2006年07月31日

更新が滞ってますが

なんの事はなくPCが起動できなくなりました。

何となく兆候はあったんだけど騙し騙し使っていてこういう事態になりましたのでしばらく更新はお休み。

ただ今リカバリに力を入れておりますがもしかすると帰国まで更新は出来ないかもです。

っていまはホテルのネットカフェで入出金業務などこなした為その余剰時間で書き込んでいます。
では皆さんお元気で。
posted by くろはげ at 11:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

ハワイ18日目

ハワイ18日目

今日は久しぶりのダイビング。しかも全くのレジャーでノースのビーチに向かう。
いつのようにカピオラニ公園を一周しあわただしく出発の準備。

7時過ぎにピックアップされあきらさんファミリーと仙台からのドクターファミリーをピックアップし一路ノースの町ハレイワへ。

日曜日ということもあってH1はすいていた。
ノースまでの所要時間1時間弱。

ビーチに車を止め早速機材のセッティングを始める。
それが終わるとビーチに降りてシャークスコーブを目指す。

ココはいくつもの穴が開いておりプチケーブダイビングが楽しめる。
こんな事ならライトを持参すべきだった。
一通り回ってみて大好きな砂地へ。
P7301556.jpg
イルカが砂地で体をこする動作のまねを頭でしてみて電撃のような快感が襲った。
以前から彼らの行動が本当に気持ちいいのか疑問に思っていたのだがこれは癖になるぜ。
ただしスキンヘッド限定かな。

射精寸前の余韻(大げさか)を感じながらのエクジット。
タンクを変えて30分ほど休憩した後再度エントリ。

さっきは向かって右に向かったけれど今度は左に向かう。
さっきのポイントよりはケーブが少なめだがダイナミックな地形が楽しい。
P8030019.jpg
途中カメが泳いでいてドクターが捕まえようとしたがそれはやっぱり無理な話。
軽くかわされてどっかに行ってしまった。
P7301605.jpg
約40分のダイビングを終えエクジットした後に昼食。
あきらさんファミリーがスパムむすびやおにぎりを作ってきてくれたのでみんなでむしゃむしゃ。
久しぶりの米で食べ過ぎてしまった。
DSC00469.jpg
気がついてみるとププケアビーチの前は異常な混雑模様。
ビーチはそれほどではないが山側の道路は渋滞している。
しかも車はリフトアップしたピックアップばかり。
何かのミーティングがあったようだ。
DSC00480.jpg
一同車に乗りハレイワの町を散策した後、帰路につく。
やはり日曜日なのでさしたる混雑もなく順調にワイキキに到着。
DSC00500.jpg
ドクターファミリーをおろした後我々もドロップダウン。

夕食は昼食の残りが多量に発生したのでそれを頂き夕食に充当。

以前から買ってあった冷凍のマヒマヒとaloha tofuの冷や奴。
DSC00514.jpg
なんだか疲れてしまったのか写真整理をする間もなく就寝。
posted by くろはげ at 14:08| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

ハワイ17日目

いつものようにカピオラニ公園を一回り。
今日は嫁のピックアップが10時と遅いため6時起床の若干寝坊。

友人二人は今日の8時30分にドナドナされるためそれを見学に行ってみる。
ありきたりのない普通のご挨拶を行いなぜか「また来てね」と言ってしまう。
こちらに住んでいるわけでもないのに我ながら滑稽だった。

嫁を送り出した後、サーフィンに行こうと思ったんだけどカパフル突堤左側はチョッピーな波。
変わって右側のカヌーズは大会が行われている関係で入り込めない。

それに突風が吹きコンディションが良いとはいえないので苦汁を飲んで屋上にて読書。
ここのところすっかり日焼けした体から皮が剥け始めており所々上皮と真皮の間に汗の水玉が浮き上がり気持ち悪い。

11時40分友人を乗せたJOがワイキキの空に飛んでゆくのを見ながらコーラなどを飲んでみる。

午後も大分過ぎた時間に嫁が帰宅。

シャワーを浴びた後、現金持ち合わせ等を調べる予算本会議を行う。
今のところ間に合っているが元々現金、T/C あわせてもそれほど持ってきておらず心許ない。

カードのキャッシングも手軽で良いが手数料、金利が馬鹿にならなそうなので僕のキャッシュカードに付帯してあるPLUSのATMで引き出せる機能が果たして使えるのかどうかを調べるためATMに行ってみる。

モノはついでというわけでアラワイ運河を越えてマッカリーショッピングセンターに行ってみる。
到着してATMの機能を確認。
若干レートは安めだが借金するよりは精神的に楽なのは確か。

一安心ということでマッカリーを見てみるがたいしたものはなし。
セブンイレブンやタイ料理のお店にタコベル、ピザハットなど。

一回りして帰路につく。
帰りがけカラカウア通りを通り、安いジョギングシューズを購入。
いつも使っているシューズは底が抜け早いところ処分したかったのだ。

帰宅しいつもより大分早い夕食と言うよりはサパー。
朝から何も食べてないのですっかりお腹がすいているのだが何故か食事を忘れてた。
P6152049.jpg
posted by くろはげ at 14:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

ハワイ16日目

ハワイに来て早くも日程の半分を消化。感慨深くこみ上げるモノがあるようだが二日酔いだった。

ジョギングをキャンセルして7時まで寝ている。
やや悪心が残っているモノの何とか今日のツアー、ラニカイ秘境ツアーに行けそう。

8時25分にホテル前でピックアップ。
我々4人だけの参加だと思っていたら車は満車の14名。

いろいろ車内で説明を受けて現地到着。
天気が優れないがたまには晴れ間ののぞく。

ラニカイに徒歩で移動しゴザを轢いて僕は読書。
概ね曇っているので暑くもならないがたまに海に入って泳いでみたり。
DSC00348.jpg
女性軍も勝手気ままに泳いだり海岸を散策したり。

予想通りというか風が冷たくなって風上にガスが掛かり始めたらいきなり雨。
みんな堪え忍び10分ほどでやり過ごす。
僕も朝から同じ体制で本を読んでいたので本も体もビショビショなシュールな図。

11時30分秘境ツアーに参加するためピックアップ。
ラニカイから車で5分ほど走ったゴルフ場の入り口にて車から降車し、登ってゆく。

土が乾いているのでマノア滝よりは数宇段上りやすいが帰りが怖そうな感じ。

30分でほぼ山頂の展望台に到着。
なんだか今にでも雨が降りそうだがそれを予想しそそくさと下山開始。
P7280007.jpg
予想通り友人の一人が帰りがけに尻餅を付きこけた。
まあ大事には至らないが痛そうだ。

何とか12時30分には元のゴルフ場入り口に到着して帰路を徒歩で移動。
町に到着しレストランで弁当の買い出し。
DSC00370.jpg
ビーチのベンチでみんなでご飯を食べ終わるとちょうどピックアップの時間。

明日友人が帰ってしまうので夕食の時間を打ち合わせホテルに帰る。
DSC00371.jpg

posted by くろはげ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

ハワイ15日目

カピオラニ公園を一周した後8時30分にフードパントリー前のバス停に集合。
トランスファーチケットをもらいアラモアナセンターまで移動。
おのおのトイレを済ませた後山側のバス停に移動して5番のバスに乗り換えマノア滝に向かう。
DSC00304.jpg
バスに揺られて25分ほどで予定のバス停に到着。
降車したは良いが一つ手前だった。

仕方なくみんなで歩きマノアトレイルの入り口に到着し仕切り直して出発。
前回よりもぬかるんでいて歩きづらい。どうやら昨夜か今朝雨が降ったのかも。

友人にあわせていつものスピードから比較すると半分の早さで登ってゆく。
ガイドブックに載っている所要時間と寸分狂いのない30分でマノア滝に到着。
記念写真など撮りバスの時間にあわせて大分ゆっくりと休憩。

滝直下のベンチも混み始めたので下山開始。
バスの時間だけが大分待つようになるので気になって気になってゆっくりと下山。
しかし予想に反し次バスまでのインターバルは昨日用意した時刻表では1時間弱。
仕方ないがバス停にてみんなで待つ。

それでも女の子3人も集まれば話が弾み時間も忘れているというか時も経つのが早い。
DSC00308.jpg
来たときと同じ5番のバスに乗りアラモアナセンターまで下る。
今度はアラモアナセンターの海側バス停から19番に乗りダウンタウンを目指す。
キングストリートで降車しキングストリートを西に歩くとチャイナタウン。

目指すゴールデンパレスというおいしい点心の店に到着。
点心7点と焼きそばチャーハンをオーダーしてチップを含め約$30。激安だ。
DSC00309.jpg
お店を出るとチャイナタウン散策。
マンゴーが2個で$1。4個購入。激安だ。
さらにマウナケアマーケットプレイスにてマンゴースムージータピオカ入りを$3を購入し明日の予定を組む。

チャイナタウンを出た後、マーチャント通りを散策しカメハメハ大王増まで来てハワイ王朝のガイドを始め、最後はアロハタワーに到着。
DSC00320.jpg
皆さんご機嫌なことこの上ないようだけど疲れても居るみたい。

今夜の夕食は僕たちの部屋で食べることになっているので我々だけ先にバスで帰り準備開始。
アラモアナのフードランドでスイカなども購入して帰宅。

夜、シャンパンとワインを持参で皆さん登場。
2本目のワインを飲み干したところで僕の記憶が飛んだ。
posted by くろはげ at 11:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ハワイ14日目

今朝もカピオラニ公園の一周ジョギングから朝が始まり嫁を見送った後から僕の一日が始まる。
彼女を見送った後すぐにボードロッカーからサーフボードを取り出し海に繰り出した。

今朝のコンディションだとカパフル突堤東側は水深が浅そうで波もチョッピー。
混んでいるけれどカヌーズへ入ってみる。

並のサイズは大きいけれど人も多いので波の取り合いが熾烈を極める。
僕は上手とは言えないしビジターなのではじっこを適当にテイクオフするのだが前乗りしそうになったり芳しくない。
10時までに4本を乗りまあまあの気分で海から上がる。
今朝から予約しておいたサーフボードの引き取りがある関係で軽くシャワーを浴びた後、ショップに出向きひろしさんからボードを借りてしまったので丁重にお断りをする。
また、そこのショップの女将から明日は大会があるのでクローズとの情報も。

帰りがけ早めの昼食を摂ってホテルへ戻る。
午後、遅い時間に嫁が帰ってきて夕方から友人と待ち合わせビショップミュージアムへ。

クヒオ通りのフードパントリー前のバス停からシティーエクスプレスBに乗りダウンタウンを経てミュージアムまで小一時間。

ミュージアムに到着し18時30分から開催されるジェイクシマブクロの野外ライブチケットを購入。

ピクニック気分で皆さん集まっているようで手に大きなアイスボックスや椅子まで持参している人もいる。
我々もビールをを購入し芝生に座り始まりを待つ。
開演後一時間は前座の演奏。
セシリオ&カポノのカバーを演奏。
その後ジェイクが登場。時化の海の海草のように体をなびかせながらの演奏。
しかし途中シャワーと呼ぶにはあまりのも激しい雨のため残念ながら僕たちはココで帰ることにした。
DSC00296.jpg
バス停に戻り今度は2番のバスに乗り帰路につく。

ホテルに到着したのは21時40分。明日の予定を確認して泥のように眠る。
posted by くろはげ at 11:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

ハワイ13日目

ハワイ13日目

やっぱり朝ジョギングすると一日調子が良いようだ。
今日は体験ダイビングの合間に嫁の水中地図作製のバディー。

体験ダイビングのお客さんは北海道から来たというハネムーナーのお二方。

ハワイカイのポイントに到着すると今にも雨が降りそうな天気。
こんな日なのに僕はラッシュと短パンという軽装。
ウエットは暑かったからと寒いのに我慢してしまった。

イントラのあきらさんに一応のブリーフィング。
水中地図を嫁には作ってもらうので僕には詳しく、嫁は以前潜っているので軽くブリーフィング。
早速二人でダイビング開始だがいきなりコンパスに頼り切ったナビゲーション。
水中でナチュラルナビをしろと指示し再度コースを修正。
20分でだいたいの水中地図が完成。
嫁に陸の方向を聞くと90度間違った方向を示す。僕はとりあえず正解を示す。

陸に上がってちょっとしたら今度は嫁のレスキュー講習。
僕は溺者役でうつぶせに水底へ。

嫁が僕のレギを押さえて水面へ浮上させるが本当の溺死者ならレギが取られて息の根が止まっていそう。

鼻から多量の海水を取り込んだが何とか講習終了。

ホテルに帰ってから彼女は再度ショップへ向かい午後の座学。

僕はサーフボードを抱えてカピオラニ公園前のビーチへ繰り出す。
昨日より人も多いが波もちょっとサイズが上がってきたかんじ。
ただ相変わらずオフショアが強めに吹いている。

5本ほど気持ちの良いサーフィンをした後、陸に上がり嫁と今日到着した友人と会合。

明日のジェイクシマブクロのライブのピックアップや明後日の予定など打ち合わせ。
P61600290.jpg
posted by くろはげ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

ハワイ12日目

特段理由もなしに今朝のジョギングは中止とした。
何となく12日目という事、ここら辺で休んでおいた方が体のためかなと。

ただ、寝覚めは異常に悪い。
嫁に7時に起こされたが体中すっきりしない。
これがジョギングを怠けたせいなのかそれとも本当に体調が悪いのかは自分でもわからない。

朝から嫁にコンパスナビゲーションの補習を行い、基礎的なことを教え込むが

これで何度目になるのだろうか?

10時を過ぎ昼食になるようなモノが全くないのでフードパントリーへ買い出しに。

その帰りにハワイアンモナークを通り挟んだ向かいにあるSUNNY’sにて昼食のお弁当も購入。
僕は沖縄料理で言うところのポーク卵$4、嫁はオムレツとご飯$4.5。

さらにABCマートへ寄ってレジ横からボードワックスを取り出し売ってもらう。こちらは税込み$2.09

部屋に帰り先ほどのBENTO(こちらでは弁当のことをBENTOという)を開封しボリューム満点のポーク卵を平らげるがすごい量。普通、朝から食えねぇよ。
DSC00289.jpg
12時に嫁が講習のピックアップで居なくなると僕はその足でサーフボードにワックスを塗りに行く。
さらにボードロッカーをホテルから借りる算段を付け裸足でサーフボードを小脇に抱えつつ向かった。

が、

道路の照り返しが強く素足だと本当にやけどしそうな路面温度。
実際人目を憚らず日陰を選んで歩くことに。

何とかカピオラニ公園前のビーチにたどり着きそこからパドルアウト。
久しぶりのサーフィンはまず体作りの必要性をヒシヒシと感じながら這々の体でパブリックに到着。
小一時間波の取り合いを眺め一応のルールを探る。

まあ普通にサーフィンしていれば嫌われそうにもないがスクールの人たちもいるのであんまり波を取りまくっているといやな顔をされそうな雰囲気。
ココでの人数現段階で10名。

全体的な印象はカヌーズなどに比べれば人も少ないしマナーもそれなりに守られているよう。波はほとんどグーフィー。
ただしリーフブレイクなのでワイプアウトには注意しなくてはならなそう。

小一時間経った頃スクール生たちが帰っていった。

しかし肝心の波は全くこなくなってしまった。
さらに待ち続けるがどうも塩梅が良くないのであきらめてさらに沖のポイントへ。
ココだとロコっぽい人や白人が多く気後れするがちょっと端っこの方でちょっとだけ波に乗せてもらう考えで近づいた。

さらに波を待ち続けるがセットで膝〜腰程度。
強めのオフショアなのでつぶれてしまうのかな?
それでも16時までの間に5本ほど乗って上がらない肩を不自由にパドリングしながらビーチに到着。

夕方になっても路面温度は高いままで芝生や日陰を他人の訝しそうな顔を横目に何とかホテルにたどり着く。

もう足裏の皮がすっかりズルムケてしまったんではないかと思うくらい足裏が痛い。
シャワーを軽く浴びておそるおそる見るが見た目は異常なし。
組織の深いところがやけどを起こしているのだろうか?

まだ日が陰るには時間があるので本を持って屋上へ向かう。
これで4冊目の本を開きながらオイルを全身に塗りたくる。

夕食も済みゆっくりしていると突如甘いモノが食べたくなった。
嫁と近くのABCにアイスクリームを買いに行く。

大枚5ドルほど出してファミリーサイズを購入。
ABCでなければ2ドルほどのはずなので後ろ髪を引かれる思いだがココは我慢。

チョコブラウニーが若干しつこいがおいしい。
やっぱりコーラとアイスクリームはアメちゃんにかなわねーや。
posted by くろはげ at 11:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

ハワイ11日目

ハワイ11日目
DSC00153.jpg
5時30分よりカピオラニ公園でティンマントライアスロンが開催されている関係で朝の走り込みはカラカウア通りを西に向かいフォートデルッシーを一周してピストンするルート。

いつも走るルートよりも若干距離を稼いだような感じ。
しかも日曜日なので人通りも多い。

帰ってくるときにカピオラニ公園を見てみるとダイヤモンドヘッドRd.は交通規制が敷かれすべての車はカイムキに迂回させられていた。
さらに道路を挟んだ歩道を走る人はRUNの先頭集団かな?
結構なスピードで飛ばしている。

嫁の講習が今日は午後からなのでそれに併せて午前中はラウンジで勉強。
僕も日記の更新を行い、無銭LANを使うときだけ屋上に出向く。

ここのところいつも使わせてもらっている無銭LANの引きが悪い。

午後、嫁を送り出し一人で屋上にて日焼けと読書。
嫁が帰ってくると先日ひろしさんにお願いしていたサーフボードが届けられた。
明日から久しぶりのサーフィン三昧。

嫁は講習疲れで帰ってきたらバタンキュウ。
仕方なしに僕はまた読書で就寝。
posted by くろはげ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ハワイ10日目

一区切りの10日目ながらいつものようにカピオラニ公園の周りをジョギング。
ダイビングのピックアップが7時頃なので急ぎ朝食を取る。

予定だと嫁のピックアップの方が遅いはずだが彼女の方が先にピックアップされて行ってしまった。
所在なくホテルのロビー階で待っていると見慣れた車がピックアップに来た。
その車に乗せられてドライバー兼ガイドのひろしさんと出発。

ひろしさんに自己紹介など・・・。
話の雰囲気で何となくは体験ダイビングの手伝いをしなくてはならないような雰囲気。
まあその辺も致し方ないか。

本日のピックアップはシェラトンホテルにて8名乗車。男7人、女1名のむさい団体さん。
内訳はハネムーナーと社員旅行。
このご時世社員旅行でハワイ、しかもシェラトンとは豪気ですなぁ。

ピックアップ時からハネムーナーのおねーちゃんは「つかれた〜」だと・・・。
しかも車に乗るなり「さむい〜」だってさ。ハイハイ。

車内で一応の自己紹介。
やっぱり僕はお手伝いさんだった。だって自己紹介の時に
「こちら居るのがサポートをしてくれますクラハシさんです」って。おい!名前思いっきり間違えてんじゃん。
点呼表には名前が「KURAHASHI]と・・・。

8時過ぎハワイカイのビーチの到着。
ハネムーナーのおねーちゃんの水着を横目でチラチラ見ながら機材の準備。
頭は弱そうだがスタイルは良い。これだけが楽しみなんだから見るくらいは許せ。

トータル8名の体験ダイビングとはいえ実際には4名ずつのご案内。
ひろしさんがお客さんにダイビングのレクチャーをした後一人ずつにウエイトをつけさせタンクを背負わせる。
重い重いとぼやくお客さんにこれは「ダイビングの欠点の一つです」と説明しながらビーチに移動。
そりゃそうだウエイトを12kgも付けてればな。

潜水前にまたレクチャー。
意外にもハネムーナーのおねーちゃんは筋が良い。旦那の方がこわばった表情をしている。

その中の一人で男性の方がどうも恐怖心で潜れないと言っている。
レギュレターからの排気音と潜る恐怖心が強いと言った。
まあ慣れるしかありませんねと冷たく言い放ったがひろしさんは他のお客3名をつれて沖に行ってしまった。
タカアシガニのようになったカメラを抱えながらビーチ際で彼の付き添い。
頭まで水に浸かりながら呼吸の練習をしてもらって僕は所在なく彼の練習につきあった。
P7231491.jpg
彼曰く「実は泳げないんです。」さらに「去年シュノーケルでやっと泳げるようになりました」だそうです。

そりゃ無理かな。
しかし僕もお客さんとして来ているけれどやっぱり彼を水の中に連れて行きたい。
無理にでも沈めて引きずり回すことも考えたがこれは遊びだし、僕の範疇でもないし何の権限もない。

そんな彼の見張りをしていると他のショップさんも体験ダイビングでお客さんを連れてきた。
よく見ると知った顔も何人か。
1年〜4年ぶりに会うガイドの面々。みんなと握手をして短いながら近況報告。
4年ぶりに会ったガイドさんなんて「前は髪あったよね?」だって。くっそ〜。

そうこうするうちにハネムーナーと社員旅行片割れ君を連れたひろしさんが戻ってきた。
やっぱり「重い重い」とぼやきつつ「ダイビングの欠点の一つです」とお決まりの講釈を垂れながら坂道を登坂。

早速次の組の準備。
タンクを変えてウエイトをつけたり一連の動作。
やっぱり初めて潜るからエアーの消費が尋常ではない。たった20分潜るだけなのに残圧80kg/cmとか・・・。

同じせりふ「重い重い」を呪文のように呟きながらビーチまでの坂道を降りてゆく。
今度の組の人たちは以前にも体験ダイビングをしたことがあるらしく非常にスムースにレクチャーが進む。
そして潜水開始。

フィーディングスポットまで一直線に移動してひろしさんがパンをまき散らす。
すかさずベラやハタタテダイなど熱帯特有の食べても美味くなさそうな魚が群れる。
そこで僕は追加したストロボのシンクロ具合を試すべく何枚か写真を撮る。
お客さんが手を振ったりピースしたりするが「記念写真じゅあねーんだよ」と思いながらも寡黙にシャッターを切った。
シンクロ具合はまずまずのよう。
P7231494.jpg
一旦ひろしさんと離れてソロで回ってみた。桟橋が沖に延びているので何かあるのかなと思ったがあるのは腐った釣り糸ぐらい。
意気消沈しながらひろしさんと合流。

約20分の潜水で車に戻る。
お客さんを車に乗せてビーチを出発し途中の公園にあるシャワーを利用し機材の塩抜きと片付け。
15分ほどで車を出し、ココマリーナショッピングセンターにて昼食を取った後解散。

午後からは屋上で日焼け&読書タイム。
昨日日焼けをしていたがお腹の段差部分が白く残ってしまったのでココを重点的に焼くつもりだが痛い。
5時過ぎに部屋へ戻りシャワーを浴びた後キングスビレッジの衛兵交代式を見た後、フードパントリーにて夕食の買い出し。
DSC00284.jpg
今夜はスパゲッティーナポリタンとレッドスナッパーのバターソテー。それにセロリの塩漬けなど。
ビールを2缶飲んで就寝。

posted by くろはげ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

ハワイ9日目

ここに来てお部屋の電気周りがやばいことに気づく。
昨夜キチネットの電気コンロを使用しながら水道を使用すると
そこからしびれることに気がついた。

夜間だったこともありフロントに事情を話し今日の朝部屋替えをすることに。

10時よりサーフボードを借りに行こうと思ってたので7時過ぎに嫁を送り出しすぐさま引っ越しに着手。

すっかり荷を解いた状態からスーツケース3個、カメラケース1個ザック2個分+冷蔵庫や保存してある食料など細々したモノまで階上の部屋まで荷揚げ。

引っ越し先が1階上の7階だったことに感謝しながら大きいモノはエレベーターで細かいモノは手で荷揚げをする。

このホテル、エレベーターは7階まであるのだが恐ろしいことに屋上8階にもいくつか部屋があり代替えの部屋が8階だったりしたらと思うだけでいやな気分になってしまう。


約1時間ほどで引っ越し作業も終わり開梱と整理を始める。
いやはやこういう仕事は女性の方が向いているか・・・。と嫌気がさした頃やっと終了。

前回の部屋は漏電を起こす不都合のほか、シャワーの不調などあったたし冷蔵庫もこちらの方が若干容量が大きいよう。

なのでこちらの部屋の方が格段に過ごしやすそうだった。

ただ、ベットはシングル2台なので「どっこいしょ」と寄せてハリウッドツインのできあがり。
リネンがシングルのままなのは致し方ないだろう。

10時になりサーフショップも開きだしそうなのでそろそろ出発。
感覚的には3ブロック実際には7ブロックほど歩くとお目当てのショップに到着。

お店に人が居なさそうなのでバックヤードに声をかけると日本人の女性が顔を出し交渉開始。

話をしているとどうやらレンタルボードの在庫がないらしい。
仕方ないので値段を聞き一応予約を入れてもらった。
27日の朝から借りる手筈。
帰りがけ去年、半日だけサーフボードを借りた「Go nuts」で1週間レンタルの値段を聞くとこちらは99ドル。

白人の兄さんに「高いよ」って文句を言ったら「ビーチよりは安いぜ・・・」だって・・・話にならん。


ホテルに帰ってきたら嫁は既に帰ってきていた。
昼食を取るついでに二人で外出しインターナショナルマーケットプレイスのフードコートでベトナム料理を注文。

久しぶりの白米に舌鼓を打つ。まださほど日本食に飢えてないがパン食ばかりなのでたまにはこういうのも良い。

食事の後、ダイビングショップに行き嫁の座学開始。
1時間ほど話をした後、ホテルに帰り屋上で日焼けをしながら読書。嫁は勉強。

夕方になり軽く食事を取ったりシャワーを浴びたりして19時30分から拾ったゴザを手にクヒオビーチに出向き花火見学。
DSC00273.jpg
ヒルトンにて5分ほどだが打ち上がる花火を見た後部屋に戻る。

明日は久しぶりのダイビングに行く予定なのでその準備をした。
posted by くろはげ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

ハワイ8日目

ハワイ8日目
毎日同じ所をジョギングしているんだけど今朝はカピオラニ公園北側のおトイレを通過したとき異常に臭かった。

朝から気分が悪い。

今日から嫁はダイビングの講習に7時過ぎから出発。
僕は朝の涼しい時間、屋上で日記書き。
それでも9時に近くなると日差しが強くなり始めPCのバッテリーも心許なくなってきた。しかも雨降ってくるし・・・。

仕方なく2階のラウンジ(インターネットカフェ)に出向きバッテリーの充電をしながら写真整理。
ここは9時まで極度に薄いコーヒーと大味なドーナッツが無料で食べられる。
さらにホノルルアドバタイザーもタダ。
ただし無銭LANはつながらないのでオフライン作業しかできない。

基本的にLINKSYSという無銭LANとSHAKANETという初回無料の無銭LANが来ている。
そのほかマリオットや個人宅の無銭LANが来ているが電界強度が低かったりWAPがかかっていたりする。
また一日$5でつながる公共無線LANもあるようだがこれは速度が満足でない上電界強度も低い。

昼前まで作業をしたら嫁が帰ってきた。
彼女を連れて夕方までアラモアナのマジックアイランドへ行くことにする。
DSC00251.jpg
距離は3kmちょっとだと思うが足は自前のモノしかないので徒歩。
約30分で到着し彼女はお勉強、僕は読書だ。

こんな感じで過ごす。
posted by くろはげ at 11:41| Comment(0) | TrackBack(1) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月19日

ハワイ7日目

ハワイ7日目

今朝も天気がいいようだ。
ダイヤモンドヘッドもくっきり見えてるし(霞んだところを見たことがないが・・・)
マノアの方に雲がかかっているがいつものことだろう。

さて今日はレンタカーの返却日。
あまり遠出はできないのでアリゾナ記念館とパールリッジセンターに行ってみる。

7:30にホテルを出発し8時過ぎにはアリゾナ記念館に到着。
無料の駐車場も満車で仕方なしに隣接する$5の有料駐車場に車を止める。

以前来たときのように幾重にも順番待ちの人が並び否応がなしに威圧感さえ感じる。
列の最後尾は隊列の中心にあった。
そこに並んで観察してみると隊列はアリゾナ記念館前庭に2周半しており所々に生い茂る
木陰を経由してチケットの引き替え場所に続いているようだ。
DSC00234.jpg
それに思ったほど進みが悪いわけでもなく約1時間ほどでチケットを頂いた。
番号は17番なので11時45分頃に映画が始まるよと言われた。現時点で9:30。

さてこの後は何をして待とうか。
あちこちのベンチで嫁とお話をしたり昼寝したり。
風が通り抜けて気持ちが良いけれど突き刺すような視線も気になるが場所柄仕方ないか。
DSC00237.jpg
17番のチケットを持っている人はシアター前に並べとアナウンスがあったので並んでみる。
お決まりの真珠湾攻撃からUSSアリゾナが沈むまでの映画を見せられボートで件の場所まで移動。
DSC00239.jpg
戦後60年経った今でも重油が浮き出てくる有様にいささか狼狽し最奥部にある犠牲者銘板に手を合わせる。
DSC00244.jpg
その後、ランチボートで陸に戻り、急ぎ出発。何せ15時に待ち合わせがあるモンだから
大分駆け足。
パールリッジセンターのタコベルで食事をして一回りする。
お目当てのモノレールも見たしカメハメハHwy. をH1の方に戻る。
ホノルルに到着し15時を大分回ったが野暮用を済ませレンタカーを返す。

久しぶりにカラカウア通りを歩きホテルの到着。
嫁の勉強と僕の読書はホテルの部屋だと気が滅入るし屋上は日が照って字が読めないので
カピオラニ公園前のビーチに繰り出す。
ハワイに何度か来ているがワイキキビーチに水着で寝ころぶのはこれが初めてだ。
落ちているゴザを拾い拝借してごろ寝。
夕方に来ると人も少ないし99¢のゴザも落ちてるし良いことずくめだ。

なんとなく風に乗って音楽が聞こえてくる。
忘れていたが毎週水曜日はホノルル動物園でライブが行われていた。
posted by くろはげ at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

ハワイ6日目

ハワイ6日目

朝、日課となっているカピオラニ公園一周ジョギングをいつもの通り行い8時に車で出発。

今日はマノア滝余裕があればアイフアラマトレイルを歩く予定。
H1を25番から乗り24Bで降りる。H1走行時間は3分だった。

ハワイ大学の横を抜け20分ほど走るとマノアトレイルの入り口駐車場に到着。

$5を支払い車を止める。
そこから早足だと20分ほどでマノア滝に到着。トレイルは非常に整備されていて下手をすればビーサンでもオッケーな感じ。
P7191460.jpg
ただしマノア滝は写真で見たような滝ではなく岩清水のような状態。
まあ、ここ何日かまともな雨が降ってないので仕方ないのかな?
P7191462.jpg
一応写真を撮って一旦20mほど降りるとトレイルの右側(あがってくると左)に急峻な2mほどの岩場がありこちらがアイフアラマトレイルの入り口だ。
ここを越えるとあとは別段大変な所もなく体力さえあれば道に迷うようなトレイルでもない。
途中14箇所のスイッチバック(葛籠折れ)や木の根が敷き詰められた斜面などがある。
P7191466.jpg
またラズベリーが所々に咲いていて実もなっているところもあった。これらもありがたく頂く。
P7191468.jpg
マノアトレイルから1時間半ほど歩くとPAUOA FLATS TRAILとの分岐点に差し掛かる。
P7191482.jpg
これを右に進むと10分ほどでトレイルエンドに到着。
P7191480.jpg
カイルアの町やPALI HWY.などが見渡せて眺望がいい。
さらにそこから山側に伸びる細いトレイルを上がっていくとドン付きから右にホノルル空港
左にはダイヤモンドヘッドが見える。ちょっと距離は遠目だが・・・・。

下りは足下が滑りやすいので注意を要した。
特にトレッキングシューズなど用意していかなかったためマノア滝の近所まで降りてくるとトレイルがぬかるんでいて注意を要する。まるで雨上がりの箱根みたいな感じ。
P7191485.jpg
約2時間ほどで全行程終了。
車に乗り込みアラモアナのショッピングセンターを目指す。マノアからはそのままマノアRdを降りてくればハワイコンベンションセンターに来れるのでそこら辺まくればアラモアナまで
目と鼻の先だ。

アラモアナのL&LでロコモコとガーリックアヒのBENTOを購入しビーチパークで食事。
DSC00218.jpg
食後の運動でビーチパークをワードセンターまで歩く。
なにげに靴が泥だらけなのでスポーツオーソリティーまで行って靴を購入しようと思うが安いジョギングシューズが見あたらない。

そのままアラモアナのショッピングセンターでバドライト30缶パック17ドルと夕食の食材を購入しホテルに戻る。


posted by くろはげ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

ハワイ5日目

ハワイ5日目
朝のジョギングはコースを変えてカピオラニ公園を一周するコースで走ってみた。
こちらの方がカラカウア通りを走るより信号にカットされることもなく走りやすい。
ただ路面に書いてある矢印を見るとどうやら時計回りで一方通行のようだ。
しかし我々は逆走している。

車での出発は洗濯をしてからにする。
ただ部屋に干す場所やツールがないので日本から持参した長めのロープとカレントフックで即席モノ乾し場を制作。
部屋の中が異常に動整しづらくなった。

8時40分にホテルを出発しH1を西に向かいPali HXY.を北上。
トンネル前の横道に入ればすぐPali LOOKOUT。
カメハメハ大王の時代の古戦場でその説明看板や展望台から見える島やランドマークなどの説明文もある。
DSC00177.jpg
10分ほどそこから走ればカイルアの町。さらに町から5分ほど走るとカイルアビーチパーク。
休日だったらおそらく駐車場もすぐに満車になってしまいそうだが今日はそこそこ空車もある。
DSC00182.jpg
車を降りてシュノーケリングセットを持ってビーチに向かうが「ああこりゃだめだ」的な透明度。
シュノーケリングをあきらめ普通の海水浴に変更。
1時間ほど居たがすぐに飽きてしまったのでお隣のラニカイに車を走らせる。
ただここは路駐してビーチまで行かなくてはならないようなのであきらめ通り過ぎるだけにした。

車をカイルアの町に戻し72号線をハナウマ湾の方向に走らせる。
DSC00184.jpg
20分ほど走るとサンディービーチなどがありその先のハロナ潮吹き穴に到着。

写真を撮って見るがどこがブローホールなのかわからない。
何せ海が凪いでいるのでブローしないのだ。
それでもたまにブローしているようだが炊飯器からでる蒸気と同程度。
はっきり言ってショボイぞ。
P7181456.jpg
冬だったらとか風が良ければってかんじの場所でした。
さらに車をハナウマ湾の方に走らせると5分ほどでハナウマ湾の駐車場に到着。しかしビーチパークに続く人の波に圧倒されそそくさと引き返す。
駐車場の係員のおばさんに事情を話し裏でUターンさせてもらった。

さらに車を進めるとハワイカイショッピングセンターに車を入れて給油でもと思ったのだがカードを入れるとZIPコードを入力とでてワイキキのZIPを入れるも通らない。
あきらめて明日トライするつもりで帰ってから予習。
どうやらセキュリティーの関係で店員に言って解除してもらわないと使えないらしい。

何となく胸くそが悪かったがタウンセンターにあるバーガーキングでダブルワッパーをテイクアウトしてココクレーターの駐車場で海を見ながら昼食。
P7181459.jpg
午後は屋上で読書。嫁はダイブマスターの予習。
posted by くろはげ at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月16日

ハワイ4日目

4日目
今日は早起きしてジョギング。さすがに6時だとカラカウア通りも人通りが少ない。
でもホテル前の交差点で人身事故があったらしく血痕のついた車が放置してあったり警官が現場検証していた。朝から夢見わり〜。

7時30分にホテル出発でパールハーバーのアリゾナ記念館に向かう。
恐ろしいことに8時過ぎの段階ですごい混雑。建物の周りを幾重にも人の輪。

仕方なしにカムスワップミートに向かう。
スパム4個$6や生鮮、マンゴなど$4.50を購入。ゴーヤのことをビターメロンと呼ぶことも判明。
これも購入。
DSC00090.jpg
その後、モアナルアガーデンに向かう。
ここは日立のCMで有名な「この木何の木気になる木〜♪」で有名な木のある公園。
ここで日系3世のKeiko婦人という方がいろいろ教えてくれてご案内までしてくれた。
丁寧にお礼を言って記念写真をぱちりと。
また再来したときにプリントして差し上げたいと思った。
DSC00099.jpg
車を一路ビショップミュージアムへ向け走る。
モアナルアガーデンからだとH1経由で5分くらいか。
入場料二人で26ドル(クーポン利用)手持ちが少ないのでカード払い。

一通り見るものの物足りなく日本語ガイドの時間にあわせ再度見学。
お話をしていただいた日系人の方に質問攻めにしてしまい大分お昼を過ぎたようで僕らも、彼女も昼食の時間が押してしまった。
昼はミュージアムカフェでハンバーガープレートとダイエットコーラを購入($12)。
昼食を早々に食べ終わりプラネタリウムへ。
12時45分からの日本語によるプラネタリウムの説明には若干遅れたものの何とかあらすじまでは聞き取れる内容。
DSC00123.jpg
その後火山博物館にてやはり日本語の説明による火山の仕組みを解説してもらう。
それにしても忙しい。
それでも2時30分にはビショップミュージアムを出て一路マノア滝の入り口まで車を走らせる。
マノアストリートのドン付きに駐車場があり$5だと・・・。
持ち合わせがあまりないのと足下がギョサンなので別の日に改めて訪れようということで今日は帰路につく。

ホテルに帰ると無線LANの漏れ電でネットに接続できたので僕と嫁のメールチェック。

夕方カピオラニ公園に散歩。
海岸を歩いてるんだけどやはりゲイが多い。おしりに注意しながら細心の注意を払いながら通行。
小一時間散歩の後ホテル帰着。
DSC00165.jpg
posted by くろはげ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

ハワイ3日目

3日目
風邪を拗らせたようで今朝のジョギングは中止。
ちょうど筋肉痛もあったのでめでたしめでたし。

それでも10時頃には何とか動けそうになったので車でpaliHWY.の知人宅へおじゃま。
ご挨拶と写真を撮って昼には移動。
今日も昨日に引き続き芳しくない天気。
車をパンチボウルへ向け走らせるがちょっと道に迷う。
それでも5分遅れぐらいでパンチボウルに到着。
日本人は僕たちだけだけれどもしかするとひっきりなしに観光バスが訪れるから
彼らはこの車内から眺めているのかも。
我々は階段を上りメインの建物に入って米軍から見た第二次世界大戦の解説図を見る。
DSC00070.jpg
その後、再度アラモアナへ寄ってまたシングラーのお世話に。
というもの昨日、携帯にSIMを入れて設定しようと思ったら手順を間違えてSIMブロックしてしまって
どうにもならないのでさらに$15のSIMを購入しさらにチャージの講習も受ける。

一応覚え書き *888*スクラッチOFF ナンバーを入力して#→SENDでチャージ完了
       *777#で残高照会。

日本に電話してみると1〜2分は$2.28。
電話を鳴らすだけでも$1.14。たっか〜い。でもレンタルより全然お得か。 
posted by くろはげ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月14日

ハワイ2日目

2日目
朝6時よりカラカウア通りからフォートデルッシー保養所の公園を一周し
アラワイ運河沿いを帰ってくるルートでワイキキをジョギング。大分走りすぎて
ホテルに到着するなり筋肉痛。

8時よりレンタカーを借りて早速ノースへ行ってみる。
ハレイワの町には9時過ぎに到着するも閑散として見る物はないので
そのまま通過しノースショアのワイメアビーチパークに寄り道。
何となく雨が降ったりやんだりではっきりしない天気。
DSC00048.jpg
その後ワイメア湾を一通り見学しワイメア渓谷へ向かうもワイメア滝に行くには入場料が必要な感じなので
あきらめてさっきのハレイワタウンに向かう。

10時過ぎになるとお店も開くのでお腹もすいたことだしL&Lに寄って
嫁は$1.80のチーズバーガー僕は$4.95のロコモコminiを食べる。

一通りハレイワを見た後、アラモアナショッピングセンターによって本命の
シングラー(携帯電話)のプリペイドSIMカードを購入。タックス込みで26ドル強。

その後、ワードファーマーズマーケットのmarukaiにて食材を購入。
卵は安いけれど生鮮はちょっと高め。
落胆しながらも帰路につく。
posted by くろはげ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

ハワイ初日

初日。
空港に降り立ちピックアップの人間と落ち合う。
駐車場に到着すると少々たじろぐほどのリムジンが待っていた。
何せこのサイズ、日本の4t車に匹敵するかも。
DSC00010.jpg
とりあえずワイキキに向かいホテルにチェックイン。
普通のツアーだとオリエンテーションなどのためチェックインは
だいぶ遅くなるのだが今回はアーリーチェックインなので8時30分には
部屋に入れた。

飛行機ではだいぶ寝不足だったので昼まで一眠りすることに。

起きてからサウスシーの事務所でちょっとしたオリエンテーション。
これは嫁のダイブマスター講習時の話を煮詰めるためのもの。

その後フードパントリーにて今夜の夕食の買い出し。少々高いが
我慢して明日本格的に買い出しをする予定。
posted by くろはげ at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

さて、いよいよ出発

成田に到着し初UAにて一路ホノルルへ。

シートもドアサイドが確保出来たので万々歳でございます。
ただしエキセスがかかりそうなのでGHに荷物を移動するように要請あり。
仕方なしにカメラ機材を手荷物に入れる。

機内は予想通り混み混みでほぼ満席。
さらにドアーサイドということでCAの補助に関する英語でのレクチャー付き。
NWやCIではこんなことなかったんだけど厳しいのか暇なのか?。

ともあれI−94も書いてぐっすり寝れると思ったら何度となく起きてしまう。
777は眠りづらいのかな?
posted by くろはげ at 11:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 海外旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。