電が自宅電話に入ってました。

真面目に納税したつもりだし過小申告もした覚えが
ないので皆目見当がつかない。

しかし「修正申告汁」とか言われたら嫌だし
弁解しようにも小笠原だし。

楽しいはずの小笠原滞在が憂鬱な毎日になりそうな悪感。
posted by くろはげ at 20:58| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

Kenko LHD−065W続き

25日に書いたブログの続き。

LHD−065Wと言うワイコンをよく見てみると
四隅ケラレた部分はどうもレンズフードによってケラレているらしいと言う事が予測された。

なので切った。
327.jpg


男らしくカナノコでね。でもプラチックだけど。

んで撮影画像。
アダプタチューブの全長が若干違う2種類を試した。

最初はLD−B2にLHD−065Wをセットして撮影。

3271.jpg
思いっきりケラレマスタ。

次にEHN-5400WPに付属のUR−E9同等品とLHD−065Wのセット。
3272.jpg
同じく思いっきりケラレた。

そしてUR−E9とオリンパスWCON−08のセット。
3273.jpg
左下がちょっとケラレたけど僕には許容範囲だ。
でもこれは倍率0.8倍なので画角も狭い印象。

ただ考えようによってはケラレる部分を
クロップしたら同じような画角になってしまうのではないだろうか?
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

祝!開通

昨日から父島に上陸です。

そして待ちに待ったauの携帯も今日の11時37分から
使えるようになりました。

ezwebやメールの送受信などもタイムアウトが多いながら
いまのところ普通に使えてます。

なので久々のリアルタイム投稿なり。
posted by くろはげ at 12:11| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 父島ライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月28日

さらに散財の日々。

更に更新が出来ないので書きためた物の放出。

いやはや機材が貯まる。

ここの所、小笠原行きの機材やらダイビング用カメラが続々とヤフオクで落札されては
家に貯まってくる。

要らないデジカメや銀塩は友人にあげたり、友人宅に放置(廃棄?)してきたり
なるべく我が家のクローゼットで化石と化さないようにしている。

自分の中ではなるべくインフラが継承できるような機材選びをしているつもりだけど
最近のデジカメは乾電池駆動じゃなくてバッテリ駆動が多いから
新たにそういったインフラを購入しないといけないのはちと痛い。
camera.jpg

メディアに関しても同じでXDやSD、CF、SMなど。
もう何がなんだか訳わかんないんだけど統合できるような
デバイスも発売されているからなんとか集約はしているつもり。
media.jpg

それにしてもXDはコストも高いし統合も出来ないしどうしようもないメディアだなあ。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月27日

都知事選とアダプタリング

むちゃくちゃな取り合わせだけど許せ。

さて本人は小笠原行きの船に乗って今頃は接近する低気圧の影響で
揺れる船内にて退屈している頃だと思う。

なのでこの記事は26日の話なのであしからず。

都知事選の当日は小笠原に行っていると思われるので
期日前投票に渋谷区役所まで出向いた。
投票一週間前なら近所の社会福祉センターみたいなところで投票所が設けられるのだけど
公示直後から1週間は区役所まで行かなくてはならない。

神南の区役所まで徒歩で向かい途中ジーンズにペンキをひっかけられる
トラブルはあったものの無事到着。
庁舎4階にて投票を行った。
3261.jpg
その後、同じ神南にある岸体育館の5階にある日本帆走協会へ行ってステッカーを購入。
後輩から頼まれていた物だ。

原宿からJRに乗り新宿まで行ってビックカメラで50mm→52mmのアダプタリングを購入。
3262.jpg
目を合わせようとしない店員をひっつかまえて件のステップアップリングを
探させた。店頭にはないのでPOSで調べて貰ったのだが倉庫から
引っ張り出して来てくれた。
まさかこんな物が店頭にはあると思ってなかったのですごくうれしかった。
ビックカメラを出たあと小笠原に持ってゆくお菓子類を100円ショップで買い込み自宅に帰宅。

早速アダプタリングをハウジングに取り付け実際に撮影してみた。
3263.jpg

まずはオリンパスのWCON−08取り付け状況。
3265.jpg

そしてkenkoのLHD−065W。
3266.jpg

ポートを閉めた図
3264.jpg

実際の撮影画像
3267.JPG

アダプタリング分、前玉から離れるので湾曲収差が多くなっている気がするけど
これくらいなら許容範囲だな。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月26日

ehn-5400WP購入

またまたクルピの話。

これのハウジングEHN-5400に取り付けるワイドポートが来た。
ちょっと値びかせて頂いて18900円。

こんな物に2万円近く出すなんて馬鹿げていると思ったけど
物を取り出してちょっと納得。
ehn-5400wp2.jpg
内容物の大部分。

これの他に取説(和英)2枚と保証書、グリスにワイコン脱着時に使用する
ゴムシートが一枚。

左右の大きいのがワイドポートのアッセンブリ。
前玉の素材はアクリル製。

そして真ん中の小さいのが専用アダプタリング(UR-E9 同等品)

つまり専用アダプタリングが付属しているという事は
昨日のブログでも書いたLD-B2は必要ないという事(^^ゞ

んでUR-E9同等品の代わりにLD-B2をセットしようとすると
52mmのアダプタリングだからポートに収まらない。

と言う事は購入した52mmのワイコンはすべて使えないという事に・・・。

気が遠くなりそうな所をグッとこらえて対応策。
純正ワイコンのWC-E80 購入しました(;´_`;)

とりあえずすぐには来ないので小笠原に送ってもらいます。

そしてその間の代替えには49mm→52mmのステップアップリングを
購入してなんとか取り付ける予定。

とりあえずWPを取り付けた写真。
ehn-5400wp4.jpgehn-5400wp1.jpg
いやはや毎日散財だわ。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月25日

Kenko コンバージョンレンズ LHG-065

クールピックス5400ネタつづき。

これの純正アダプターチューブ(アダプタリング)が滅多にお目にかかれない
代物なので代わりになりそうなものをネットで調べていたら
どうやらケンコーのDC-B2が使えそうなのとケンコーのアウトレット
安く購入できそうなので取り寄せてみた。

ついでにワイコンのLHG-065半値以下だったので購入。

注文フォームに「大至急頼む」と一言添えて注文ボタンを押下。

翌々日にはヤマト運輸の宅急便(我が家はこれがイチバン早く配達される)で到着。

嫁がいたので「会社の買い物」と言いつつ開梱を引き延ばし
彼女がいなくなったところで早速内容物の確認。

CL54-1.jpg

そして問題のアダプタチューブを装着。
今回はうまい事取り付けが出来た。
ついでにワイコンも装着。
CL54-2.jpg

アダプタチューブがシルバーなのでかなりちぐはぐな印象だけど
色でも塗るか?

そして衝動買いで買ったワイコンの性能。

ワイ端。
CL54-4.jpg

四隅ケラレた(^^ゞ

ちょっとテレ側に戻した画像。
CL54-5.jpgCL54-3.jpg
写真左がワイコン装着画像。右が未装着。
ワイコン装着画像の左下に光量落ちが目立つけどこれくらいなら僕はオッケー。

ただこの位置だとアイリスが3.2になってしまうので暗い印象。
ハイグレードタイプなので元々持っていたLD-55Wよりも
高画質。
四隅の流れも少ないし収差も少なく感じる。
問題はワイ端のケラレ。
アダプタチューブを削るか・・・。

右は一応ワイコン無しの画像も。
もしかしてあまり変わらないかも。

posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月24日

sea&sea MM2用20mmワイコン分解

先日購入して大分解一歩手前でくじけたワイコン。

使わずにクローゼットの土壌となるよりは大分解して砕けた方が

精神的に楽なので思い切って分解に着手。

まず見える範囲の極小ネジを6本外す。
ここまでは前回やったので簡単だ。
WC1.jpg
問題はバヨネットを外す算段。
思い切ってプライヤー登場。

バヨネット部分に傷を付けるほど無理な力で外したらちょっと隙間が出来たので
そこに精密ドライバーを差し込んでバヨネット部分を外す事に成功。
WC2.jpg

ねじ切りリングが付いてないけど仮合わせ。
WC6.jpg

前後方向に隙間が多いような気がする。
WC7.jpg

前後の隙間はステップアップリングを何枚か重ねて使用すれば良いかな?
例えば

46→49 に
49→55を2枚でステップアップとか?

そのステップアップリングを発注する為に寸法も測る。
WC4.jpg

接眼側の内径は38mm。

WC5.jpg

外径は53mm。
だとすると上記のステップアップリング46→55で一枚なら
スマートだけど一枚だと前後の隙間が埋まらないから駄目かな?

なんて事考えてないで早く発注に行こうと思った日でした。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

横浜ランチ

横浜へ昼ご飯を食べに行ってきた。

自宅から渋谷まで歩いていってそこから東横線で一本。
横浜駅のドンキホーテ近所にあるビルの6階に一鶴というお目当てのお店。

10年ほど前に四国へ半年出張していたときに馴染んだ味を求めて来たわけだ。

出されるものは鶏肉がメインの和食。
骨付き鳥なので早い話が焼き鳥だけどすこぶる美味しい。

嫁と二人で無心になって食ってきたわい。

その後、ベイクオーターに向かったらびっくりした事にマラサダワゴンがいた。

marasada11.jpg
うっわースゲー見切れてるし(;´_`;)


ハワイにいたときよくおやつで食べていたので思わず買ってしまった。

marasada12.jpg

カパフルのレナードよりも軽い食感だしちょっと高い

一個150円だけど、まあ妥当なプライスなのかな?


ランチもガッツリ食べたしマラサダまで食べたのでその日の夕食は簡単にワインとチーズ。

久しぶりに歩き回ったので疲れて早めの就寝。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月22日

小笠原の準備

なかなか大変だ。

準備も大変だけど仕事も押しているようなのでそれに併せて
僕等の行動もシビアになってきそう。

先日、後輩に「ドライを持ってゆくべきか?」という質問をしたところ
「そんな物着て仕事しないでください」と真顔で言われたっけ。
つまりドライで仕事→温々するから→進捗が遅いと言う構図を
想像しているみたいだった。

なので6.5mmのラジアルドライは却下にして3mmのジャージ素材のドライを
持っていこうと思った。
しかしこのドライ6000円弱でヤフオクで落札したもののチャックからは
だだ漏れの浸水だしドライネックも交換しないといつかはだだ漏れになるかも。

というわけで今日一日その修理。
まず昔のドライで使っていたチャックを倉庫から引きずり出し
古いチャックを取り除いてゴム糊で接着。
こう書くとすごく簡単そうだけど実はすごく大変だ。

工程を書くのもめんどくせぇ。

そしてドライネックも新品の3.5mm片面ジャージを切り取り

新ドライネックを作成し取り付け。

さてこれだけではない準備。
残るはカメラの選定とその仕込み。
明日か明後日また秋葉に行かなきゃならないなぁ。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月21日

SEA&SEA MMU用ワイコン

先日、激安価格3980円で某ショップにて新品を購入。
DSC01323.JPG

この子をどうにかして46mm径のアダプタリングを取り付け
オリンパス純正ハウジングの口径46mmレンズリングに取り付けるべく考え中。

とりあえず見える範囲のネジを外す事にしたけどワイコンが分解出来るはずもなく
あえなく断念。

DSC01326.JPG

しかもよく見ると接眼レンズ側は湾曲しているしブラケット部分よりも
後方にレンズ玉がある。
つまり見えているネジを外したところでワイコンの大分解が始まる可能性があった。

こうしては元も子もないので大分解せずブラケットを直接レンズリングに
取り付ける方法を画策中。

ひとまずハウジング側レンズリングの水抜き穴にボルトを縫って
レンズブラケットを固定する方法を試してみるかな。

と言いつつ工作予定が一杯な割には仕事が暇にならねえ。
ぐずぐずしているとグアムまでに間に合わないし、その前に
小笠原もあるんだよな。

しかもドライスーツも修理しなくてはならないし・・・。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月20日

レイノックスアダプター

最近クールピックス5400の話題ばかりだけどイルカカメラを
なんとか使い物になるように試行錯誤しているので許せ。

先日レイノックス製アダプタリングのRT5245をヤフオクで落札。
金額は200円で送料が110円。
破格じゃ。

んで届いたのがこれ
DSC01320.JPG

ん?なにやら末尾にc7とか書いてあるぞ?

何も考えず装着してみる。
DSC01321.JPG

なぜかつかない(゚_゚;)

で、目の前の箱でググれカスをしてみると・・・・
末尾のC7とはキャメディアシリーズ用の意味らしく
♂側の口径が45.6mmだって。

クールピックス側は45mm。
0.6mmの差だけど全然合わない。

まあまた買ってくるさ スゥッ・・・(ーoー)y゚゚゚

でもねでもねクールピックス5400で使えなくてもキャメディアの
C−755も落札したからそれはそれで使えるからいいんだけどね。

また散財だな。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月19日

春の小川♪

さらさら流れるような小川で仕事をしています。

水深なんか50cm位しかないし川幅なんて5m。
んでもかなり内陸なのに潮の干満があったりその流れたるやびっくりするくらいの流速。

そんな環境の良いところで仕事をしているんだけど都市河川なだけに
水質は最悪かも。

まず手元が見えない(^^ゞ
視界なんて2cm位かな?ずっと水深50cmの所に身を沈めて仕事していると
すっかり暗さに慣れて上がったときの目のまぶしさと言ったら
寝起きと変わらないような印象。

そんな環境の悪い場所で仕事をしているけどそろそろ仕事も打ち止め。
しばらく自宅で機材のメンテをしたあと小笠原に出発の予定。

その後は4月中旬か下旬にグアムへ汚れ落としにでも行きますか・・・。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

coolpix5400とehn-5400

以前ヤフオクで落札したこのハウジングとカメラのセット。

小笠原に行く為、イルカ撮影用として出番が回ってきたわけだけど
標準レンズの28mmでは広角が狭い為ワイコンと取り付けるべく
純正ワイコンが収まるワイドポートを昨日発注してきた。

値段はわからないけど発売元のエポックワールドに確認したところ
在庫はあるようなのでなんとか手元には届きそう。
と言うのもこれは3年以上も前に生産終了品であり入手が困難。

入手困難と言えばNikon純正ワイコンとクールピックス5400を繋げる
アダプターリング。
定価は2000円程度なんだけどこれも生産完了品なのでヤフオクでも
なかなかお目にかかれない。

なのでそれと同等品の物をヤフオクで落札し純正ワイコンはあきらめて
非純正の格安ワイコンで代用しようかと計画中。

ただこの非純正ワイコンが前出のワイドポートに収まるかは未知数。
カタログデータに乗っている純正ワイコンの寸法からすれば
入るはずなんだけどこればかりは現場合わせしてみないと何とも言えないのが現実。

とりあえずワイドポートが格安で入手できる事を祈るばかり。
だってハウジングの中古価格が3000円だぜ、ポートに2万円も出せないわな\(^^:;)...マアマア
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月17日

GENTOS SuperFire SF-301

先日豆電球型サイドエミットLED1w(長!)を取り付けている
仕事用水中ライト東芝K-138Yの球が切れた。

k_138_y.jpg

元々これに付いているハロゲン電球とプリンストンテックインパクトXL
取り付けられていた件のLEDを交換した物だった。

交換は至って簡単であったのだけどセールスポイントの
長寿命にはほど遠い享年1年間。
ドライブ時間にしてみたら100時間以下ではなかったのだろうか?

そこでまた普通のハロゲン電球に戻すのもイマイチな感があるので
ラクシオン3wLEDに交換してみるかと思った。

ネットで豆電球型3wLEDを探してみるがそんな物何処にもない。
1wならあるんだけどそれじゃあつまらないし・・・。

と言う事で6v駆動の3wLEDライトの出来合を購入。
それがこれ。
DSC01308.JPG

ヤフオクにて送込み3500円。
付属品は電池CR123×2本とホルスター。
まあまあのコストパフォーマンスだけどドライブ部分以外捨ててしまうんだよな。

んで早速構造を見る為分解。
DSC01310.jpg
LED部分以外は簡単な構造。

キモとなるLEDの部分。
DSC01312.jpgDSC01314.jpg

なにやらいろんな部品があるけど水没しても大丈夫なように
バスコークとかスーパーエックス、エポキシ樹脂で
コーキングしてしまおうか?

これをK−138のヘッド部分に移植するわけだけど今日はもう遅いから
時間のあるときに改造までしてみます。

とりあえず普通に照射した場合の画像も乗っけておくか。

DSC01316.jpgDSC01318.jpg
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月16日

オリンパスC−3100水没

DSC01305.JPG

この日は朝からイヤな感じがしたんだよな。

とりあえず合掌。

これで通算3台目のc−3100を水没させた。

今回は取引会社所有のC−3100だったんだけど純正防水ハウジングの
PT−007に入れて2〜3枚シャッターを切って水底に置いて他の作業を
したあと「ふと」見ると何故かハウジングから泡が・・・。

まさかと思いまじまじと見るとハウジング内に1cm程浸水。
モニターは正常に写っているようだけど何となく画面が乱れている。
このままじゃまずいので電源を切りすぐに陸に揚げたが時すでに遅し。
さっきまで点灯していたモニターや上部の液晶も死んでいる。

仕方なく電池を抜きメディアを取り上げ合掌。

と言うわけで格安の同型機を検索中
当然自腹で弁償だろうな。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 水中カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月15日

さて小笠原

取引先から行く事の内示を頂いたんだけど何処でどうドンデン返しが待っているか
わからないのでまだまだ安心は出来ない。

とりあえず2週間以内に戻る予定なので遊び道具は必要最低限の持ち出し。

仕事の道具もドライを捨ててウエット一本に絞るか
ドライを持っていくかをかなり悩み中。

休みもあるかどうかわからないのでとりあえずぬか喜びをしないように
アクティビティーの予約も入れずに待つとしよう。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月14日

jpgの復元

file_recovery_back.jpg

あってはならない事だけど僕はよくファイルを無くす。

今回は工事写真をjpegで撮ったんだけど連絡不足で
同僚が消してしまった。

リムーバブルディスクだからなんとか救出できそうな雰囲気だったので
ネットで調べると案の定フリーソフトで復元までは難しそう。

試用版でファイルの有無を調べるがそれを復活する事は(タダで)出来ないので
痒いところに手が届かない空しさだけが残る。

そんな中PCインスペクターというソフトがある事を
発見し藁をも掴む思いでダウンロード。

使い方は割愛させて頂くがうまい事ファイルの復活が完了。

これで無駄な作業(また同じ撮影とその準備)をしなくてすむ。 
まあ不用意な削除はしないですべてバックアップを取るように
要請はしておいたけど
あくまでも不注意だからなぁ。

春だからと言わず気を引き締めてゆこうと思った一日でした。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 備忘録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

流量計

flowmeter.jpg

仕事の機材にはいろんなデバイスが付随しているんだけどこれが壊れた。

壊れ方にもよるけどこのデバイスに使われているガラス窓が割れて空気が逃げ出した。

逃げ出すと言ってもかなりの量がここから出て行ってしまうわけで
実際ダイバーが感じている感覚はエアーが止まったと感じる。

水深は2m程だし障害となるような物、例えば暗渠だったりすぐに浮上できない
何かしらの状況という事もなかったのでベイルアウトは正常に行われた。

こういうデバイスが壊れる可能性はかなり低いはず。
僕がこの商売を始めてから今回が初めての経験だったし
壊れる可能性あるなぁと言う程度の認識。

他にも壊れる可能性が高い部品もあるわけでそういう事があってはならないけれど
もしもに備えてベイルアウトシステム(緊急脱出)も備わってはいる。

例えば陸上で空気を送る大元の機械(コンプレッサ)が故障して
送気が停止すれば
送気を補うサージタンク(貯気槽)を付けたり
ホースがパンクしたらすべての空気が抜けてしまわないように
チェッキングバルブ(逆止弁)なども
装備されている。

仕事の関わらずダイビングではいろんなデバイスが使われているわけで
これらの故障頻度というか故障の可能性を考えているとフェイルセイフのフェイルセイフを付けたら
更に安全性が高くなると思うのだけど装備が複雑になり
重量もかさむようになってそのうち鳥が先なのか卵が先なのか的な
本末転倒な装備になりかねない。

そのためある程度の妥協も必要なわけで妥協点を何処に求めるかという
さらなる哲学も存在したりして。

結局アテにならない経験則などを元に妥協する事になるんだけど
そういう事を考えている奴の経験で人の命が左右されるって言うのも怖い話だ。

当然装備に問題があるようなら問題点を報告するなり
改善したり修理、追加も辞さないけれど。

でも基本はやっぱり日々の点検。
先入観で「大丈夫だろう」って言う経験則がイチバン危ないのかもな。
posted by くろはげ at 17:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイビング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。